アニメ「正解するカド 第8話 タルネル」感想と考察 ザシュニナの決定的な変化

thumb_ep8_02.jpg 
© TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

アニメ「正解するカド 第8話 タルネル」の記事なんですが……。
俺はなにもわかっていなかった……。
なぜこんな重大なことに気づけなかったんでしょう。
とりあえずあらすじです。


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
サンサを見せるかどうかについて議論する言野たち。
ザシュニナの力を借りて外部と連絡を取り、SETTENのCEOアダムに相談する言野。
反対する社員に対しアダムが言野に意見を求めると、「流すべきだと思う」と即答する。
言野の意見に納得したアダムは、サンサを全世界に同時配信することを決定した。

一日だけ真道を借りたいという徭。真道と交渉を試みようとする。
悩む夏目だったが、花森が「自分がなんとかする」と許可した。
待ち合わせ場所にやってきた真道は、予想斜め上のダサさのTシャツで待っていた徭に若干引く。
徭は真道を実家に連れて帰った。完全に結婚の挨拶。
しかし本来の目的は、徭の父親の彫金を見せることだった。徭の家は飾り金具の職人の家系らしい。
水族館など、徭が生きてきた道を辿りながら「自然が自然に発生した奇跡」について語る徭。
ワムやサンサは利益を生み出すが、利益がすべてではない。
この宇宙は異方のものではなく、この宇宙に存在する我々の物である。
それゆえに、異方から来たザシュニナによって壊されたくないと真道を説得する。

一方、SETTENは着々とサンサ世界中継の準備を進める。
「我々は急ぎすぎなんでしょうか」という言野の質問に、アダムは「両方試したい。今はアクセルを踏む時だ」と答えた。
首相も「サンサの放送を止めるつもりはない」と言う。
しかし首相は真道の自由な一面を買っており、「思うようにやってみろ、真道」と告げた。

そしてついに、SETTENによる特別番組が始まる。
テレビに出演するザシュニナ。言野が「人類に伝えたいことは?」と質問。
ザシュニナはサンサの説明をした上で、サンサを公開する。人類は異方の感覚を身につけた。

徭の説得もあり、迷いが生じ始めた真道。
酒を持ち、ザシュニナと話をしてくるとカドの中へ入る。


■構造解析
いやあ、ニュース番組風の演出面白かったですね。最初の注意テロップでぎょっとしました。
その後もザシュニナのコメントに合わせてテロップが変わったりと、芸が細かい。
それにしても皆さん、気づきましたか。ザシュニナの決定的な変化に。
語っていきます。

1.徭ちゃんとデート

とその前に徭ちゃんとラブコメしやがって真道め!
前回も徭ちゃんの服装の個性に触れていますが、あの「くり」Tシャツは予想斜め上のダサさでした。(白目)
間違っても商品化しちゃダメだからな! 絶対ダメだからな!
服のセンスはさておき、徭ちゃん良いこと言ってましたね。
この宇宙はあくまでこの宇宙に住む者たちのものであり、他人に口出しされたくはないという気持ち。
5話の記事で小賢しい理屈を並べましたが、徭ちゃんのような純粋な気持ちももちろん大事だと思うのです。あれは職人気質の人間を傍で見てきたからこその感覚でしょうね。
前回の記事の予想通りこのデートは徭ちゃんの交渉だったわけですが、真道も揺れ始めたようですし、交渉成功といったところでしょうか。
しかし、少し手遅れだったのかもしれません……。

2.ザシュニナの決定的な変化

タイトルにも挙げたザシュニナの決定的な変化。皆さんわかりましたか?
そう、ザシュニナの喋り方、一気に人間らしくなりましたよね。
前回の祭りの時から予兆はあったのかもしれませんが、今回からはっきりと優しく、艶っぽい喋り方になっているんです。(もしかしたら一話から少しずつ少しずつ変化を出していたのかも……声優さん凄い)
これがどういうことかというと、ザシュニナは人類を推進すると同時に、人類と接触することで人間らしさを身につけていっているわけです。
つまり、“人間の醜さずる賢さも、身につけてしまっているのではないでしょうか……なぜ気づかなかった……。
最初は純粋に人類を推進しようとしていたザシュニナですが、人類と接触したことで欲望が生まれていたりする場合、今後のザシュニナの行動指針も変わってしまっているのかも。
嫌な予感しかしないと思っていたら、次回予告で徭ちゃんも「嫌な予感がする」と言っていました。
しかし人類はもうザシュニナによる恩恵をかなり受けてしまっています。
果たして後戻りできるのか! どうなる人類!


■まとめ
欲望を知ってしまったザシュニナとか薄い本が厚くなりそうだなぁ。(遠い目)

いや真面目な話、人間って罪深い……。
まだ怪しげな雰囲気を出して「実は大丈夫でしたー!」っていう演出の可能性もあるにはあるんですけど、純粋なザシュニナは本やスマホでいけないことを色々知ってしまったんでしょうね。
徭ちゃんが序盤に「人間は複雑ですから」って言ってましたけど、人間のような複雑さを身につけた存在がオーバーテクノロジーを持っている状態……宇宙が滅んでもおかしくない。(戦慄)

十中八九ザシュニナは暴走するでしょう。そしてそこで光るのが、真道の交渉になるのかもしれませんね。
いや本当に、個人的には圧倒的な今期の覇権アニメなんですが……。
売れるかなぁ……。サラダバー……。

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー