2016年12月、Googleアドセンスの審査に一発で合格したシナリオ

さて、今日の記事は若干生々しい話になっております。
不快に思う方はここでブラウザバック推奨です!

皆さんお気づきかと思いますが、当ブログに広告が表示されるようになりました。
先日Googleアドセンスの審査に無事合格したのです。
色々下調べしていると「5回落ちた」とか「一度落ちたら2週間は再審査を待った方がいい」という記事を見かけていたので、春までに合格できればいいかなーと思っていたのですが……。
自分のように初めて本格的なブログを始めた人でも、どうやら傾向と対策をしっかりしておけばそこまで合格は難しくないようです。

以前の記事でマネタイズ(無料で提供するコンテンツから利益を生み出す方法)という単語をちらっと使いましたね。
広告収入は低コストで始められるマネタイズの手段の一つです。
今後自身で収益を得られるようになりたいと思っている人のために、参考までに自分が合格のためにしておいたいくつかのことを紹介します。

■Googleアドセンスの審査に合格するために必要な3つのこと

1.独自ドメインを持ったウェブサイト

まず前提としてしなければいけないのが、独自ドメインを持ったウェブサイトの用意です。
これは普通のホームページでもいいのですが、コンテンツを充実させやすいのでやはりブログがおすすめです。
自分が利用しているFC2は独自ドメインも一緒に管理できるので、個人的にはこちらもおすすめ。
ただし、年間数千円の料金が発生します。今のところこの料金を回収するのが目標ですね。

2.ある程度の記事と、審査中の毎日更新

下調べをしている時に「最低でも10~20記事を用意」と書いているブロガーの方が多かったのですが、中には「5記事の時点で申し込んで一発合格」という方もいたので、自分もそっちの可能性にかけてみました。
12月4日。5記事を用意し、審査を申し込みました。審査中は毎日更新。
審査は最大3日とのことでしたが、自分の場合は16日かかりました。
おそらくなのですが、16日目は20記事に達していたわけですから、やはり合計20記事は必要なのではないかと思います。(20記事に達するか待たれていた気もする)
そして重要なのが、記事の内容です。
日常を綴った日記などではなく、極力読者の役に立つ情報を発信する必要があるようです。
自分も「創作に役立つように」という点を前面に出して記事を書いていました。

3.プライバシーポリシーの設置

ほとんどの方が気づいていないかもしれませんが、右下にプライバシーポリシーというリンクがあります。
Googleアドセンスの広告は、読者さんのCookie(検索したりしたものの情報)を利用して最適な広告を表示するので、その情報を利用しますよーということを宣言しておかなければいけません。
また、その情報を利用されたくない場合は無効にする方法もあるという点も書くとベターのようです。

■まとめ
この3点さえクリアできれば、おそらく問題なく審査に合格できると思います。
しかし本番はここからで、収益を上げられるようになるかはコンテンツの質次第なのです。
自分もまだまだなのですが、いつか運営している企画の製本代金くらいはまかなえるように頑張りたいと思います。

この情報がお役に立てれば幸いです! それではサラダバー!

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー