一時お休みのお知らせ!

どうも、いつもブログをご覧になっていただいてありがとうございます!

大変私的な事情で申し訳ないのですが、引っ越しの関係でちゃんとしたネット環境が用意できず、ブログの更新が難しい状況です\(^o^)/

来週中にはネットが開通する予定ですので、今期アニメの記事は来週2話分まとめて投稿しようと思います!

もしも楽しみにしてくださっている心優しきお方がいましたら本当に申し訳ございません(土下座)。
ネットが復旧次第より一層更新頑張りたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします!

サラダバー!

2016年、個人的に最も面白かった“ストーリー”ベスト3!

elly20160628465420_TP_V.jpg 

いやー、もう2016年も終わりですね。
今年は皆さんにとってどんな年だったでしょうか?
自分は色々な意味で、非常に充実した一年でした。

もちろんその中には、良い物語に出会えたということも含まれます!
というわけで、今年発表された作品の中から個人的に面白かった物語を、媒体問わずベスト3として発表したいと思います!


■第3位:アニメ「僕だけがいない街」










今年の1月から3月まで、ノイタミナで放映されていたアニメですね。原作は三部けいさんの漫画です。
これもブログでレビューしてきた「オカルティック・ナイン」と同じく、推理しながら追いかけられるミステリー作品でしたね。
主人公は売れない漫画家、藤沼悟。
なにか悪いことが起こるとその直前まで時間が巻き戻り、それを回避するまでループする“リバイバル”という能力を持っています。
母親の死をきっかけになんと小学生の頃まで時間が巻き戻り、ある事件を紐解きながらハッピーエンドを目指します。
最初は一人で奔走していた悟でしたが、次第に仲間が集まっていって……感動的なラストでした。
非常に見ごたえのあるストーリーで、おすすめです。

ただ一つ個人的に惜しかったのが、“リバイバル”という能力の説明がされなかったことです。
説明したら無粋だよと思われる方もいると思いますが、そこに納得いく説明がないとただのご都合主義になってしまう気がするんですよね。
一応個人的な見解は持っているので、こちらもそのうち記事にまとめようと思います!


■第2位:小説「君の名は。」










映画「君の名は。」の原作小説です。
2016年を代表すると言っても過言ではない作品ですね。
以前当ブログでも紹介させていただきましたので詳細は割愛させていただきますが、ヒットする要素をこれでもかと詰め込んだ作品でした。

ただこちらも、本当に個人的な趣味の問題なのですが一つ欠点がありました。
それは毒がなさすぎるということです。
自分は毒にも薬にもなるお話が好きなひねくれ者なので、面白かったには面白かったんですが物足りなさを感じてしまいました。
ただ、心に突き刺さるようなものではなかったものの、本来娯楽とはそういうものな気もするので、エンターテイメントとしてはやはり日本最高峰で間違いないと思います!

さて、そんなひねくれ者な自分が選ぶ、今年最も面白かったストーリーは……!


■第1位:ゲーム「ペルソナ5」











栄えある第1位はやはりこちら! ゲーム「ペルソナ5」です!
PlayStation Awardsでは「Gold Prize」と「ユーザーチョイス賞」をダブル受賞。
販売数も最近のゲームとしてはかなり好調です。納得ですね。

ペルソナ5のなにがすごいって、そのボリュームです。
最近のゲームはやたらグラフィックは凝っているものの、ストーリーがあっという間に終わってしまったりする作品が多く見受けられますよね。
しかしこのペルソナ5、良い意味でやってもやっても終わらないんです!
自分が「はー、そろそろ終盤か」と思ってから20時間くらい続いたのではないでしょうか……。
というのも、この作品もいくつかの層にわかれています。
しかもそれを丁寧に丁寧に、とんでもない層までシフトしていくので、やり応えも読み応えも抜群なんですね。
「君の名は。」のところで「毒がなさすぎた」と言いましたが、今作は非常に風刺が効いており、現代の光と闇をしっかりと描いています。
時折目を逸らしたくなるような人間の残酷さも表現されていて、それがリーダビリティを高めているんですね。
筋書きもミステリー小説を読んでいるかのようにスリリングかつ驚きのあるもので、過去の作品をプレイしている人にとっては最高のサプライズも用意されていました。
また、ストーリーを盛り上げる音楽も素晴らしかったです。
文句なしで、個人的2016年最も面白かったストーリー第1位ですね。

今作はそのストーリーの緻密さもあって、公式にはネタバレ禁止になっています。
なのでレビューはできませんが、そのうちノベライズ本が出る(と信じている)ので、ゲームをする時間のない方は是非ストーリーだけでも楽しんでください!


■まとめ
2016年、オタク的にはかなり豊作の年だったのではないでしょうか?
映画はヒット作が続々と生まれ、ゲームのビッグタイトルも続々発売されました。
不況でモノが売れづらい時代ですが、やはり好きなもの・良いものには惜しみなくお金を使いたくなりますよね。
これをきっかけに、来年以降も素晴らしいエンターテイメントが続々生まれてくれることを祈るばかりです。

それでは、今年は本当にお世話になりました!
来年からは更新が若干マイペースになりますが、今後とも何卒よろしくお願いいたします! 2016年最後のサラダバー!

2016年12月、Googleアドセンスの審査に一発で合格したシナリオ

さて、今日の記事は若干生々しい話になっております。
不快に思う方はここでブラウザバック推奨です!

皆さんお気づきかと思いますが、当ブログに広告が表示されるようになりました。
先日Googleアドセンスの審査に無事合格したのです。
色々下調べしていると「5回落ちた」とか「一度落ちたら2週間は再審査を待った方がいい」という記事を見かけていたので、春までに合格できればいいかなーと思っていたのですが……。
自分のように初めて本格的なブログを始めた人でも、どうやら傾向と対策をしっかりしておけばそこまで合格は難しくないようです。

以前の記事でマネタイズ(無料で提供するコンテンツから利益を生み出す方法)という単語をちらっと使いましたね。
広告収入は低コストで始められるマネタイズの手段の一つです。
今後自身で収益を得られるようになりたいと思っている人のために、参考までに自分が合格のためにしておいたいくつかのことを紹介します。

■Googleアドセンスの審査に合格するために必要な3つのこと

1.独自ドメインを持ったウェブサイト

まず前提としてしなければいけないのが、独自ドメインを持ったウェブサイトの用意です。
これは普通のホームページでもいいのですが、コンテンツを充実させやすいのでやはりブログがおすすめです。
自分が利用しているFC2は独自ドメインも一緒に管理できるので、個人的にはこちらもおすすめ。
ただし、年間数千円の料金が発生します。今のところこの料金を回収するのが目標ですね。

2.ある程度の記事と、審査中の毎日更新

下調べをしている時に「最低でも10~20記事を用意」と書いているブロガーの方が多かったのですが、中には「5記事の時点で申し込んで一発合格」という方もいたので、自分もそっちの可能性にかけてみました。
12月4日。5記事を用意し、審査を申し込みました。審査中は毎日更新。
審査は最大3日とのことでしたが、自分の場合は16日かかりました。
おそらくなのですが、16日目は20記事に達していたわけですから、やはり合計20記事は必要なのではないかと思います。(20記事に達するか待たれていた気もする)
そして重要なのが、記事の内容です。
日常を綴った日記などではなく、極力読者の役に立つ情報を発信する必要があるようです。
自分も「創作に役立つように」という点を前面に出して記事を書いていました。

3.プライバシーポリシーの設置

ほとんどの方が気づいていないかもしれませんが、右下にプライバシーポリシーというリンクがあります。
Googleアドセンスの広告は、読者さんのCookie(検索したりしたものの情報)を利用して最適な広告を表示するので、その情報を利用しますよーということを宣言しておかなければいけません。
また、その情報を利用されたくない場合は無効にする方法もあるという点も書くとベターのようです。

■まとめ
この3点さえクリアできれば、おそらく問題なく審査に合格できると思います。
しかし本番はここからで、収益を上げられるようになるかはコンテンツの質次第なのです。
自分もまだまだなのですが、いつか運営している企画の製本代金くらいはまかなえるように頑張りたいと思います。

この情報がお役に立てれば幸いです! それではサラダバー!

「クラウドPC」新時代のパソコン妄想

さて、本日紹介する作品は「クラウドPC」です。
昨日のバックパックPCの最後でちらっと触れた話題ですね。
これはまだ自分の頭の中にだけあるSF作品なのですが、今回特別に公開しちゃいます。

盛り上がり曲線はこんな感じです。
0007クラウドPC曲線 
少し薄いですねー。そしてどの基本形にも当てはまらない特殊な形をしています。

それでは、レッツ解析☆


※以下ネタバレが含まれますん、ご注意ください。


■おおまかなあらすじ
2016年。
これだけ技術が発展しているにも関わらず、人々は未だパソコンの不調と戦っていた。
ブルースクリーンハードの破損
一言で不調と言っても、その原因は様々であり、特定することが困難な場合も多々あった。
下手をすれば、何十万もする新しいパソコンの購入を迫られることになる。
人々は数年ごとにおとずれるパソコンの買い替えに苦しみ、「壊れませんように」と神に祈るほかなかった。

そこで私は考えた。
パソコンもアプリのように配信すればいいのではないかと。

なに言ってんだこいつと思われるかもしれないが、是非構造解析も読んでほしい。

■構造解析
まず、パソコンはハードウェアとソフトウェアで成り立っている。
複雑なソフトウェアを高性能なハードウェアで動かすことによって、現在の快適なPCライフが送れているわけだ。

しかしこの形式では、ソフトウェアあるいはハードウェアが壊れた際、再起不能になってしまうことがある。
最悪の場合、熱心に溜め込んでいたメガネっ娘の画像フォルダや、集めてきた便利なアプリケーションもすべて吹っ飛んでしまう。

そこで私が提案したいのが、ネット上に存在するパソコン「クラウドPC」である。

現在クラウドサービスが隆盛してきており、その便利さは私も実体験済みだ。
最近OSをクリーンインストールした際にも、クラウドストレージやアカウントサービスのおかげで比較的スムーズに復旧できた。

クラウドPCとは、その名のごとくPCそのものをクラウドサービスとして提供するものである。
利用者に必要なのは、ごくシンプルな機能しか持ち合わせていない送受信用の端末のみ。
その端末を使って、サービス会社が保有するPCを遠隔操作するような形で利用するのだ。
こうすればPCに不調が起こった際はサービス会社がメンテナンスをしてくれるし、端末が壊れても安価なので買い替えやすい。
さらに端末の構造はとても単純なので、小型化も簡単だろう。
メガネ型のウェアラブル端末+クラウドPCがあれば、メガネっ娘人口の大幅増が見込める。
サービス会社も、それなりの月額課金を要求できるはずだ。
私はこのサービスが生まれることを心待ちにしている。

■まとめ
と、ここまで力説してきましたが。
やはり机上の空論。問題も色々あると思います。
例えばラグの問題。PCを操作する際に、マウスをクリックしてから実際にクリックされるまで、0.1秒でもラグがあったら気持ち悪そうですよね。
現代の通信技術では、ラグを完全に解消することは難しいでしょう。

あとはセキュリティとプライバシーの問題
サービス会社の職員はユーザーが操作するPCを管理しなければいけないわけですから、なにをやってるのか丸見えですよね。
それは困ります。非常に困りますね。

しかしもし実現すれば、スマホサイズの端末でデスクトップPCを動かすような未来が来て、ウェアラブルPCの進化にも一役買えると思うんですけどね……果たして( ˘ω˘)

サラダバ( ˘ω˘)


スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー