アニメ「カオスチャイルド 第7話」感想と考察 やっぱりこうなるのかよ!

アニメ「カオスチャイルド 第7話」の記事ですけどおおおお!
やっぱり科学ADVシリーズはこうなってしまうのか……なかなかに衝撃的な展開でした……。
それではあらすじをどうぞ……。


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
アパートで見つかった焼死体。死体には口から鉄筋が突き刺されていた。
防犯カメラの映像には、被害者が鉄筋を自分でマンションに持ち込む姿が映っており、神成は「自分で自分を串刺しに……?」と推測する。

一方、青葉医院にいた有村にその情報が伝わる。
焼死体はパイロキネシストであり、南沢泉理が死んだことを来栖に伝えるよう拓留に頼んだ。

しかし捜査を進めていくと問題が発生する。
部屋は密室であり、被害者以外の出入りはなかった。しかも、23日の深夜から24日の未明にかけて、青葉医院を訪れているという目撃情報があった。
ところが、24日の防犯カメラには一度も南沢泉理の姿は映っていなかった。
遺体が発見されたのは24日の夜であることから、謎が残る。

部活を終えて自室に戻った拓留は、尾上と一緒にいるところで伊藤からの連絡を受ける。
青葉医院と南沢泉理の関わりの情報が漏洩し、ネット上で南沢泉理をかくまっているのではないかという噂が広まってしまっていた。
拓留と尾上も急いで青葉医院に向かうが、すでにマスコミが押し寄せていた。
落ち込む来栖を慰める拓留。

神成に電話をかけ、情報漏洩のことを問い詰める拓留。
神成は情報漏洩への対応を説明しつつ、重要な情報を拓留に伝える。
パイロキネシストは南沢泉理ではなく、杯田理子だった。
杯田理子は南沢泉理の偽名だと思っていた拓留だったが、警察の調べによれば杯田理子は実在するという。
さらに、杯田理子の死亡推定時刻は23日の未明から昼頃だという検死結果が出る。
23日の夜に拓留はパイロキネシストに襲われていたが、久野里の推理によればそれは別の能力者が見せた妄想だということだった。
また、脳の肥大化があったことから、杯田理子もなにものかに操られ、自殺したということもわかる。
これらの情報から導き出されるのは、10月23日はニュージェネレーションの狂気事件があった日付だったことから、ニュージェネレーションの狂気の再来はまだ終わっていないという事実だった。

すぐに仲間たちの安全を確認する拓留だったが、結衣の姿がない。
伊藤と一緒だということを聞いて、拓留は伊藤に電話する。
伊藤はコンビニにおり、結衣も一緒だということだったが、電話口から結衣のうめき声が聞こえてきた。
「コンビニで買ったナイフじゃ切れ味わりいなー」という伊藤の発言。
拓留は青葉医院を飛び出した。

あてもなく走り回った拓留だったが、道路に血のついたナイフが転がっているのを見つける。
その先には、血だまりの中、人型に置かれたいくつもの箱があった。
傍らにはナイフを持ち、血まみれの姿で立つ伊藤が。
伊藤は「なぜ南沢泉理を助けなかった」と拓留を問い詰める。
「彼女は俺にとってかけがえのない存在だった、それをお前が見殺しにしたんだ。でもこれで復讐も終わる」と拓留に襲いかかる伊藤。
駆けつけた来栖によって、拓留は助けられる。
しかし来栖は、バラバラに切断され、箱に詰められた結衣の死体を見てしまう。

これまでの事件はすべて拓留を追い詰めるために俺が起こしていたと告白する伊藤。
しかし来栖は、それに「嘘よ」と反論する。
伊藤は南沢泉理を知っているはずがなく、来栖は伊藤を操っている何者かの存在に気づいたのだった。


■構造解析
いやあー、エグいですね……。
深夜アニメとはいえ、今のご時世あれを放送するのはなかなか勇気が要るんじゃないでしょうか。
いただいたコメントで「後半からが本番」というお話があったのですが、まさに本番に入った感じなんでしょうねこれ……。
疑問点もぽつぽつと出てきたのでいくつか語ってみます。

1.犯人の行動原理

操られている(?)伊藤が、“南沢泉理を見捨てた拓留への復讐”的なことを語ってましたよね。
今回かなり慎重に考えてみます。
まず、この発言が犯人の思いの代弁なのか、それとも伊藤に異常な行動をさせるために植え付けたただの動機なのかを考える必要がありますね。
もし前者だとすれば犯人の行動原理がはっきりするのですが、後者ならまだ犯人像は一切見えてきませんし、話はここで終わってしまいます。
なので前者だと仮定して、次に注目したいのは伊藤の発言の一人称です。
「彼女は俺にとってかけがえのない存在だった」
↑ここで操られている伊藤が「俺」と言っていることから、犯人は男性かもと思ったのですが、単純に伊藤が喋っているから「俺」という可能性もありますね……。
そして最も注目すべきなのが、“復讐”というワードです。
これが犯人の思いの代弁だとすると、かなり犯人像がはっきりしてきます。

2.現在判明している犯人像

箇条書きにしてみます。
・ギガロマニアックス
・南沢泉理を知っている
・幼い頃から拓留を知っている
・幼い頃から尾上を知っている(幼い頃拓留と一緒に南沢泉理を見ていたことから)
以上のすべてに当てはまる可能性があるのは、やはり尾上来栖しかないような気がするんです。
ミステリーの法則として、犯人はモノローグ(心の声)に特徴が出ます。
犯人の思っていることを明らかにはできないので、極端に少ないかまったくないことが多いんですね。
来栖は結構一人で悩んでいるシーンが出てくるのですが、尾上は少ないんです。
もう自分は完全に尾上を疑いにかかっていますが、果たして……。


■まとめ
盛り上がってまいりました……!(サイコパス感)
これゲーム版でどれくらい日常パートがあるかわかりませんけど、結衣ちゃんのことも丁寧に描かれていたとしたらショックやばいでしょうね……。

しかし人を操ることすらできてしまうギガロマニアックス、やばすぎませんか……。
なるほどと思ったのは、能力の強さをインフレさせまくると、なんでもできすぎるがためにことの真相を捉えづらくなるという効果を生むんですね。
これは創作にも活かせそうな気がしました。

来週はどうなってしまうんだサラダバー!
(余談ですが、公式サイトにサブタイトルが載ってないのは仕様なんですかね)

アニメ「ACCA13区監察課 第7話」感想と考察 予想的中、だがしかし

アニメ「ACCA13区監察課 第7話 夜霧にうかぶ真実」の記事です!
今回超重要な話だったので、前置きすっ飛ばしてあらすじをどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
ドーワー支部にやってきたジーンは、一人煙草を吸いながら現在の状況を整理する。

翌日、ロッタに頼まれた“雪の玉”というお菓子を買うついでに、店内で食べることにするジーンとニーノ。
外に衛兵がいることを気にしていたジーンは、店員から「国王が寄られる」という話を聞く。
店を出ようとするジーンだったが、店主に引き止められ、国王と同席することに。
国王と会話をするジーン。
カメラマンであるニーノにも触れ、良い写真が撮れたというニーノに対し「こちらこそありがとう」と返す国王。
国王の提案で、ジーンと国王が相席することに。
ニーノはその様子を写真に収めていった。

その後の酒の席で、「褒められると嬉しいだろ、上司に」と言いながら珍しく寝落ちるニーノ。

一方国王は、肖像の間で絵画を見ていた。
シュヴァーンの絵の隣には、ロッタにそっくりの金髪の少女の絵があった。

ロッタに雪の玉を持って帰り、今度はコロレー区に向かうジーン。
バードンを出る途中、モーヴの部下たちの視線を感じ、「クーデター派だという噂が伝わった可能性もあるな」と考える。
しかしコロレー区でジーンを待っていたのは、モーヴからの衝撃的な情報だった。

「君は王族の人間だ。王位継承権筆頭の」

その後、コロレー区を歩きながらこれまでの誤解を解きほぐしていくジーンとモーヴ。
その中でモーヴはジーンが自分のことを聞いてこないことを不思議に思うが、ジーンは「語らせるべきやつがいます」と答える。

そしてジーンはニーノの元へ。


■構造解析
前回あたりから予兆はありましたが、第二話の記事から言い始めていたジーン王族説がバチコーンと当たってしまいました……!
この手のブログの難しいところなのですが、バッチリ当たってしまったらそれはそれでつまらないんですよね(白目)。
が、よく考えてください皆さん。まだ7話なんです。あと4、5話残ってるんですよ。
なのでむしろここからが本番と考えるのが妥当でしょう。
ジーンが王族であることがわかった今、ジーンを取り巻く勢力がどう動くかがキモですね。
その勢力はおそらく二つに分かれるでしょう。

1.ジーンを王にしたい勢力

・クーデター派
クーデター派はシュヴァーンが王位を継承することを危険視していますから、間違いなくジーンを国王にしたいと思っているはずです。
ハレ区の支部長や区長の対応が前回訪問時と変わっているのも、ジーンが王族だと知ったからなのではないでしょうか。
もしシュヴァーンが王位を継承するようなことがあれば、クーデターを起こし、ジーンを国王に担ぎ上げる可能性が高いはずです。

・王室
実は王室内でも、ジーンを新たな国王とする動きがあるのではないでしょうか。
というのも、今回一つもしやと思ったのは、ニーノにジーンの監視を命じていたのは国王本人だったのではないかと思ったのです。
国王に礼を言われて、ニーノが声を震わせて「もったいないお言葉」と言い、その後酔い潰れたりしてましたよね。
ジーンやロッタの写真を撮らせていたのも、孫の姿を見たかったからなのかも。
つまり、あのマンションのオーナーは国王ということになりますね……。
そこまで大切にしているわけですから、国王もジーンが次期国王となることを望んでいるのかもしれません。

・ニーノ
上の意見に付随してなのですが、ニーノの正体がわかった気がします。
おそらくは、33年前の事件で王女と共に亡くなったと言われていた、アーベントという大使の息子あたりなのではないでしょうか。
ニーノが度々言っている「30年」という言葉にも符合しますし、ジーンやロッタを見守っているのも頷けますよね。

2.ジーンを王にしたくない勢力

・シュヴァーン
あらすじでは端折りましたが、シュヴァーンはロッタに惚れていたのではなく、肖像の間の絵の女性に似ていたことから、“自分の王位継承権を脅かすのでは”という心配をして調査をさせていたのですね。
ロッタは女性なので安心していたシュヴァーンでしたが、ジーンの存在を知って大慌ての模様。
なにか強硬手段に出そうな気配もありますよね……。

3.目的不明

・グロッシュラー長官
これまで「グロッシュラー長官はジーンを王にしようとしている」みたいな話をしていましたが、これが正直どっちかわからなくなってきました。
もしかしたら本当にクーデター派を止めようとしているのかもしれません。
ジーンの「グロッシュラー長官は違う」という発言を真に受けてのことなのですが……。

・その他五長官
リーリウムたちの目的もちょっとわからなくなってきました。
グロッシュラーとリーリウムたちの本音はどうなのか、どちらにつくのかによって大きく状況が変わりそうです。


■まとめ
話がぐっと動いて面白くなってきましたねえ!
ここからそれぞれの本音がボロボロ出てきて事態がさらに動き出すのではないでしょうか……。

設定の裏は大体わかってきたと思うんですが、ここからどういう結末へ向かっていくのかまだわからないのが、ACCAは面白いアニメという証明ですよね。
最後のレビューを書くのが楽しみです!
それではまた来週サラダバー!

アニメ「リトルウィッチアカデミア 第7話」感想と考察 アーシュラ先生の本気!

アニメ「リトルウィッチアカデミア 第7話 オレンジサブマリナー」の記事だぞい!

今回は構造的にも参考になる作りをしていたので、ひっさびさに構造の話もしたいと思います!
それではあらすじどぞー(/・ω・)/


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
前回の泉での出来事をきっかけに、魔法に対してさらなるやる気をみなぎらせるアッコ。
しかしそのやる気は空回りし、指導役のアーシュラ先生は「次の試験の結果によっては処遇を考えなければいけない」と宣告される。

アーシュラ先生に教えてもらいながら魔法の練習をするアッコだったが、まったく上達しないまま試験を迎える。
案の定、散々な試験結果に。
次の試験の結果によっては“退学”と直接言われてしまい、困るアッコ。
しかし最後の試験の魔法哲学は、アッコの勘違いによりまったく良い結果を出すことができなかった。

退学をしまいと、金魚のパイシーズ先生にミネラルウォーターを与えるアッコ。
しかしそれは逆効果で、パイシーズ先生はぐったりしてしまう。
慌てたアッコはパイシーズ先生を下水に流してしまい、さらにパニックに。

ロッテとスーシィに協力をしてもらいながら、魚に変身して流されてしまったパイシーズ先生を探すアッコたち。
その最中、家族が密猟者に捕まって悲しんでいる魚を見つける。
アッコは放っておけないと魚の家族を探し、魔法を使って助け出すことに成功した。
結果アッコは試験に間に合わず、パイシーズ先生を危険に晒したことまでバレてしまうが、アッコの行動を見ていたパイシーズ先生は「アッコにAの成績を与える」という。
それでもアッコを責めるキツい先生だったが、「アツコは入学当初に比べて確実に成長している、私が評価する」とアーシュラ先生が食い下がる。
さらにアッコが助けた魚は絶滅危惧種で、環境団体から表彰したいという連絡が入った。
これには校長も納得し、アッコは退学を免れたのだった。


■構造解析
いやあ、終盤のアーシュラ先生良かったですね……自分も責められt(ry
余談はさておき、この構造とってもよく出てくるので説明します!

1.三角関係構造

AとBとCがいたとします。
AはBに迷惑をかけ、CはAを怒ります。
しかしAの良いところを見て、BがAを許します。
結果、Cがやられ役になりますね。
これ、どんな物語でも一回は出てくる関係性なんじゃないかってくらいよく見る構造ですよね。
キャラクター三人で良い話が書けるので覚えておくといいかもしれません!
俺も覚えておこう!

2.アーシュラ先生の本気!

前回の記事に書いたリクエストを聞いてくれたかのごとく、今回はアーシュラ先生の目が沢山見れましたね!
日高さんの声も素晴らしい……。
途中、アッコがアーシュラ先生に子供の頃の夢を訊ねるシーンがありましたけど、あれは伏線なんですかねー。
あの卒業生が載ってる本の中にシャリオは載ってないのかとかも気になりますね。


■まとめ
いやー、本当にテンポが良くて楽しいアニメです。
すんごい今更ですけど、リトルウィッチアカデミアはEDの入りがいいですよね。
あのトリガー爆発的なアニメーションも音楽も好きです。

そして気づいたらもう7話なんですねー。
そろそろなにか大きく話が動き出すのか、それとも終始日常アニメなのか……。

来週にも期待! サラダバー!

アニメ「カオスチャイルド 第6話」感想と考察 “妄想”の限界はどこか

■お知らせ
今回の記事より、アニメを作品別にカテゴリ分けし始めました!
カテゴリ一覧から作品ごとのレビュー記事を見ることができるので、過去のレビューも気になる方は是非ご覧ください!
(旬が過ぎたアニメは“2017年冬アニメ”のようなカテゴリを作ってまとめていきます)



アニメ「カオスチャイルド 第6話 侵した過去に間に合うために」の記事です!
「ご飯が美味しそうなアニメは名作」の法則にあやかりたかったのか、冒頭からこれでもかという美味しい食事描写がありましたが、肝心の本編の作画が若干不安定でしたね……。
という嫌なオタク的なツッコミはさて置き、早速あらすじを!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
青葉医院を訪ねる神成刑事と山添うき。
山添は青葉医院に住む結衣と同級生で、当時から姿がまったく変わっていないという。
一方、山添が妄想を具現化する能力を使って病院へとたどり着いていたことに焦りを感じる久野里。

新聞部の部室。パイロキネシストに襲われたことも引き合いに出し、次のターゲットは自分たちかもしれないと予想する拓留。
ニュージェネレーションの狂気の再来の際、近辺で連続放火事件があったことを思い出し、一連の事件の犯人はあの女の可能性もあると指摘した。
事件現場に南沢のIDカードが落ちていたことから、パイロキネシストは南沢泉理である可能性が高まる。

身の安全を確保するため、カフェに集まる一同。
しばし和気藹々とした会話をするが、渡されたメニューに力士シールが貼っており、それを見て錯乱する拓留。
パイロキネシストが襲ってくる妄想に取りつかれるが、様子を見に来た尾上に馬乗りになったところで正気に戻る。
興奮した拓留の目からは血が流れ出ていた。

青葉医院で診察を受けるが、拓留の目に異常はなかった。
事態を一同に説明する拓留。有村はそれを聞いてディソードを具現化させ、「パイロキネシストを殺す」と言う。
来栖と口論になるが、そんな中青葉医院にやってきたパイロキネシスト。
結衣の悲鳴を聞いて来栖たちが駆けつけるが、パイロキネシストの姿はすでになかった。
恐怖から暴走する有村と、それを止める拓留。
その時伊藤が突然スマートフォンを見せ、一同がニュージェネレーションの狂気の再来の日を乗り切ったことを知った。


■構造解析
うーん、今回見ながら色々と“妄想の限界”について考えていたのですが、それに関連してちょっとした仮説を閃いたんですよね。
いや、多分誰しもが思うことなんでしょうけど!

1.妄想の人物がいる可能性

ギガロマニアックスが妄想を現実にする力だとすれば、もちろん妄想の人物を実体化することもできそうですよね。
気になったのが、山添うきパイロキネシスト(南沢泉理?)の存在なんです。

山添うきの方は、結衣が「見た目が小学生の頃とまったく変わっていない」と言っていましたよね。
確かに女の子って見た目そんなに変わらないことありますけど、わざわざこう言っているということは、なにか裏があるはずなんです。
もし仮に資料を見た拓留、もしくは(ギガロマニアックスかはわからないが)結衣の妄想だとすれば、数年経っても姿がまったく変わっていないのも頷けますよね。

そしてパイロキネシストの方ですが、今回二回登場(?)するシーンがありましたよね。
しかしそのどちらも、はっきりと遭遇したとは言い難いのです。
一回目は拓留の妄想だったようですし、二回目も外に出てみたら誰もいませんでしたし。
彼女はもしかしたら来栖の言うように亡くなっていて、何者かの妄想によって作り出されたものなのかも……と思ったりしていました。


2.拓留にメニューを渡した尾上

そして個人的になんですが、やっぱり尾上がなにか怪しい気がします。
拓留がなにかに巻き込まれたり異常を来す際には、尾上がトリガーになってることが多い気がするんですよね。
今回も拓留にメニューを渡したのは尾上で、そのメニューに力士シールが貼ってありました。
もし黒幕がいるとすれば、今のところ自分は尾上が一番怪しいのではないかと疑っています。

■まとめ
いやしかし、やっぱりこれ以前コメントでいただいたようにゲームからやるべきだったかもしれませんね……。
あまり批判的なことは書きたくないのですが、どうもアニメ化するためにかなり無理をしている感を端々に感じてしまいます。
アニメはなんとなく見流して、ゲーム本編を楽しみにするのが吉かもしれませんね。

とはいえ最後まで見てみなければわからない!
というわけでまた来週サラダバー!

アニメ「ACCA13区監察課 第6話」感想と考察 みんな怪しくなってきた

アニメ「ACCA13区監察課 第6話 線路と誇りの向かう先」の記事です!
これまで当ブログで言ってきたトンデモ論に、まさかの裏付けっぽい描写がありましたね!
一方で、実は良い奴のはずと前回語ったグロッシュラーですが、こっちは若干信憑性がなくなりました……。

なにが起きたのか、あらすじをおさらいしましょう!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
アバンでジーンの回想。
ジーンは幼い頃、列車事故で両親を失っていた。

ロックス区。休暇中のグロッシュラーの元へやってきたジーン。
最初はモーヴの話題を振るが、ジーンを監視していた人物についても触れる。
「ただあいつはよくわからないやつだから、噓の報告をすることもあるかも」と、グロッシュラーを気遣う姿勢すら見せた。
当時ロックス区の支部長だったグロッシュラーは、ジーンの両親が被害にあった電車事故を受け、国鉄をACCA傘下に加えることで、列車事故を大幅に減らした。
そのことにジーンは感謝しているようだった。
「ACCAはより良い国を作るためにある」というグロッシュラーの言葉に、モーヴもジーンも共感していた。
ジーンは自分の現状と思いを素直に告げ、「自分はクーデターに関わりないし、あなたも関わりないと思っている」と言って去っていく。
残されたグロッシュラーは一人、「甘いな」とつぶやいた。

バードン区に戻ったジーンは、モーヴに「案外君は役に立たんな」と言われ、やけ酒をする。

翌日二日酔いに苦しみながら出勤すると、ACCAでは新年のカウントダウンが話題になっていた。
ジーンの住むマンションのエントランスホールでもカウントダウンイベントがあることを知った職員一同は、乗り込むことを決める。
ロッタのストーカーがいたり、ニーノが盗撮をしたりしていた。
その頃モーヴは、「私が動かなければな」と一人つぶやいた。

コロレー区時代からの部下に、独自に調査をさせるモーヴ。
調査結果を受け、「クーデターが動き出すかは王室次第だろう」と予想する。

一方でリーリウムとグロッシュラーのバトル。
ジーンに監視役のことを漏らしたことを責めるグロッシュラーだったが、リーリウムは情報を開示すべきだと求めた。

ハレ区に視察にやってきたジーンは、区長たちに酒を飲ませて断片的な情報を得るが、パン屋にモーヴが現れることはなかった。

そして王室。
シュヴァーン王子が肖像画を飾りたいと肖像の間へと入室する。
肖像の間には、金髪の少女の絵が飾られていた。
シュヴァーンはその隣に、自分の肖像画を飾るように命じる。


■構造解析
あれ、なんかジーンが若干空気になってきたぞ……何回か前の記事では「ジーンは気づいてる(キリッ」みたいなことを言ってしまったのに……。
ジーン以外の登場人物が、なにやら重要っぽいワードやシーンを連発しましたね。
ピックアップします!

1.ACCAはより良い国を作るためにある

このグロッシュラーの発言。そして「甘いな」という発言。
これでもう、グロッシュラーの目的ははっきりしたような気がします。
以前の記事でも語った気がしますが、“より良い国を作るためにクーデターを起こす”ことこそがグロッシュラーの目的でしょう。
これはもう良い奴とか悪い奴とかそういう話ではないのです。“正義はどこにあるのか”という問題になってきます。
国を良くするために必要な悪もあるのかもしれないわけですね。

2.クーデターが動き出すかは王室次第だろう

モーヴのこの発言も、上の説を裏付けています。
これまで話にあったように、もしもシュヴァーンが王になるようなことがあれば、グロッシュラーはクーデターを起こすのでしょう。
そしてもしかしたら王政を廃し、ACCAによる完全な統治を狙っているのかもしれません。

3.肖像の間に飾られていた絵

そして最後、肖像の間の絵を見た時思わず「あっ」と声が出てしまいました。
金髪の女の子の絵が飾られていましたね。そして王はその絵の前によく座っているとシュヴァーンが語っていました。
おそらくあれ、ジーンやロッタのお母さんなのではないでしょうか。
シュヴァーン王子と王の関係が説明されたかどうか正直覚えていないのですが、少なくとも親子ではなく孫かひ孫だと思うので、間に娘か息子がいるはずなんですよね。
つまり、シュヴァーンはジーンやロッタのいとこなのではないでしょうか。
そして王室側がクーデターを察知しているとすれば、シュヴァーンではなくやはりジーンを王にすることでクーデターを回避しようとする可能性も……あるのかなぁ……。


■まとめ
なんか凄く真実に近いところまで来ている気がするんですよ。
でもなんかこういまいちバチーンとはハマらないというか……。
いやでも全部当ててしまったらそれはそれでつまらないんですけどね(´・ω・`)

とにかく本当に考察が楽しいアニメです!
次週も楽しみにしつつサラダバー!

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー