「ブラック企業問題」日本は一気に崩れるか、緩やかに後退するかしかないのか。

TAKEBE160224560I9A0437_TP_V.jpg 

今回は政府による本格的な対策が始まった「ブラック企業問題」について語りたいと思います。

日本の企業で問題になっている長時間労働やパワハラ。
最近になって浮き彫りになってきたように思える問題ですが、実はこれらはすべて過去からの産物なのです。
一体なぜこうなってしまったのか、解析してみましょう。

■構造解析
皆さんは今の日本を作ったのがなにかご存知でしょうか。
そう、高度経済成長期です。さらに言うなら第二次世界大戦です。
日本は第二次世界大戦で敗戦国となり、凄まじい逆境に立たされました。
しかしそれでも、日本人は焼け野原から今の日本を築いていったのです。
これは美談ではありますが狂気でもあります。日本人はこの時、思いっきり背伸びをしてしまったのです。
戦争というのは本当に恐ろしいもので、様々な意味で人間のスペックを限界以上にまで引き出すことがあります。
その勢いそのままに成長していった日本ですが、時が経つにつれ敗戦の逆境は薄れていきます。
今では「戦争の悔しさを糧に働こう」なんて人いませんよね。
ですが、日本は経済大国になってしまいました。衰退することなど考えたくありません。
戦後の狂気から生まれたこの経済大国を支えるためには、これといって頑張る動機のない現代の日本人が、戦後と同じくらい背伸びをしなければいけなくなってしまったのです。
そして生まれたのがブラック企業というわけですね。

間違ってはいけないのは、戦後の日本を基準にしてはいけないという点です。
今でも一部ブラック企業を擁護する意見がありますが、それは違います。日本はようやく普通の日本に戻ろうとしているのです。
しかしブラック企業を根絶しようとすれば、それはつまり日本の衰退を受け入れるということ。
労働時間が減るわけですから、企業の収益も減り、給料も減り、生活水準も少なからず落ちていくはず。
もしもこのまま背伸びを続ければ、もしかしたら多少経済は成長するかもしれませんが、ある瞬間一気に崩壊するでしょう。

ではいずれにしろ、日本は衰退するしかないのでしょうか。

■解決策
活路はあると思います。
自分は好きなことであれば時間を忘れてやることができます。
皆さんにも一つくらいは、時間を忘れて熱中してしまうような物事があるはずです。
それを仕事にすることさえできれば、今の日本を維持しつつ忙しくも充実した生活が送れるでしょう。
現在でも、「忙しいけどこの仕事にやりがいを感じている」という人は少なくないはずです。
つまりこれから本当に重要になってくるのが、適材適所であるかどうかです。

理想的な適材適所を実現するために個人的に改善すべきだと思うのが、学校教育です。
現在は色々な科目を総合的に教えていますが、半分以上は無駄ではないでしょうか。
義務教育は現在の状態を維持するとして、高校からはもっと専門性の高い学校を選択できるようにすべきでしょう。
さらに大学や専門学校は、企業と密接に連携して実践で役立つスキルを教える必要があると思います。
「企業に入ってから学ぶことがほとんど」と言われるくらいですから、現代の学校教育がいかに無駄だらけかわかりますね。(もちろん必要なことも沢山あるとは思います!)

■まとめ
ここまでネガティブな、今の日本を批判するようなことを書いてきましたが、決して日本に滅びて欲しいわけではありません。
今は本当に時代の転換期です。戦後の高揚感も薄れた今、日本はどういう未来を選択し、どう変わっていくのか。
こちらのアンケートをご覧ください。
20161229.jpg 
まだ途中ではありますが、こういう投票状況です。
ほとんどの方が多少貧しくても健康的に暮らしたいと思っていますね。
自分もそれでいいと思います。頑張れる人だけ頑張ればいいのです。
本当に頑張りたい人というのは、周りがどうだろうと頑張れますからね。

微力ながら、自分も自分のペースで頑張れることを頑張ろうと思います。
シン・ゴジラのあの名台詞「諦めず、最後までこの国を見捨てずにやろう」ですね!

大変な時代に生まれてしまった我々ですが、それぞれの生き方で生きましょー! ではサラダバッ!

「表現規制の無意味さ」10人中7人は誰かを殺したいと思ったことがある

今回は、最近起こった事件を読みながら「アニメや漫画等の表現規制は無意味なのではないか」ということを色々考えてみようと思います。

姉が弟を殺してバラバラにしたり、目黒区の碑文谷公園でバラバラの死体が見つかったりと、今年は猟奇的な事件が多かったですね。
一方で、28歳無職二児の父親(戦慄)がコンビニのおでんに直接指を突っ込み、威力業務妨害や器物損壊罪などの罪で逮捕されたりと、しょうもない事件もありました。
いたずら的な行為とはいえ、れっきとした犯罪ですね。

この記事を書くに際して、ちょっとしたアンケートをツイッターで行ってみました。
161219.jpg 
衝撃的に思う方もいるかもしれませんが、誰かを殺したいと思ったことがある人の方が多数派です。
殺人以外にも犯罪的な願望を持つ人は無数にいるでしょう。
ではなぜ、ほとんどの人が罪を犯さずにいられるのでしょうか。

■構造解析
よく残虐な事件が起こると「なんて極悪非道な心の持ち主だ」とか「精神的におかしいのではないか」みたいな意見が出ます。
犯人がアニメ好きのオタクだったりすると、メディアは喜び勇んで「アニメや漫画の影響だ」と報道したりしますね。
ですが、残虐な殺人事件もおでんつんつん男も、性質は同じものだと思います。
さらに言うなら「心」や「精神」に関しては、殺人犯もおでんつんつん男も、自分も今この記事を読んでいるあなたも同じでしょう。
例えば、あなたも誰かを殺したいと思ったことはありませんか?
自分はあります。最近はありませんが、学生だった頃は嫌いな同級生や先生を殺してやりたいと思ったものです。
アンケート結果から見えるように、殺人に限らず邪な願望を持つことは誰にでもあることでしょう。
では罪を犯す人と犯さない人、なにが決定的に違うのか。

それは、論理的思考能力です。

当たり前のことですが、犯罪はリスクと引き換えに願望を実現する方法の一つですよね。

逮捕されるリスクと引き換えに、金品を手に入れる“窃盗”。
逮捕されるリスクと引き換えに、性的欲求を満たす“わいせつ罪”。
逮捕されるリスクと引き換えに、気に食わない相手を殺す“殺人”。

一般的な人は、“逮捕されるリスク”と“得られる報酬”を天秤にかけ、「リスクに見合わない」という結論を出して犯罪をせずにいます。
しかし犯罪者は論理的思考能力を持ち合わせていないか、なんらかの要因で論理的思考能力を失ってしまい、逮捕されることによるその先の人生への影響を考慮することができなくなるorその後の人生を捨てる覚悟で犯罪に至っていしまいます。
その要因は多岐にわたります。
幼少時の教育や生活環境によって、そもそも論理的思考能力を得られなかった場合。
ストレス等によって極限状態に陥り、論理的思考能力が鈍ったり、失ったりした場合。
こう考えると、犯罪者も可哀想な人に思えますよね。
「犯罪は犯罪だから同情の余地はない」という意見もありますが、自分はほとんどの犯罪者には犯罪者にならざるを得なかった環境や状況があり、本当に責めなければいけないのはその環境や状況を作った人なのではないかと思っています。
もちろん罪は償わなければいけませんし、本人がその環境や状況を作ってしまう場合もあるのですが。

■まとめ
以上のことから、犯罪を抑止したいのであれば、規制をする前に「教育」を充実させるべきでしょう。
規制をすることによって「その犯罪の概念すら与えない」というところまでやるなら効果があるかもしれませんが、中途半端な規制ではまったく意味がありません。
それどころか、それまでアニメや漫画等で犯罪欲求を疑似的に満たしていた人たちが、欲求のやり場を失って罪を犯してしまう可能性も高まってしまうかもしれません。
表現を規制する側も、リスクを考慮した上で行動してほしいところですね。

と、ここまで偉そうに語ってきましたが、自分は犯罪者の心理に詳しい専門家ではありません。
あくまで「人が犯罪者になるまで」を物語としてみて、それを解析しようとしてみただけなのです。
そのため、“論理のほつれ”がある可能性があります。
もしお気づきの際は遠慮なくコメント等でご指摘ください!

と、終始真面目な記事になってしまいましたが最後まで読んでくれた方はありがとうございます!
疲れたので明日以降はしばらく適当な記事書きます! サラダバー!

「アニメーター低収入問題」若いクリエイターが立ち向かうには?

さて、本日はニュースネタとなっております。
「アニメーター低収入問題」が話題になっていますね。
動画マンでは年収110万円程度の人もおり、家族からの支援を受けざるを得ないとか……。
しかしアニメーターというのは本当に恵まれた才能がないとできないものです。
なぜその才能を、ここまで安売りしなければいけないのでしょうか?

■構造解析
結論はシンプルで、「景気が悪い」というのがすべてなのです……。

1.アニメ制作のためにお金を出す会社→利益出すの難しいしあんまりお金かけたくない
2.アニメを制作する会社→あんまりお金出してもらえなかったから給料出せない
3.アニメーター→給料少ない

この悪循環を解消しない限り、末端に近づくほどお給料は減ってしまうでしょう。
これはアニメ業界に限らず、色々な業界で起こっていることだと思います。
(他にも色々と考えられる要素はあるのですが、今回はここだけに焦点を当ててます)

ではどうすれば良いのか。

■解決策
それは、アニメ制作会社のアニメーターであることを諦めることです。
「おいおいそれじゃ解決してないじゃないか」と思う方もいるでしょう。
しかし自分が提案しているのは、あくまで“アニメ制作会社”のアニメーターであることを諦めるということです。
アニメーターを諦めろというわけではありません。

どういうことかというと、簡潔に言ってしまえば独立しちゃうんです。
それも一人でではなく、同じようなアニメーター崩れ(失礼)を集めて、小さなアニメーション制作サークルを作るのです。
もし自分が「アニメーターとして不当に低く評価されている」と思っている人なら、アニメーションを作る能力があるわけですから、サークル程度のものであっても結構なクオリティのものが作れるはず。
あとは同じように、無数にいる脚本家崩れ、声優崩れ、音楽家崩れを集めれば、プロレベルとはいかないまでもアニメが作れますよね。
それを動画サイトにアップすれば、内容にもよりますがちょっとした人気者にはなれるはずです。

年収110万円という低収入でありながらアニメーターを続けるのは、決してお金が目的ではないからでしょう。
きっと「アニメを作るのが好き」だったり「アニメーターとして有名になりたい」という意思の方が先に来るはず。
であれば、バイトしながらでもネットでちょっと人気のアニメーターになれれば、結構な充足感を得られるのではないかと思うんです。
最終的にサークルから会社にしてしまってもいいですしね。上手くマネタイズできれば収入もぐっと増えるでしょう。
現実はそうとんとん拍子で行くものではないかもしれませんが、少なくとも誰にも知られることのないまま低収入でアニメーターを続けるよりは良いのではないでしょうか。

■まとめ
と無責任なことをのたまってきましたが、自分は真剣にそう思っています。
というのも、日本はとても起業率の低い国なんだそうです。
これは国にとって深刻な問題で、このままだと生産力も雇用創出力もどんどん低下していってしまいます。
企業に就職しても、15%が1年以内に辞めてしまう時代。
本当に既存の企業に就職することが最も正しい選択なのでしょうか?

Youtuberという人たちがいますよね。
世間(特に真面目に働いている方)からの風当たりは結構強いみたいなんですが、あれはとても良い傾向だと思っています。
既存企業で働きたくない15%が、自分自身で収入を得る方法を見つけた結果なのでしょう。
しかも、現在では「テレビよりもYoutubeを見る」という若い人も増えており、まさしく下剋上のようなことが起こっているのです。
さらにYoutuberを集めて会社化している方々もいて、前述した通りのことが少なくともYoutubeでは成功しているんですね。

これをあらゆる業界で起こしていけば、日本の凝り固まった企業観を排し、良い意味での代謝が行われるようになるはずです。

自分が運営しているシェアワールド企画“コロンシリーズ”も、真面目にいつか既存の出版社に嚙みつけるような勢力になりたいと思ってやっています。
コロンシリーズに関するまだ語っていない企画の意図なんかも記事にしようと思いますので、興味のある方はお楽しみに!

それでは今日はこの辺で! サラダバー!(350円)

フライデー、電通……企業に対抗する、“現代のシビュラシステム”

さて、本日は“現代のシビュラシステム”と題しまして、昨今の大企業や国家権力の悪行と、“ツイッターの関係について語っていきます。

・シビュラシステムとは?
アニメ「PSYCO-PASS」に登場する近未来の監視システム。人の精神状態を数値化できる技術が開発され、その数値によって潜在犯(犯罪を起こす可能性のある人間)を特定し、未然に犯罪を防ぐというもの。

ツイッターをシビュラシステムに見立てて解析していくのですが、上の説明を見ておわかりの通り、性質はまったく違うものです。
しかしむしろ、ツイッターの方が健全な“社会的自浄システム”なのではないかと思い、比較する意味でもこんなタイトルにしてみました。
では、あらすじ風に現状をまとめてみます。

■おおまかなあらすじ
最近、大企業や国家権力の不祥事が頻繁に報道されている。
不祥事自体は最近に限らず一定数あるものだが、昔とは決定的に変わったことがある。
それは、消費者が報道を受け取るだけでなく、発信できるようになったという点だ。
以前はテレビや新聞のニュースを見て「悪いやつがいるもんだ」と愚痴をこぼすしかなかったが、今は個人が世界中に向けて意見を発信できる。

現代のシビュラシステム、ツイッターが生まれたからだ。

以前は例え不祥事をニュースで報道されたとしても、企業や権力が受けるダメージは些細なものだった。
しかし人々が繋がって生まれたツイッターという自浄システムは、個々の主張を増幅し合う。
不祥事を起こした企業は、甘く見ていると致死量のダメージを負いかねない。
本当の意味で、悪いことができない時代が到来したと言える。

■構造解析
あらすじを読んで、首をかしげる人も多いでしょう。
そう、ツイッターも良いことばかりではありません。当然問題もあります。
それは、システムの構成単位が個々の意識を持っているという点です。
時にそれは暴走し、不必要な“晒し”や過剰な“叩き”等の行動を起こしてしまいます。
しかしツイッターは、そういった暴走行動すら自浄することがあるんですね。
これには二つの要因が存在しています。

1.準匿名制のシステム

一つは、2ちゃんねる等の匿名掲示板と違い、ハンドルネームが表示される準匿名制のシステムであるということ。

完全匿名の場合、人間は思っていることを100%そのまま吐き出すことができます。
この場合、ユーザーの発言の善悪の比率はほぼ50:50になります。
偏見を持っている人は「2ちゃんねるは悪口ばかり」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
非常に建設的な議論をしている場所もありますし、質問をすれば丁寧に答えてくれる人もいます。

一方準匿名の場合、比率はおよそ70:30程度まで善に偏るのです
これは、ユーザーがシステム内で社会を形成しているからに他なりません。
社会において、悪だと見なされれば排除されることは必至。居場所を失いたくないユーザーは、当たり障りのない主張をするか、大衆の支持を集めようとします。
それが結果的に最大多数の正義に近い発言を生むことになり、日本人の道徳観に反する行動は、例え自浄的なものであったとしてもバッシングを受けるのです。

2.完全匿名に近い遠慮のない議論

もう一つは、完全匿名に近いレベルで意見を戦わせることができるということ。
ツイッターは基本独り言をつぶやくツールですから、あまり他人を意識する必要がありません。
RT→反論をつぶやくという、直接対決はしないものの反対意見を述べる方法もあります。
そうした議論の中から、多数の支持を集めたものが“正義の主張”としてRTされ、取り上げられるのです。非常に民主的な意思決定ですね。
一方で、尖ってはいるものの道徳的でない意見は淘汰されるか、はたまた悪の見本として多くの人の目に触れます。

■まとめ
どうでしょうか、ここまで読んで「ツイッターという名のシビュラシステム」という表現にまだ疑問をお持ちの方もいるでしょう。
確かに、完全なシステムはこの世に存在し得ないものです。
しかしツイッターのように「自然と善の方向にあろうとし続けるシステム」は、完全なシステムに限りなく近いと思っています。
「同調圧力だ」という意見も最近見られるようになりましたが、これも自浄作用の一つでしょう。
コミュニケーションツールとしても最高ですしね。

ざっくり言えば、色々な意味でツイッターが好きってことでした!
自分もシステムの構成単位の一つとして、連日しょうもないことをつぶやいていますので、良かったらフォローしてくれると嬉しいです!
志室のアカウント:@shimuro_1129s

それでは今日はこの辺で! サラダバー!

「Amazon Dash Button」で変わる?買い物の未来

本日紹介する作品(?)は「Amazon Dash Button」です!
以前のPC関連記事に続く、こじつけ記事となっております( ˘ω˘)

さて、「Amazon Dash Button」とはなんぞやと。
詳細はリンクを見ていただきたいのですが、面倒な方のために簡単にあらすじとして説明させていただきます。

■おおまかなあらすじ
Amazonで飲み物とか洗剤とか買ってるけど、いちいちパソコンとかスマホで注文するの面倒だなぁ
ワンプッシュで注文できるシステムができました

要は「専用のボタンを押すだけでAmazonに注文できる」というシステムなのです。
各商品ごとのボタンを500円で購入し、スマートフォンかタブレットを使ってセットアップします。
そしたら、ボタンを家の好きな場所(洗剤ならキッチン、飲み物なら冷蔵庫など)に配置。
あとはボタンを押すだけで、パソコンやスマホを使わずとも注文ができるというわけです。
しかも初回注文時に500円割引があるので、ボタンの代金は実質無料!
非常に便利ですが、もしこのまま通信販売が台頭していった場合、日本の未来はどうなってしまうのでしょうか?

■構造解析
Amazonの登場によって色々なものが通販で手に入るようになり、現在ですら買い物に行く機会が減ったという方は多いのではないでしょうか。
特に一番の被害を被ったのが、ゲーム店や書店、映像や音楽のレンタルおよび販売店でしょう。
食べ物や飲み物はすぐに必要なことが多いので、外で買うことも多いです。
服なんかも、できれば自分の目で見て買いたいですよね。
しかし本やゲーム、映像ソフトなんかは、わざわざ専門店に買いに行くよりもネット通販の方が圧倒的に買いやすい。
かくいう自分も、ゲームや本はAmazonで買うことが多いです。
こういった通販の台頭を受けて、個人経営のゲーム屋さんや本屋さんはバタバタと閉店していってます。
非常に悲しいことなのですが、自分も原因の一旦だと思うと申し訳ない限りです。

これは単純に、日本人病とも言うべき「忙しくて〇〇してる暇がない」という症状の一つなのでしょう。
日頃忙しくしている人が多いので、家にいられる時は家にいたいという方も増えているようです。
もし日本の労働環境がこのまま10年後も続いているとしたら、通販の勢力はますます拡大していきそうですね。
今回紹介したAmazon Dash Buttonのような新しいシステムが生まれてきていますし、最近ではドローンによる配達も実現の兆しを見せており、外で買い物をする機会はさらに減っていくのかもしれません。
以前VR技術のことも記事にしましたが、いつか職場も遊び場も仮想現実になっていくと……。

■まとめ
いやー、時代の節目にいる感じがしますね。
世界の100%がなにかに染まりきってしまうということはないように思いますが、10年前に誰もがスマホを持っている時代を想像できていた人はあまりいないはずなので、10年後にはまたとんでもない技術に世界が染まっているかもしれません。
とは言え、家族や親しい友人(いる人は恋人)と買い物に行くのは楽しいものです。
どんなに需要が減っていったとしても、買い物に出かけられる場所が少しは残っていてくれると嬉しいですね。

ちなみに知り合いの家でAmazon Dash Buttonを見つけても、連打しちゃダメだぞ☆

サラダバー!

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

志室幸太郎

Author:志室幸太郎
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@shimuro_1129s

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー