アニメ「ACCA13区監察課 第12話」感想と考察 アーベントお前かよおおお

いやああ、長らくACCAの記事書けなくてすいません!
本来ならば抜けている10、11話も個別に記事を書くべきなのですが、もう最後まで見てしまったので全部まとめさせていただきます!
お許しください!!

さて、アニメ「ACCA13区監察課 第12話 鳥の行方」の記事です!
最終話を迎えましたので、ひっさびさに登場します盛り上がり曲線。(知らない人ははじめにをご覧ください)
今作の盛り上がり曲線はこうなっています。

ACCA曲線 

一般曲線とミステリー曲線の間といった感じでしょうか。
序盤は淡々と話が進んでいきますが、中盤あたりでクーデターやジーンの正体を匂わせてくいっと上がり、ラストでまた上昇を見せています。
ただこの作品も、以前紹介した作品の中にもあったように、盛り上がりだけがすべての作品ではありません。
あらすじのあと、じっくり語りたいと思います。


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
ACCAのためにという理由で計画されたクーデターだったが、その裏にはフラワウ区主導の国家を作るというリーリウムの野望があった。

ACCA100周年記念式典を前に、体調があまり優れない様子の国王。
一方、リーリウム主導でクーデターの会議が行われ、作戦決行の最終確認が行われる。

式典は予定通りに進み、シュヴァーン王子の式辞の際、リーリウム主導でクーデター開始。
武装した集団が王子を取り囲み、リーリウムがクーデターであることを告げる。
その時だった。
モーヴ本部長がクーデターの工程表を無視し、王子の説得を試みる。
武装した集団の登場は演習であると明かし、ACCAの必要性を訴えた。
シュヴァーン王子は説得に応じ、「ACCAにはこの国を守ってもらいたいと思う」と宣言する。

一方、呆然とするリーリウム。
実はリーリウムの策略はバレており、フラワウ区以外の全員にはこうなることが知らされていた。
ジーンは王座に座ることなく、ACCAの一員として生きていくのだった。


■構造解析
今回あらすじがやたらすっきりしているのは、メインとなる話の骨格以外の人間ドラマがほとんどだったからです。
盛り上がり曲線が基本的にフラットなのもそれが原因ですね。
しかし当ブログでも記事にしてきたように、キャラクターの細やかな仕草や人間模様が非常に丁寧に描かれており、それこそがこの作品の一番の魅力なんです。
それでいて最後に盛り上がるところもちゃんとありましたけどね!

1.濃いキャラクターたち

今作は13の区を全部巡ることもあて、非常にキャラクターが多かったですね。
全部一度で覚えきれたかと言われると頷けないのですが、それでも印象的なキャラクターは沢山いました。
そのキャラクターたちを使い捨てせず、ちゃんと終盤にちょこちょこ見せ場を作っているのが良かったです。
エイダー(ぺ)とグルスさんが付き合ってたりとか、ノットさんの奥さんが戻ってきたりとかですね!
こうしてキャラクターを細かく描くことで、ACCAの世界がよりリアルに感じられるんだと思います。
正直このワンクール、漫画一作品で終わらせてしまうのはもったいない世界観だと思いました。
スピンオフ作品……出ませんかね……。

2.鳥の行方

そして、ジーンは結局王位を継承することなくACCAに残りました。
以前の記事で“ジーンはどう思っているのか?”ということを書いたのですが、これもジーンらしい選択だなと思います。(裏でリーリウムがなにか企んでいることを知ったからというのもあるでしょうけど)
そしてジーンはグロッシュラーとモーヴが良い仲になっていることにへこみ(?)、酒場で学生時代を思い出して癒されているところにニーノが現れ、「変わらないな俺たち」で終わる。
12話見てきたからこその、二人の一言では表現しがたい友情を感じますよね……。

3.アーベントお前かよおおお

そしてこれ、見事にやられました!
まさかのアーベント=オウル課長!
以前ブログ拍手で「アーベント=グロッシュラー説、間違ってても恥ずかしがらずに!」というコメントをいただいたのですが、間違ってました恥ずかしい!!
おそらくアーベント=グロッシュラーというのは、作者さんが用意したミスリードを誘うトラップだったはず……。綺麗に引っかかってしまいました……。
ですが、以前なにかの記事でも言ったように、ミステリーファンの本懐は“ミステリー作品に本気で挑んで負けること”にあるのです!
そういう意味では、ちゃんとミステリー的にも楽しませていただきました……!
しかし課長の声優さんの演技の使い分け凄かったなぁ……。


■まとめ
というわけで、ACCA13区監察課の記事はこれでおしまいです!
いやあ、今の流行にはかなり逆行する感じの作風ではありましたけど、自分の趣味にはばっちりヒットしてました。
今後もこういう空気感を大事にした作品が生まれてくれますように……。

さらだばっ!

アニメ「ACCA13区監察課 第9話」考察と感想 ついに本性を現しやがったな!

アニメ「ACCA13区監察課 第9話 牙を剝く優美な黒蛇」の記事だぜ!
私情が立て込んでて遅くなっちまった! 申し訳ねえ!
タイトルにもある通り、ついにあいつが本性を現しやがった!
そして今回は、ACCAを見ている友人に言われて気づいた一番大事なポイントについても語るぜ!

まずはあらすじからだ! ヒアウィゴ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
王室。
シュヴァーンがオータス兄弟のことを告げたことで、第一王女は手下をバードンに向かわせる。
「暗殺の可能性もあるのでは」と語るマギーに、シュヴァーンは「その時はその時さ」と返した。
マギーは一人悩んだ末、ロッタのストーカーの支部局員に連絡を取る。
連絡を受けてロッタを暗殺の手から守るストーカー。珍しく役に立つ。

ペシ区を視察していたジーンは、区長から「ドーワー王国次期国王の座へ」という言葉を受ける。
ペシ区を去る際には煙草を受け取り、その意味を再確認した。

ロッタたちが着替えにマンションに戻ると、侵入者が。
ストーカーの判断でマンションを脱出し、知人に保護してもらおうとするも失敗。
二人は第一王女の手下に捕まり、車に乗せられる。
第一王女の手下から、自身が王家の血を引いているということを教えられるロッタ。
命の危機が迫るが、そこに現れたのは監察課課長だった。
課長の神対応により、ロッタたちは無事解放される。
ロッタに感謝された上、秘密を共有できてご満悦のストーカー。

ジーンが視察を続ける中、臨時の五長官会議が開かれる。
そこでグロッシュラーは、ジーンを次期国王にするためにクーデターの噂を流し、各区の意思を確認していたことを明かす。
シュヴァーンが王になった時、ACCAが廃止されるのを危険視しての行動だった。
結果、過半数の区の同調を得たことから、五長官にもその意思を確認する。
すると、リーリウム含め、他の四人は全員が賛成の旨を示した。

リーリウムはグロッシュラーを招き、「私の言った通りだったろう、事は簡単に運ぶとね」と祝杯をあげる。
「モーヴを黙らせるのが一番の難関だ」と語るグロッシュラーの髪をつかみ、「やるんだよ、君が」と凄むリーリウム。
「君は私の言う通りに動けばいいんだよ」と言い捨てた。


■構造解析
ひゃっはー! 一体何者なんだリーリウム!
前回の記事でグロッシュラー=アーベント説を唱えたが、リーリウムの凄みに汗を浮かべるグロッシュラーを見てちょっと揺らいでるぜ!
細かく語っていくぞイエア!

1.リーリウムは何者?

グロッシュラー=アーベントだった場合、王族に仕えていたわけだから、メンタルもそこそこ強いはず!
なのにリーリウムの駒みたいなことになってるってことは、リーリウムがアーベントより凄いやつorグロッシュラーはアーベントじゃないっていう可能性が生まれてくると思うんだ!
単純にアーベントが実は気弱だったとかそういうことも考えられるんだが、それにしてもリーリウムは何者か気になるところだよな!
悪役感半端じゃねえぜ!

2.ジーンの意思はどうか

冒頭述べた重要なポイントってのがこれだぜ!
物語の中心であるにも関わらずここ最近なんとなく蚊帳の外な感じのジーンだったが、「次期国王に」というペシ区の区長の言葉に対してどう思っているか! それが重要だよな!
仮に五長官や他の区がジーンを担ぎ上げようとしても、ジーンがそれを良しとしなければすんなりとはいかないはずなんだ!
「ACCAによってより良い国を作っていく」というのがジーンの信条と考えた時、
・シュヴァーンが王になり、ACCAがなくなる×
・ジーンが王になり、ACCAを存続させつつ王として国を良くする〇
となるので、単純に考えればジーンは王になりそうな気もする!
ただ、あの性格上「王なんて僕には務まらないよ」みたいなことを言いそうでもある!
モーヴはリーリウムの言い方的にクーデターを阻止しようとしてるみたいだし!

すべてはジーンの行動にかかっている! どっちなんだジーン!!


■まとめ
勢い良く書くためになんかうるさい感じの記事になっちゃってすいません!
物語もいよいよ佳境ですね……!
しかし未だに落としどころがわからない……ジーンが王になってもならなくても、なんかもやっとしてしまう気がする……。

果たして最後にどんなカタルシスが待っているのか!(ハードルを上げていく)
また来週サラダバー!

アニメ「ACCA13区監察課 第8話」感想と考察 ああああああああああ(ry

アニメ「ACCA13区監察課 第8話 翼を広げた王女と友のつとめ」の記事です……。
いやあ、予想斜め上でした……。
まだはっきりしない事実もあるのですが、今回である人の目的がはっきりしたような気がするので語りますね。
これは2017年面白かった物語ベスト3に入ってしまうかもしれません……。

とりあえず、あらすじをご覧ください。


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
33年前。ドーワー王国第二王女シュネーは、コロレー留学以降国や政治について強い興味を示すようになった。
クヴァルム枢機院長は止めた方がいいのではとぼやくが、「籠の中に囲ってしまうには惜しい翼を持った子だ」と語る国王。
そんな王女の傍らには、白い髪の男アーベントが立っていた。

クヴァルム枢機院長に呼び出されたアーベントは、一つの命令を下される。
それは、姫を事故死に見せかけ、ドーワー家から除籍するというものだった。
アーベントはその命令を受け入れるが、その際従者を一人連れていくことを求めた。

従者は一人息子を残し、アーベントについていくことを決めるが、息子はその話を聞いており「私も行きます」と志願する。アーベントはそれを承諾した。

計画通りシュネーの死亡の偽装は進み、シュネーとアーベントはバードンで別れた。
しかしその後も、アーベントの従者とその息子ニーノはシュネーを見守っていた。
シュネーは結婚し、息子のジーンと娘のロッタが生まれ、幸せに暮らしていた。
そしてジーンが高校に進学する時、ニーノは父からジーンと同じ高校に通うように指示される。
学友としてジーンを見守っていたニーノだったが、ある日列車事故によりシュネーと父を同時に失ってしまう。
ニーノはその後も父の意思を受け継ぎ、ジーンとロッタを見守っていたのだった。

これまでの話を聞いたジーンは、複雑な思いで去っていくニーノを見送る。


■構造解析
前回の記事で、“ニーノはアーベントの息子なんじゃないか”と予想していたのですが、アーベントの従者の息子というワンクッションがありましたね。
これは予想外でしたが、読み違えた悔しさよりも衝撃的な事実がありました。

1.白い髪の男、アーベント

冒頭でアーベントの姿が映った時にもう「あああああ」ってなりました。
皆さんもお察しだと思いますが、アーベント=グロッシュラーなんでしょうね……。
そう考えると、グロッシュラーのこれまでの行動にもすべて合点がいきます。
列車事故の際ロックス区が責任をすべて被ったのも、その後国鉄をACCAの傘下に置いたのも、自分の膝元でシュネーの命を奪ってしまったことに対する罪滅ぼしだったのではないでしょうか。
さらには「国のために」というシュネーの思いを受け継いで、ACCA長官として戦ってたんでしょうね……。
前回ちょっと疑心暗鬼になりましたが、これによってグロッシュラーの目的もはっきりしたと思います。
国王が崩御し、シュヴァーンが国王となった時、グロッシュラーはクーデターを起こしてジーンを英雄として担ぎ上げ、新たな国王(orACCAのトップ?)として国を任せるつもりですね。
そして自分は傍でそれを見守る存在になれれば、シュネーへの最大の罪滅ぼしになると考えているのではないでしょうか。
ジーンは「あの人は違う」と言っていましたが、おそらくそれはグロッシュラーの目的が“クーデターそのもの”ではなく、“クーデターによってもたらされるであろう良い国”だからでしょう。
(とここまで自信満々に語りましたが、アーベント=グロッシュラーがそもそも間違えてたら恥ずか死ぬ)

2.リーリウムたちの目的

ついでに前回グロッシュラーと同じく曖昧な感じにしてしまったリーリウムたちの目的ですが、もしリーリウムたちがジーンの正体を知らないのだとしたら、そりゃクーデターを止めようとしますよね。
おそらくどこかのタイミングでグロッシュラーの思惑やジーンの正体に気づく時が来ると思うのですが、果たして彼らはどう動くのか……。


■まとめ
いやこのアニメ本当に面白いです。
基本的に自分、人の歴史を感じられる話って大好きなんですよね。
主人公たちの時代だけで完結している話でも面白いものはいくらでもあるんですけど、やはりその親の世代や、主人公の周りのキャラクターの掘り下げもあると、よりその世界に没入できるというか。
キャラクターがもはやキャラクターではなくて、“本当にこういう人生があったのか”と思わせてくれる説得力が生まれますよね。

さらにマッドハウス特有の、さっぱりしているようでしっかりと描かれているアニメーションや演出が、さらに話の良さを引き立ててくれています。
シュネーといいロッタといい、とにかく女の子の仕草とか動きが可愛いんだ……。
おそらく海外でも人気が出るであろう、本当に質の高いアニメです。

あと数話で終わってしまうのが悲しいですが、最後まで追いかけます……サラダバ……。

アニメ「ACCA13区監察課 第7話」感想と考察 予想的中、だがしかし

アニメ「ACCA13区監察課 第7話 夜霧にうかぶ真実」の記事です!
今回超重要な話だったので、前置きすっ飛ばしてあらすじをどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
ドーワー支部にやってきたジーンは、一人煙草を吸いながら現在の状況を整理する。

翌日、ロッタに頼まれた“雪の玉”というお菓子を買うついでに、店内で食べることにするジーンとニーノ。
外に衛兵がいることを気にしていたジーンは、店員から「国王が寄られる」という話を聞く。
店を出ようとするジーンだったが、店主に引き止められ、国王と同席することに。
国王と会話をするジーン。
カメラマンであるニーノにも触れ、良い写真が撮れたというニーノに対し「こちらこそありがとう」と返す国王。
国王の提案で、ジーンと国王が相席することに。
ニーノはその様子を写真に収めていった。

その後の酒の席で、「褒められると嬉しいだろ、上司に」と言いながら珍しく寝落ちるニーノ。

一方国王は、肖像の間で絵画を見ていた。
シュヴァーンの絵の隣には、ロッタにそっくりの金髪の少女の絵があった。

ロッタに雪の玉を持って帰り、今度はコロレー区に向かうジーン。
バードンを出る途中、モーヴの部下たちの視線を感じ、「クーデター派だという噂が伝わった可能性もあるな」と考える。
しかしコロレー区でジーンを待っていたのは、モーヴからの衝撃的な情報だった。

「君は王族の人間だ。王位継承権筆頭の」

その後、コロレー区を歩きながらこれまでの誤解を解きほぐしていくジーンとモーヴ。
その中でモーヴはジーンが自分のことを聞いてこないことを不思議に思うが、ジーンは「語らせるべきやつがいます」と答える。

そしてジーンはニーノの元へ。


■構造解析
前回あたりから予兆はありましたが、第二話の記事から言い始めていたジーン王族説がバチコーンと当たってしまいました……!
この手のブログの難しいところなのですが、バッチリ当たってしまったらそれはそれでつまらないんですよね(白目)。
が、よく考えてください皆さん。まだ7話なんです。あと4、5話残ってるんですよ。
なのでむしろここからが本番と考えるのが妥当でしょう。
ジーンが王族であることがわかった今、ジーンを取り巻く勢力がどう動くかがキモですね。
その勢力はおそらく二つに分かれるでしょう。

1.ジーンを王にしたい勢力

・クーデター派
クーデター派はシュヴァーンが王位を継承することを危険視していますから、間違いなくジーンを国王にしたいと思っているはずです。
ハレ区の支部長や区長の対応が前回訪問時と変わっているのも、ジーンが王族だと知ったからなのではないでしょうか。
もしシュヴァーンが王位を継承するようなことがあれば、クーデターを起こし、ジーンを国王に担ぎ上げる可能性が高いはずです。

・王室
実は王室内でも、ジーンを新たな国王とする動きがあるのではないでしょうか。
というのも、今回一つもしやと思ったのは、ニーノにジーンの監視を命じていたのは国王本人だったのではないかと思ったのです。
国王に礼を言われて、ニーノが声を震わせて「もったいないお言葉」と言い、その後酔い潰れたりしてましたよね。
ジーンやロッタの写真を撮らせていたのも、孫の姿を見たかったからなのかも。
つまり、あのマンションのオーナーは国王ということになりますね……。
そこまで大切にしているわけですから、国王もジーンが次期国王となることを望んでいるのかもしれません。

・ニーノ
上の意見に付随してなのですが、ニーノの正体がわかった気がします。
おそらくは、33年前の事件で王女と共に亡くなったと言われていた、アーベントという大使の息子あたりなのではないでしょうか。
ニーノが度々言っている「30年」という言葉にも符合しますし、ジーンやロッタを見守っているのも頷けますよね。

2.ジーンを王にしたくない勢力

・シュヴァーン
あらすじでは端折りましたが、シュヴァーンはロッタに惚れていたのではなく、肖像の間の絵の女性に似ていたことから、“自分の王位継承権を脅かすのでは”という心配をして調査をさせていたのですね。
ロッタは女性なので安心していたシュヴァーンでしたが、ジーンの存在を知って大慌ての模様。
なにか強硬手段に出そうな気配もありますよね……。

3.目的不明

・グロッシュラー長官
これまで「グロッシュラー長官はジーンを王にしようとしている」みたいな話をしていましたが、これが正直どっちかわからなくなってきました。
もしかしたら本当にクーデター派を止めようとしているのかもしれません。
ジーンの「グロッシュラー長官は違う」という発言を真に受けてのことなのですが……。

・その他五長官
リーリウムたちの目的もちょっとわからなくなってきました。
グロッシュラーとリーリウムたちの本音はどうなのか、どちらにつくのかによって大きく状況が変わりそうです。


■まとめ
話がぐっと動いて面白くなってきましたねえ!
ここからそれぞれの本音がボロボロ出てきて事態がさらに動き出すのではないでしょうか……。

設定の裏は大体わかってきたと思うんですが、ここからどういう結末へ向かっていくのかまだわからないのが、ACCAは面白いアニメという証明ですよね。
最後のレビューを書くのが楽しみです!
それではまた来週サラダバー!

アニメ「ACCA13区監察課 第6話」感想と考察 みんな怪しくなってきた

アニメ「ACCA13区監察課 第6話 線路と誇りの向かう先」の記事です!
これまで当ブログで言ってきたトンデモ論に、まさかの裏付けっぽい描写がありましたね!
一方で、実は良い奴のはずと前回語ったグロッシュラーですが、こっちは若干信憑性がなくなりました……。

なにが起きたのか、あらすじをおさらいしましょう!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
アバンでジーンの回想。
ジーンは幼い頃、列車事故で両親を失っていた。

ロックス区。休暇中のグロッシュラーの元へやってきたジーン。
最初はモーヴの話題を振るが、ジーンを監視していた人物についても触れる。
「ただあいつはよくわからないやつだから、噓の報告をすることもあるかも」と、グロッシュラーを気遣う姿勢すら見せた。
当時ロックス区の支部長だったグロッシュラーは、ジーンの両親が被害にあった電車事故を受け、国鉄をACCA傘下に加えることで、列車事故を大幅に減らした。
そのことにジーンは感謝しているようだった。
「ACCAはより良い国を作るためにある」というグロッシュラーの言葉に、モーヴもジーンも共感していた。
ジーンは自分の現状と思いを素直に告げ、「自分はクーデターに関わりないし、あなたも関わりないと思っている」と言って去っていく。
残されたグロッシュラーは一人、「甘いな」とつぶやいた。

バードン区に戻ったジーンは、モーヴに「案外君は役に立たんな」と言われ、やけ酒をする。

翌日二日酔いに苦しみながら出勤すると、ACCAでは新年のカウントダウンが話題になっていた。
ジーンの住むマンションのエントランスホールでもカウントダウンイベントがあることを知った職員一同は、乗り込むことを決める。
ロッタのストーカーがいたり、ニーノが盗撮をしたりしていた。
その頃モーヴは、「私が動かなければな」と一人つぶやいた。

コロレー区時代からの部下に、独自に調査をさせるモーヴ。
調査結果を受け、「クーデターが動き出すかは王室次第だろう」と予想する。

一方でリーリウムとグロッシュラーのバトル。
ジーンに監視役のことを漏らしたことを責めるグロッシュラーだったが、リーリウムは情報を開示すべきだと求めた。

ハレ区に視察にやってきたジーンは、区長たちに酒を飲ませて断片的な情報を得るが、パン屋にモーヴが現れることはなかった。

そして王室。
シュヴァーン王子が肖像画を飾りたいと肖像の間へと入室する。
肖像の間には、金髪の少女の絵が飾られていた。
シュヴァーンはその隣に、自分の肖像画を飾るように命じる。


■構造解析
あれ、なんかジーンが若干空気になってきたぞ……何回か前の記事では「ジーンは気づいてる(キリッ」みたいなことを言ってしまったのに……。
ジーン以外の登場人物が、なにやら重要っぽいワードやシーンを連発しましたね。
ピックアップします!

1.ACCAはより良い国を作るためにある

このグロッシュラーの発言。そして「甘いな」という発言。
これでもう、グロッシュラーの目的ははっきりしたような気がします。
以前の記事でも語った気がしますが、“より良い国を作るためにクーデターを起こす”ことこそがグロッシュラーの目的でしょう。
これはもう良い奴とか悪い奴とかそういう話ではないのです。“正義はどこにあるのか”という問題になってきます。
国を良くするために必要な悪もあるのかもしれないわけですね。

2.クーデターが動き出すかは王室次第だろう

モーヴのこの発言も、上の説を裏付けています。
これまで話にあったように、もしもシュヴァーンが王になるようなことがあれば、グロッシュラーはクーデターを起こすのでしょう。
そしてもしかしたら王政を廃し、ACCAによる完全な統治を狙っているのかもしれません。

3.肖像の間に飾られていた絵

そして最後、肖像の間の絵を見た時思わず「あっ」と声が出てしまいました。
金髪の女の子の絵が飾られていましたね。そして王はその絵の前によく座っているとシュヴァーンが語っていました。
おそらくあれ、ジーンやロッタのお母さんなのではないでしょうか。
シュヴァーン王子と王の関係が説明されたかどうか正直覚えていないのですが、少なくとも親子ではなく孫かひ孫だと思うので、間に娘か息子がいるはずなんですよね。
つまり、シュヴァーンはジーンやロッタのいとこなのではないでしょうか。
そして王室側がクーデターを察知しているとすれば、シュヴァーンではなくやはりジーンを王にすることでクーデターを回避しようとする可能性も……あるのかなぁ……。


■まとめ
なんか凄く真実に近いところまで来ている気がするんですよ。
でもなんかこういまいちバチーンとはハマらないというか……。
いやでも全部当ててしまったらそれはそれでつまらないんですけどね(´・ω・`)

とにかく本当に考察が楽しいアニメです!
次週も楽しみにしつつサラダバー!

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

志室幸太郎

Author:志室幸太郎
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@shimuro_1129s

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー