アニメ「リトルウィッチアカデミア 第3話 Don't stop me now」感想と考察 豪華スタッフによる安定の面白さ

はい、リトルウィッチアカデミア第3話です!

最近身内の中で「作画凄いけどなんか違う」的な感じで某アニメが話題になっていました。
自分も第五回京都アニメーション大賞「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のCMを見て思っていたのですが、“アニメーションはとにかくぬるぬる動けばいいの?”という疑問ありませんか?
確かに動くアニメは見ていて楽しいですが、終始ぬるぬる動きっぱなしでは見ている方も傷食してしまいますよね。
これまた身内のアニメーションに詳しい子が「アニメは静と動のメリハリが大事」みたいなことを言っていたのですが、本当にその通りだと思います。

その点、リトルウィッチアカデミアはわかっています。
コメディタッチのシーンでは、キャラクターを容赦なく止めたりカクカク動かしたりして、シュールな笑いを生み出す。
アクションシーンでは、これでもかという勢いのある“ガイナックス魂(そんなものがあるかはわからないが)”を感じさせる動画で「おおっ」と思わせてくれる。
この静と動のメリハリが素晴らしかったので、今回も30分があっという間でした。

それもそのはず、絵コンテがあの摩砂雪さん!
ガイナックスの黄金期を支えた歴戦のアニメーターさんによる演出ですから、そりゃ面白くて当然ですよね。
あのアニメーションだけでも充分に見る価値がありますよ!

と、アニメーションの話だけでこれだけ語ってしまいましたが、一応本編にも触れますよ!
あらすじをどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ(見た人はスルー推奨)
箒の授業が始まったルーナノヴァ魔法学校。
アッコは幼い頃から箒に乗る練習をしては生傷を作っていたほどに楽しみだったようで、いつものように気合たっぷりで授業に臨む。
しかし教えられた通りにやっても、箒は一切空を飛んではくれなかった。
消沈するアッコだったが、“ルーナノヴァ杯箒リレー”にシャイニィシャリオが参加していたということを知り、より一層箒に乗りたいという思いに火が点いたアッコだった。

修理に出していた箒を取りにいくロッテとともに魔道具カフェを訪れるアッコ。
そこには怪しげな薬に紛れて、伝説の箒“流星丸”が封印されていた。
その箒には魔法が込められており、魔女が落ちてしまっても気づかずに飛び続けるという。
アッコはその放棄を欲しがるが、店員にあっさり断られてしまう。
その話を、箒乗りが得意なアマンダが聞いていた。

ロッテやスーシィを半ば強制的に誘い、箒リレーに参加することになったアッコ。
スーシィの鬼のような特訓を受けるも、やはり箒が飛ぶことはなかった。

そしてあっという間に箒リレー当日になる。
スーシィの策略により、良い順位をキープするアッコチーム。
しかしアンカーのアッコはやはり空を飛ぶことができず、魔道具カフェで手に入れた“足が蛙になる薬”を使って箒を蛙にし、森の中をぴょんぴょんと飛び跳ねていくのだった。
その時、アマンダが勝手に持ち出した流星丸が、アッコのすぐ近くを飛び去っていった。
アッコは迷うことなくその箒に飛び乗ったが、箒は好き放題に猛スピードで飛んでいく。
アッコは雪の中でも海の中でも流星丸を離さなかったが、鳥たちにぶつかりそうになると手を放してしまい、箒から落下する。
そこに現れたのはダイアナだった。
落下するアッコを受け止め、棄権するように告げる。
しかしアッコは諦めることなく、自分自身を大砲で撃ち出して、もう一度流星丸に飛び乗った。
ゴールに向けて疾走する流星丸。ダイアナと壮絶なデッドヒートを繰り広げるが、流星丸の拘束具がそのスピードに耐えきれず破損。
箒は解放され、アッコを置いて飛び去ってしまった。

惜しくもダイアナに敗れたアッコだったが、二位となる大健闘を見せた。


■構造解析
ACCAのようにわかりやすい謎がないので、「意外とやる気なロッテやスーシィがかわいい」とか「アッコVSダイアナのデッドヒートめっちゃ熱い作画すげえ」くらいしか言えないんですが、一応新たに気になったこともあったのでざっくりピックアップ!

1.アーシュラ先生がシャイニィシャリオでなくなった理由

今回アーシュラ先生ことシャイニィシャリオ(勝手に断定)が、「信じる心が私の魔法」と物悲し気に呟くシーンがありました。
今更思ったのですが、なぜシャイニィシャリオはシャイニィシャリオでなくなってしまったのでしょうか。
あの感じだと、ありがちな展開としては「信じる心じゃあの子を救えなかった」的な、自分の力不足ゆえにシャイニィシャリオであることを捨ててしまうパターンですよね。
ここまで王道の展開を進むリトルウィッチアカデミアですが、ここも王道なんでしょうか。
その場合、ちょっとラスボス的な存在が見えてくる気がしますよね。
最後はアッコとシャイニィシャリオの共闘とかになると熱い。

2.魔導石の存在

どうやらこの世界、いつでもどこでも魔法が使えるわけではないようです。
魔導石という魔法パワーのある石があり、魔導石の力を借りないと魔法は使えないんだとか。
魔導石、最終的に物語の鍵になりそうですよね。

3.飛んでいってしまった流星丸

そしてリレーのあと飛んでいってしまったらしい流星丸。
あれはきっと最終話にアッコのピンチに駆けつけるやつ!
(来週ケロッとアッコのものになってたら土下座します)


■まとめ
正直考察はしにくいアニメですが、普通に面白いので最終話まで見てしまうでしょう!
途中考察っぽいことを言えなくなって、アーシュラ先生かわいいの一言で記事が終わったりするかもしれませんがご容赦ください……。

それではサラダバー!
次の記事は多分ACCAダー!

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー