ゲーム「ポケットモンスター サンムーン」物語構造における“リーリエ”の重要性

アローラ!
というわけで(?)今回解析するのはゲーム「ポケットモンスター サンムーン」です!



はかいこうせん!(精神的な意味で

最近じゃポケモンのストーリーはチュートリアルなんて言われてますが、今作は演出にもかなり力が入っていて、RPGとしてのやり応えもとてもありました。
中でもリーリエというキャラクターが本当にかわいい非常に重要な役割を担っていたので、今回はキャラクターについてあれこれ考えてみますリーリエかわいい。


※以下ネタバレが含まれます、未プレイの方はご注意ください。
















■おおまかなあらすじ
母とニャースと一緒にアローラ地方へと引っ越してきた主人公。
半裸の白衣の男ククイ博士に連れられ、“しまキング”へ会いに行く。
しまキングを探している最中、金髪の少女リーリエと、オニスズメに襲われる謎のポケモン“ほしぐもちゃん”に遭遇する。
まだポケモンを持っていなかった主人公だが、身を挺してほしぐもちゃんを守った。
その時、ほしぐもちゃんの謎の力が発動し、主人公は橋から落ちてしまう。
そこに現れたのが、島の守り神と言われるポケモン“カプ・コケコ”。
主人公を助け、その際に“Zクリスタル”という石を託す。

その後主人公はしまキングからポケモンを授かり、“島巡り”という試練の旅に出る。
ライバルであるハウやグラジオとの出会い。ぬしポケモンや各島のトレーナーとの闘い。ちょいちょい現れるスカル団への対応。リーリエのベッドでハスハス。エーテル財団の闇を暴くなど、大活躍の主人公。

物語の中でエーテル財団代表ルザミーネ(40代)とリーリエ、グラジオが親子であることが明らかに。
リーリエたちはルザミーネのポケモンへの歪んだ愛を止めるべく奮闘し、進化したほしぐもちゃんの力でなんと異次元まで行ってしまう。
ぷんすか怒るリーリエとルザミーネの親子喧嘩の末、ルザミーネはウルトラビーストと呼ばれる異次元のポケモンと融合する。
戦闘担当の主人公がルザミーネを撃破。異次元から脱出し、親子喧嘩もひとまず収束。
伝説のポケモンとなったほしぐもちゃんを主人公に託し、リーリエはその場をあとにした。

そして主人公を待っていたのはポケモンリーグ。
四天王との闘いの後、なんとククイ博士がラスボスとして登場。(かいふくのくすり連打辛い)
ククイ博士を倒し、アローラの初代チャンピオンとなった主人公。

祝いの宴もあり、ハッピーエンド! と思いきや……。

翌日、ウルトラビーストと融合したルザミーネの治療のためにカントーへ行く船に乗るリーリエ。
別れを惜しむハウと主人公だったが、リーリエはピッピにんぎょうを主人公に託し、旅立っていった。

■構造解析
うわあああリーリエがもういないなんてええええ……。
という心の叫びは置いておいて……。

今作、主人公は自分でキャラメイクができますね。これはXYにもあったシステムのようなのですが、やはり自分好みのキャラクターで遊べるというのはモチベーションアップに繋がるものです。
しかし、ポケモンの主人公というのは代々無個性なものでした。
主人公はあくまでプレイヤーですから、個性をつけてしまうと「僕、私の主人公像はこんなのじゃない!」という子も出てきてしまうんですね。
時代の流れでキャラクターが3Dになり、しかも自分好みに着せ替えられるようになると、この“無個性な主人公”が若干ネックになってしまいます。
ゲームの表現が豊かになることで、主人公の無個性が悪い方向に際立ってしまうのです。
「見た目は思い通りになったけど、なんか無口でつまらない……」という意見も出てしまうでしょう。

そこでリーリエです。
物語を面白くする上で、リーリエにはいくつもの重要な効果があります。
それぞれ解析していきますね。

1.主人公の引き立て役
こう表現すると主人公がめっちゃ悪い人みたいですが、これはあくまで相対的に見た場合の話です。
リーリエはまだトレーナーではないので、ポケモンを戦わせることができません。
そのため、リーリエのピンチには必ず主人公が駆けつけます。要はお姫様ポジションですね。
ヒーローはヒロインを守ってこそ輝くものですから、主人公の庇護の対象となるリーリエの存在は欠かせません。

2.主人公の代わりに成長してくれる
主人公は最初から有能ポジションで、ばったばったと島のトレーナーたちを倒していく凄いやつです。
しかしだからこそ、主人公の成長は描きづらくなっています。成長するのはポケモンの方ですからね。
そこで、主人公に代わってリーリエの精神的成長を描くことで、盛り上がり曲線がぐぐっと右肩上がりになるわけですね。
最初は帽子をかぶって、なんとも言えない不安そうな表情をしていたリーリエ。
中盤での変身っぷりに「Oh……」と思った人も多いはず。
リーリエはただのヒロインではなく、まさにもう一人の主人公でした。
ロックマンで言うところのゼロとエックスの関係ですね。(わかる人はわかる

3.別れによる感動
それなのにそれなのに!
リーリエはアローラを去ってしまうのです……ここまで感情移入させておいてですよ……。
酷く無粋な表現ですが、演出的な意味でも本当にこうかはばつぐんでした。
この結末はある種のストレスをプレイヤーに与えるのですが、やはり良い物語には多少の負荷が必要で、それによって心に良くも悪くも残るのです。
まさかポケモンでここまでの喪失感を味わうことになるとは……。
情報量も多すぎず少なすぎない娯楽としてベストなボリュームで、本当に見事な物語でした。

■まとめ
ポケモンはただの子供向け作品ではなく、ちゃんと大人になっても楽しめる要素もあるのが本当に素晴らしいと思います。
物語はもちろんですが、生きていく上で大切な哲学のようなものも散りばめられていますよね。
今回は異次元へ行ったりと、SF要素もあったりして大満足でした。
正直自分のポケモン歴はサファイア・ルビーで一度止まり、ORASで復帰したので、BWやBW2、XYも良いストーリーだったらしく気になっています……。
もし時間ができたら未プレイの作品もやってみようと思います!

まだ対戦用のポケモンを育てていないんですが、満足できるパーティができたら対戦相手募集しますね!
それでは今日はこの辺で! アローラ!

コメント

無言でありながら、ロケット団を壊滅させ、数々の伝説ポケモンを捕まえ、凄まじい速さでカントーチャンピオンとなったレッド。金銀で戦った彼との無言の戦いから高揚感を得ていたのは私だけでしょうか。
キャラメイクもいいですが、やはり主人公は決められた造形を持っていてほしい。ロマンのために。

ごもっとも!

本当におっしゃる通りだと思います。
自分も赤緑→金銀をリアルタイムに体験した世代ですが、金銀のシロガネ山での戦いは幼いながらに燃えました。
しかし時代の流れか、悲しいことに現代のコンテンツであの尖った表現をするのは難しくなっているのだと思います。
「極力ストレスフリーに」という風潮からか、今作も非常にコミカルなタッチになっていますしね。
本当に個人的なことを言わせてもらえば、この風潮は唾棄すべきものだと思っています。
今作は今作で非常に面白かったのですが、あの頃のような鳥肌が立つ体験をまたしたいですね。
非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

志室幸太郎

Author:志室幸太郎
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@shimuro_1129s

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー