暦史書管理機構COMITIA122参加情報! 新刊「GENE:R214 - この世の終わりの旅人」もチラ見せ!

2nKnSlHx.jpg

こんばんはこんにちはおはようございます!
暦史書管理機構の志室幸太郎です!

大変久しぶりの記事となってしまいました!
私情で申し訳ないのですが、仕事が忙しくなりアニメを毎週レビューすることが難しい状況です。
そのため、今後はこうして時折コロンシリーズの情報を出したり、映画やニュースについて気が向いたら語るくらいのペースでやらせていただこうと思います。
良かったら半年に一回くらい覗いてくれると嬉しいです!
では本題のコミティア122参加情報です!

念のため、シェアワールド創作企画“コロンシリーズ”について説明させていただきます!(コピペ)
クトゥルフ神話やSCPのようなシェアワールドに近いもので、「同じ世界の出来事や人物を記録するという体で創作をする」という企画です。
コロンシリーズは作品内に「歴史の真実を記した書籍群」として登場しており、そのコロンシリーズを記す“コロニスト”と呼ばれる人たちによって構成される組織が“暦史書管理機構”なのです。

それでは、まずはコミティア122の日程や配置を紹介します!


■COMITIA122
20171022_191112_HDR.jpg
日程:2017年11月23日(木祝)11:00~16:00
場所:有明・東京ビッグサイト東4・5・6ホール
配置:こ43b

秋のコミティアではサークル参加者が最多とのことです。
今回は若干場所がわかりづらいかもしれませんが、気が向いたらいじりに来てくださいね!
そして新刊情報です!
今回はこれまでの作品とは一線を画す、新しい試みに挑戦しています!


■新刊情報
告知用1 

宣伝用2

1508668263873.jpg

・「GENE:R214 - この世の終わりの旅人」

知的生命体が消え去った星に、一隻のシップが着陸する。
一人惑星探査を行うジーン・フラニスケイルは、その星を「試作惑星E型一号」と呼んだ。
ジーンは滅びた星を探索する中で、ある“違和感”を覚える。
そしてその星の地下深くで、ジーンが発見したものは――。

今作はこれまでのような小説ではなく、画像+文章のビジュアルノベル的な本となっております!
まだ完成には程遠い状況で冷や汗をかいておりますが、順次進捗状況をツイッター等で報告したいと思います!

※暦史書管理機構の体制変更に伴い、これまで頒布してきた作品の販売を一時停止させていただきます。申し訳ありません。


■まとめ
今回お知らせできる情報は以上となりますが、中の人の頑張り次第ではもう一冊新刊を用意できるはずです!
いや、用意してみせます!!

目途がつき次第、こちらも次の記事で紹介させていただきますので、よろしくお願いいたします!

それではサラダバー!



スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー