小説「そして誰もいなくなった」はなぜ名作なのか

最初に解析する作品は、アガサ・クリスティーの名作「そして誰もいなくなった」です。
この作品を知らない人でも、「そして誰もいなくなった」というワードはご存知なのではないでしょうか?
それくらいインパクトがあり、人を惹きつける素晴らしいタイトルですよね。

まずは盛り上がり曲線をご覧ください。
0003そして誰もいなくなった曲線 
不思議に思った方も多いはずです。
ミステリー小説でありながら、ぱっと見た形は一般小説曲線っぽいですよね。
そこにこの小説の凄さが隠されているんです。

非常に面白い小説ですので、できれば一度本編に目を通してからこの解析を読むことをおすすめします。
「手っ取り早くノウハウだけが欲しいんだよ!」という方は下へどうぞ!



※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください。



■おおまかなあらすじ
物語は、「U.N.オーエン」という人物が、10人の客人を自分の島の館に招くところから始まります。
この「10人」というところが大きなポイントになってます。
島に到着した10人は、10人のインディアンが1人ずついなくなっていく童謡に合わせて殺されていきます。

■構造解析
まず最初の殺人で曲線が少し上昇しますね。これは基本ミステリー曲線と同じです。
そしてもう一つ、ミステリー曲線にはまだ紹介していない特徴があります。
それは微震です。小刻みに線が振れているのがわかると思います。
これは「次の殺人がいつ起こってしまうんだろう」という、読者の不安を表現したものです。
読者の不安を煽ることで、「この事態を早く解決して安心したい」という心理を生み、ページをめくらせることができます。

ミステリー小説を読んでいて、最初の殺人のあと地味な捜査が続き、飽きてしまったことはありませんか?
その手法の場合、低空飛行した分クライマックスの上昇幅は大きくなるのですが、それ以前に苦手意識が生まれてしまう読者もいます。

しかしこの作品は、最初から最後まで「次に誰が殺されるのか、止められるのか」という緊張感があるおかげで、文字通り「読み始めたら止まらない」を実現しているのです。
一般小説曲線の全編を通しての盛り上がりと、ミステリー小説のギミック。双方の良いとこ取りに成功しているわけですね。

では同じように「作品の序盤から終盤まで、読者を不安にさせるシチュエーション」を用意すればいいのかと言われると、そうとも限りません。
ただそのシチュエーションを用意し、キャラクターを動かしているだけでは、盛り上がり曲線は下降気味になってしまうでしょう。

それをさせないために必要なのが、読者を飽きさせないための「テコ入れ」です。
先ほど「10人」がポイントになると言った理由がこれですね。
この作品は被害者が「10人」いることで、作中で「10回」のテコ入れができるわけです。
次々と起こる殺人と、疑心暗鬼になる登場人物たち。読者であるこちらすらも、誰もが怪しく見えてしまいます。
「不安を煽るシチュエーション」と「十回のテコ入れ」を同時に実現するこのプロットこそ、著名な作家からも名作と言われる所以なのです。

ちなみにミステリー的なギミックですが、「途中で犯人が自分を死んだように見せかけ、姿を隠して殺人を続行する」という、今ではよくあるギミックでした。
これを聞いて拍子抜けしてしまう人もいるかもしれませんが、ギミックだけがこの小説の魅力ではないことはもうおわかりですよね。

■まとめ
結論としては、

「序盤から終盤まで不安を煽るシチュエーション」


「シチュエーションに合った自然なテコ入れ」

を同時に実現するプロットを書ければ、余程文章が酷くない限り名作になるかもしれません。
ただし、現代の消費者は娯楽によるストレスを嫌がる傾向もあるので、諸刃の剣であることも覚えておきましょう。

以上、「そして誰もいなくなった」の解析情報でした。

それでは、今日はこの辺で!
異論や賛同のコメントはお気軽にどうぞ! サラダバー!

暦史書管理機構:物語構造解析室とは

■はじめに
どうもどうも、志室幸太郎と申します。ネットの片隅で物書きをしつつ、“コロンシリーズ”というシェアワールド企画を運営しています。
長ったらしいのでシムロンとでも呼んでください。
私事ではございますが、本日11月29日が誕生日でした。
節目ということでなにか新しいことを始めようと思い、前々からなんとなくやりたかったブログを開設してみたわけです。

どんなブログにするか色々迷ったのですが、やはり興味のあるものでなければ続かないだろうということで、

「小説・漫画・アニメ・映画等のストーリーを構造解析し、まとめるブログ」

というのをやってみようと思います。
「~等」と書いたのは、上記以外のものでも、ストーリー性を感じたものに関しては考察したいなと思っているからです。(ニュース、音楽etc)

読んでくれた人の創作ライフに役立つといいなと思いつつ、半分は自分のための備忘録だったりもします。
需要があるかわかりませんが、できるだけ頻繁に更新しようと思いますので、暇な時に覗いてくれると嬉しいです。

ちなみに物語構造解析室は英語でストーリー・ストラクチャー・アナライズ・ルームです。
絶対に略さないでください。

■盛り上がり曲線
さて!
本題に入る前に、最初の記事ということでちょっとした予備知識を皆さんに覚えてもらいたいと思います。
自分がストーリーの構造を考える時によく用いるのが、

「盛り上がり曲線」

というグラフみたいなものです。
これはその作品を読んだり見たりした際に、自分の中での気持ちの盛り上がりを非常に感覚的に(テキトーに)図にしたものです。
独断と偏見の代物なのですが、読者の気持ちの盛り上がりを意識して名作に近い構造を使うことで、「面白い話が書ける」のではないかという目論見なわけです。

というわけで、以下に代表的な「盛り上がり曲線」を挙げてみます。

1.一般小説曲線
一般小説曲線 
ご覧の通り、普通の小説の曲線です。
普通に始まり、それなりに盛り上がり、ああ良い話だったなと終わるやつですね。
大半の小説はこれに当てはまるのではないでしょうか。

2.ミステリー小説曲線
ミステリー曲線 
自分は、この世の小説はミステリーかそれ以外しかないと思っています。
そう思ってしまうほどに、面白い小説にはミステリーの要素が含まれていることが多いです。
この図は一番ポピュラーな曲線で、具体的に言うと

最初に事件発生→あれこれしながら犯人捜し→実は意外なあの人が犯人でした!

という流れですね。
一般小説の読後感が「ふー、面白かった」なのに対して、こちらは「うわあああ面白いいいい」ってなります。

3.WEB小説曲線
WEB小説曲線 
これが今もっとも需要のある曲線でしょう。
娯楽に割く時間が年々減りつつある忙しい日本人にとって、短時間で楽しめるかどうかは大変重要です。
このように短いスパンで盛り上がりのサイクルがある作品が、小説投稿サイトで読者を獲得しているのだと思います。

■まとめ
以上三つの例を挙げましたが、あくまでこれは基本形です。
今後は実際に作品を解析しつつ、様々な特徴の曲線を紹介したいと思います。

もし「〇〇という作品を解析してほしい」というリクエストがあれば、コメントでもツイッターでもメールでもいいので気軽にご連絡ください!

それでは今日はこの辺で! サラダバー!

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー