アニメ「Re:CREATORS 第22話」感想と考察 愚か者の金ではなく、黄金の大団円

story_22_01.jpg 
© 2017 広江礼威/小学館・アニプレックス

アニメ「Re:CREATORS 第22話 Re:CREATORS」の記事です!

ついに最終回でしたね。
4月から5か月に渡ってレビューしてきましたが、色々な意味で感慨深いです……。
最終回は思った以上に穏やかでしたが、これでこそ愚か者の金ではなく、黄金の大団円なのだと思います。
前回の記事の時点では気づけなかったこのアニメの凄さについても語ります!
まずはあらすじをどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
すべてが決着し、残された被造物たち。
チャンバーフェスの会場にはエンドロールが流れ、会場には拍手が沸き起こっていた。
抱擁する菊地原とメテオラ。
松原は颯太の活躍を称えるが、部屋を出ていく。

一人セレジアのことを思って涙する松原。
しかしメテオラは、「こうしなければ世界は救えなかった」と慰める。
さらにまりねは、「まだ続くんです」と語る。
現界したセレジアはもういないが、松原たちの書く物語の中でセレジアの人生は続いていく。
「約束を果たしてほしい。彼女の物語にコーヒーを。そしてカロンと共に、黄金の大団円を」と声をかけるメテオラに、松原は笑顔で頷いた。

チャンバーフェスは結局賛否両論だったが、颯太たちは口裏を合わせ、その裏で起こっていたことは隠されていた。
そして、日常が戻り始める。

メテオラは被造物たちを集め、元の世界へ戻ることを考えようとする。
「期間前にやりのことしたことを片づけておくことをおすすめする」とメテオラ。

弥勒寺と翔は、八頭司を連れてツーリングに。
「戻る前に挨拶を」と語る二人。
弥勒寺たちは、「元の世界で暴れ回らせてくれればいい」と笑顔を見せた。

鹿屋たちは中乃鐘と買い物を楽しんでいた。
まりねが「元の世界に戻れるかわからなくても帰りたい?」と尋ねると、「元の世界でやらなきゃいけないことがあるから」と鹿屋。
ひかゆの方も番外編のアニメ化が決まったりしていた。

メテオラと共に、セツナの墓前に立つ颯太。
未だにメテオラは、なぜセツナが現界できたのか疑問に思っていた。
それに対し颯太は「ズルをしたんだ」と正直に築城院の協力があったことを打ち明ける。
しかしメテオラは、颯太の力によるものだということを悟っていた。

メテオラは詠唱を開始。帰還の門を生み出す。
そして、順番に元の世界へ帰っていく被造物たち。
しかしメテオラだけは、元の世界へ帰れないという。
「私はこの世界を愛している。どうせ帰れないのなら、この世界で世界を創ってみたい」と語るメテオラ。

菊地原は官僚を辞め、なんと出版社へと転職した。
緋色のアリステリアが漫画賞を受賞し、そのパーティ会場で語らう高良田と松原。

中乃鐘は「この世界を救ったのはセツナで、僕らの物語は歯が立たなかった」と悔しさをにじませる。
それでも「じゃあ止める? モノづくり」と問われると、「まさか」と答えた。

一人部屋でイラストを描く颯太に、メテオラから連絡が。
新人賞に応募しようとするが、題名を考えあぐねているとのことだった。
颯太はそれに返信すると、またイラストを描き始める。

メテオラが受け取ったタイトルは「Re:CREATORS」だった。


■構造解析
最後の最後でタイトル回収!
いやぁ、色々とまさかの展開でしたね。メテオラだけが残ることになるとは。
セツナとアルタイルがどうなっているかも一切語られませんでしたしね。
レクリエイターズって中盤くらいまでは王道アニメかと思っていたんですが、全然そんなことなかったです(褒め言葉)。
王道エンタメアニメならもっとわかりやすく、「大団円ハッピーエンド!」という感じになりますよね。
でもそれって楽しいけど本物ではない、築城院が語っていたパイライト(愚か者の金)のようなものな気もするんです。
こういう若干ちぐはぐな結末になったのは、登場人物たちが本当に生きた選択をしたからこそだと思います。
まさしく黄金の大団円と言えるでしょう。

1.前回気づけなかったこと

そして前回気づけなかった、このアニメの本当の凄さがあります。
自分はいくつか前の記事から「ご都合主義でもいいからセツナに復活してほしい」みたいなことを言っていましたよね。
これって現実の人にもそう思わせるくらいに、アルタイルの承認力が凄かったんだなって思います。
最後のアルタイルがセツナを救うシーンは、チャンバーフェスの会場だけでなく視聴者の中にもアルタイルを応援する気持ちがあったんじゃないでしょうか。
セツナとアルタイルがその後どうなったかはアニメでは描かれませんでしたが、それこそ現実のクリエイターたちが二次創作で盛り上げていったら素敵ですね。

セツナとアルタイルの百合イラスト待ってます!!!

2.やり直す機会を与えられた颯太

そして今回の終盤、物書きとなったメテオラから「タイトルを考えあぐねている」と連絡が来て、颯太はそれにしっかりと返事をします。
これはセツナの問いに答えられなかったシーンとの対比になっていますよね。
メテオラがそれを意識したかはわかりませんが、颯太はやり直す機会を与えられたと言っていいでしょう。
ただこれはちょっと感情的に納得いかない部分もあります……。
やっぱり颯太はちゃんとセツナと対面して、お互いに救われてほしかったなぁと……。

こっちも二次創作イラスト待ってます!!!!


■まとめ
さて、いよいよレクリエイターズの記事も終わりですね。
ノベライズやコミカライズもありますし、今後の展開も楽しみなところです。
個人的には格ゲーにしたら結構面白そうな気がするんですけど、どうですかね!
それぞれのキャラの作品を本当に作っちゃったりとか!
劇場版レクリエイターズで颯太とセツナがちゃんと救われる話とかあっても嬉しいんですけど!
と、色々文句を言ったこともあったと思いますが、こう思うくらいには良いアニメでした……。

さて、来期はどのアニメをレビューしようか悩みつつサラダバー!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@shimuro_1129s

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー