アニメ「正解するカド 第10話 トワノサキワ’」直前予想! さらなる黒幕の可能性

thumb_ep10_02.jpg
© TOEI ANIMATION,KINOSHITA GROUP,TOEI

_人人人人人人人_
> 突然の更新 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^

今回は新しい試みとして、放送直前の展開予想記事を書いてみようと思います!
というのも、この前寝ようと思って布団に入り、ベストな入眠体勢を模索してもぞもぞしていたのですが……。
その時、「あれ、もしかして……」とあることに思い至りました。


※以下、予想が的中した場合初見時の新鮮味を損なう可能性があります。ご注意ください。


■直前予想

1.冒頭のナレーション

毎回冒頭、良い声でこれまでのあらすじを語ってくれるのは、俳優でもある上川隆也さん。
上川さんと言えば、当ブログでも度々取り上げている天元突破グレンラガンでも“アンチスパイラル”といういわゆるラスボスを演じています。
そういうことなんじゃないですかね!!
ザシュニナもサラカも、それぞれ単なる異方存在であるらしいですよね。ザシュニナ自身も神様ではないと言っていました。
そう、まだ彼らの上にある存在があるんです。それが“ノヴォ”なのではないでしょうか。

なぜこんなことを思ったかと言うと、(一番はアンチスパイラルを思い出したからなのですが)すでに人類はザシュニナの介入によって様々な恩恵を受けたわけです。
アニメがこれから結末へ収束していくとして、そのままの状態で終わるとは考えにくいんですよね。
10話ではザシュニナとサラカがバトルするような展開になるようですが、単純にサラカが負けて終わるor真道が交渉し始めるでも良いと思うんですけど、さらに上の存在の登場による喧嘩両成敗+リセットという展開もあり得るのではないかなと……。
そして我々の生きるこの世界こそ、ノヴォによってリセットされたカドの来ない世界線なのかもしれない……。


■まとめ
またも胡散臭いトンデモ記事を書いてしまった……。
でもあの上川さんを、冒頭のナレーションだけに使うとは思えなくないですか?
この演出は度々アニメで使われているものですし、一つの予想として語らせていただきました!

あとタイトルについているアポストロフィーもちょっと気になりますよね。
これは単純に「永遠の先は(ry」ということだと思うので、やはり本当に重要なことが語られるのは最終話なのでしょう。
人間は無限のエネルギーや疲れない身体、さらにもしかしたら宇宙の設定をいじれるチートアイテムまで手に入れて、どうなっていくのでしょうか……。

また10話を見たあとに会おう! サラダバ!

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

志室幸太郎

Author:志室幸太郎
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@shimuro_1129s

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー