アニメ「Re:CREATORS 第20話」感想と考察 ついに再会の時、しかし……


story_20_03.jpg 
© 2017 広江礼威/小学館・アニプレックス

アニメ「Re:CREATORS 第20話 残響が消えるその前に」の記事です!
終盤も終盤ということもあって、隠されていたとっておきがどんどん出てきましたね……。
そして今回のラストでは以前から予想していたあの展開も実現しました。

しかし颯太君、ここからどうするんだ……!?

とりあえずあらすじをどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
カロンと共に爆発四散したセレジア。
怒りを露にする弥勒寺に、アルタイルは「余韻を楽しみたまえ」と言い捨てる。
「あなたのような人は許せない!」と、新たな技を繰り出すひかゆ。
しかしアルタイルはそれをあっさりと無効化する。
なんとアルタイルは、能力によってひかゆに追加された設定を初期状態へと引き戻した。
弥勒寺も氷柱を伝って攻撃し、「なぜ俺たちを消さない」と問うが、アルタイルはそれをしない。
アルタイルは最早、鳥籠の状況を逆手に取り、自身の承認力を上げるための舞台に仕立て上げていた。

裏ではその状況を把握した上で、松原は「奥の手を使う時が来た」と呟く。
菊地原は「SIの現界を開始する」と宣言。
ギガスマキナの機能を利用し、メテオラは詠唱を開始する。

突如、アルタイルを光弾が襲う。
現界したのはシリウス。アルタイルのコピーだった。
シリウスはアルタイルと同等の力を持っており、二人の攻撃がぶつかり合う。
そしてシリウスは、アルタイルを消し去った。

しかしそれでも、アルタイルは再び姿を現す。
剣を交え合うシリウスとアルタイル。
ホロプシコンを駆使し、シリウスはアルタイルを乗っ取ろうと試みる。
爆発が起こり、その跡には気を失ったシリウスのみが残されていた。
アルタイルの実存係数はほぼなくなり、作戦は成功したようだった。
松原は「このためだけにあんなキャラを作っちまった」と悔いていた。
作戦終了ムードが漂う中、シリウスは残されていたアルタイルの帽子を被る。
そして、サーベルが弥勒寺を貫いた。
アルタイルは、逆にシリウスを乗っ取ったのだった。
急造されたシリウスはアルタイルに比べて情報量が少なく、隙が存在した。
アルタイルは松原が考えていた以上に、二次創作として愛されていた。

翔はアルタイルに立ち向かうものの、今度は「設定をなかったことにする能力」が発動。翔の能力が消し去られる。
「観客たちはアルタイル無双を望んでいる」とまで言い放った。
ひかゆは「みんなが選んだ主人公は私たちじゃない。あなたなのよ」と涙を流す。

そんな中、本部に颯太が駆け込んだ。
そして「現界してください」と叫ぶ。
中乃鐘たちが反対する中、松原は「逆に面白い」とそれを支持。
「最後の藁の一掴み。この術式が発動してもダメだったらどうしようもない」とメテオラは詠唱を開始。最後の現界が始まる。
しかし、承認力が足りず現界する力を持ち得ていなかった。

だがその裏で、築城院があの言葉をつぶやいた。
それによって現界は成功する。

現れたのは、シマザキセツナが身を投げた駅のホームだった。
そこに降りてくるセツナ。ついに颯太と再会する。


■構造解析
いやもう色々と唖然ですよね……。
語りたいことは二つあります。

1.二次創作の強さ

ちょっと脱線しますが、これはアルタイルに限らず現実世界でも言えることですよね。
アニメや漫画の制作会社の方針って、二次創作を禁止するタイプと自由にさせるタイプがいるじゃないですか。
あれって絶対後者の方が長期的に見て良い効果ありますよね。
二次創作って、言ってしまえばノーコストで消費者が勝手にやってくれるプロモーションなんですもの。
最近じゃFateなんかが本当に良い例ですよね。
最初の作品が発表されてからもう10年以上経ちますが、未だに人気なコンテンツでいられるのは二次創作の盛り上がりあってこそだと思います。
多少公式作品の新作までに期間が空いたとしても、忘れられることがありませんから。
このことがまさしく、アルタイルの能力が際限なく追加されていった要因でしょうね……。
急ごしらえのコピーキャラじゃ勝てなくて当然です。

2.セツナとの対面

そんなアルタイルに対抗すべく、颯太君が考えたであろう切り札が現界されました。
以前からなんとなく予想していた通り、シマザキセツナが登場しましたね。
しかしまさかあの駅のホームまで再現するとは……。
ただ、この展開は予想はしていたものの、問題は今後どうなるかですよね。
なんかこう、王道的には颯太君もセツナも救われる展開が欲しいんですけど、キャラクターとして現界したセツナはただのキャラクターなわけで……。
もしもそのキャラクターのセツナにアルタイルを説得させたり、許す感じのことを言って颯太君が救われたりしても、そんなのシリウス以上に都合良すぎな展開じゃないですか?
この部分をすっきり解決してくれるのかが個人的に肝ですね……。
もうなんならセツナちゃんに生き返ってほしいです(暴言)。


■まとめ
あともう一つ気になるのが、アルタイルをもし倒すことができたとしたら、現界している被造物たちはどうなってしまうのかという点ですよね……。
十中八九元の世界に戻ってしまうとは思うんですが、無限大な夢のあとのやるせない世の中を颯太君はどうやって生きていくのか……。
ハッピーエンドが待っているといいですね……サラダバ……。

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー