キノの旅シリーズ第一回「人の痛みが分かる国」“短編は途中から始まる”

さて、今回は以前告知していた「キノの旅」の一話ごとの解析を行っていきます!
キノの旅の総括的な解析はこちらをご覧いただくとして、今回はキノの旅第一巻の第一話「人の痛みが分かる国」を取り上げますね。

まずはあらすじをご覧ください。


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください。


■おおまかなあらすじ
旅人キノと、喋るモトラド(注・二輪車。空を飛ばないものだけを指す)エルメスは、ある国に入国した。
そこには誰もいなかった。入国もレストランの調理や給仕も、すべて自動機械が行っている。
不思議に思ったキノたちは、翌日“居住エリア”へと向かう。

ほとんどが森の居住エリアには、家が点在しているもののやはり人の姿はない。
エルメスを走らせているとあっという間に居住エリアを抜け、ビルが立ち並ぶ中枢エリアへと出てしまった。
キノはビルの展望台から狙撃用スコープを使って森の中の家を覗き見る。
すると、やはり人が生活しているようだった。

翌朝、キノが出国しようと居住エリアを抜けるためにエルメスを走らせていると、ようやく一人の人を見かけることができた。
キノが挨拶をすると、その男は酷く驚く。そしてこう言った。
「君達、私の思っていることがわからないのか?」

その後、キノはお茶を飲みながら、この国になにが起こったのかを聞いた。男の話はこうだった。
“人の痛みを理解する”ために、お互いの思っていることがテレパシーのようにわかる薬が開発された。
当初は目論見通り、相手の痛みや心地良さを理解することで、コミュニケーションは円滑になった。
しかし、その薬は普段隠している悪い感情も伝えてしまう。
それが原因で国民は人と会うことを恐れ、薬の効果が及ばない一定距離を開けて暮らすことになったのだという。

男は久しぶりに心を読まずに済む相手に出会えた嬉しさから、「ここで一緒に暮らさないか」とキノに提案するが、キノは旅を続けると告げて国を去っていった。


■構造解析
うーん、最初に読んだのはもう10年以上前なんですが、今読んでも面白いですね。
キノの旅は時雨沢恵一さんのデビュー作なのですが、この話からはそうとは思えない物書きとしてのバランスの良さを感じます。
いくつかのポイントに分けて解析していきましょう。

1.短編は途中から始まる

自分が小説を書き始めた頃、短編を書く時によくやってしまいがちだったのが、物語の最初の最初から始めてしまうことです。
短編というのは、その名の通り短いお話です。
にもかかわらず最初からお話を始めてしまうと、大部分が冒頭の説明に取られてしまって、内容がないまま終わるか短編ではなくなってしまうんですね。
時雨沢さんはその辺がとても良くわかっていて、いきなりなんの説明もなくキノが旅をしているところから始まるのです。
それどころか、さも当然のごとく喋るバイクが出てくるんです。絶対印象に残りますよね。
短編の瞬発力を感じさせる模範的な第一話でした。

2.寓話的な題材

そして、キノの旅はインパクトだけでは終わりません。
その題材は極めて寓話的(教訓的なお話)であることが多いです。
今回も、誰でも一度は思う「人の心が読めたら」という願望を叶えた上で、それが持つ良い部分と悪い部分を現実的に提示しています。
キノの旅の冒頭のページに書かれた「世界は美しくなんかない。そしてそれ故に美しい」という一文を如実に体現していますよね。
以前の記事でも触れましたが、この毒にも薬にもなる部分が根強いファンを獲得できた要因の一つなのでしょう。


■まとめ
というわけで、一巻第一話「人の痛みが分かる国」の解析でした!
こういうインパクトのある話も多いのですが、キノの旅一巻にはしっかり“キノの始まり”に触れるお話も含まれており、一巻という役割をこれでもかと果たした一冊になっています。
順を追って解析していきますので、お楽しみに!

それでは今日はこの辺で! サラダバー!

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

志室幸太郎

Author:志室幸太郎
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@shimuro_1129s

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー