アニメ「リトルウィッチアカデミア 第5話」感想と考察 FXで儲けるドラゴン

はい、アニメ「リトルウィッチアカデミア 第5話 ルーナノヴァと白い龍」の記事です!
ドラゴンと言えばファンタジーには必須と言ってもいいファクターですよね。
しかしリトルウィッチアカデミア、今回も斜め上の展開を見せてくれました。
本筋以外にも、トリガーアニメの良さがバッチリ出ていた回でしたので、今回も語っていきますよ!
とりあえずあらすじをどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
授業でねるねるねるね魔法薬を作っていたアッコは、またも余計なことをして失敗する。
そんなアッコを馬鹿にしたアマンダに、アッコはさらに突っかかる。
二人がいがみ合っているうちに壺を倒してしまい、教室内が大混乱に。
そんな状況を収拾したのは、またも優等生であるダイアナだった。

アッコとアマンダが罰として新月の塔の掃除をしていると、頂上にあるルーナノヴァ魔法学校の魔導石がドラゴンに盗まれるところを目撃する。

アッコたちは校長室に報告に行くが、逆に掃除をさぼったことを咎められ、さらなる罰を与えられてしまう。
魔導石がなくなったことで魔法が使えなくなり、ロッテやスーシィたちも巻き込んで洗濯物を手洗いするアッコたち。
そこにダイアナが現れ、アッコたちに小言と追加の罰を言い渡していった。
ダイアナの言葉に怒ったアッコとアマンダは、自分たちで魔導石を取り戻すべく結託する。
問題は洗濯等の罰をどうするかだったが、コンスタンツェ・アマーリエ・フォン・ブラウンシュバンク=アルブレヒツベルガー(フルネームを言いたかっただけ)のメカによりすべて解決する。

コンスタンツェのメカ箒でドラゴンのいるラスタバン遺跡へ向かう。
道中ドラゴンに襲われるが、コンスタンツェの兵器やスーシィの薬品で応戦。
そんな中アッコが見たのは、ドラゴンの機械仕掛けの中身だった。
最終的にドラゴンに捕まってしまうロッテたち。アッコとアマンダはそれを追いかけるうちに、謎の空間へと入り込んでしまう。
そこはドラゴン、ファフニールの住処だった。

ファフニールはあっさりとロッテたちを解放し、「金は持ってきたか」とわけのわからないことを言い始める。
ファフニールによると、ルーナノヴァ魔法学校に貸した金の返済が滞っており、魔導石はその肩代わりとして奪われたのだった。
少し遅れてやってきたのは、ルーナノヴァ魔法学校の校長たち。
校長たちはお金を支払う代わりに物品を差し出すが、あっさりと断られてしまう。
ファフニールはついに「ルーナノヴァ魔法学校を売り払う」とまで言い出すが、そこに現れたのは安定のダイアナ。

ダイアナによると、お金を借りた当時の契約書によれば借金に利子は存在せず、すでに元本を超える金額が支払われていたという。
契約書の古代ドラゴン語を誰も読めないのをいいことに、ファフニールは利子を絞り取っていたのだった。
ファフニールはダイアナに言いくるめられ、借金をなかったことにすることに成功する。

ファフニールは「魔法はもう古い、自分もFXで儲けている」と言うが、アッコは「魔法は素敵なものだ」と真っすぐに答えるのだった。


■構造解析
いやあ、FXで儲けるドラゴン……嫌ですねえw
人化してメイドになってくれるドラゴンならまだしも(?)、ドラゴンの姿のままPCをカタカタいじって金儲けするなんて、ファンタジー感ぶち壊しですよね……いやそれが面白いんですけど!
その点も含め、今回の良かったところを語ります!

1.モブキャラがモブキャラじゃない

トリガーアニメの良いところと言えば、モブキャラががっつり活躍してくれることですよね。
キルラキルの時も、マコや四天王をはじめ、超強烈なキャラクターがこれでもかと動いてくれました。
今回もメカに強い魔女ややたら食べる女の子など、メインキャラ以外にも魅力的なキャラクターが沢山登場してますね。
以前の箒レースの回の時から思っていましたが、個人的にコンスタンツェがとてもツボです。
ドラゴンの迎撃にRPG(グレネードランチャー)を取り出した時は声出して笑っちゃいましたね。
コンスタンツェとヤスミンカのコンビは要注目ですよ皆さん!(超個人的意見)

2.魔法が古いとされる世界観

もう一つ気になったのは、“魔法は古い”という世界観です。
これまでも水晶玉でツイッター的なことをしていたりと、魔法と科学の独特な入り乱れ方をした世界なんだなと思ってはいたのですが、ドラゴンがFXで儲けているというのは椅子からひっくり返りそうになりました。今までそんなドラゴンが登場する創作物ってありました……?(WEB小説にはありそう)
ネタとしてとても笑わせてもらったのですが、これ実は結構重要な伏線かもしれませんね。
本来魔法というのは“不可能を可能にするような力”ですよね。箒で空を飛んだり、壊れたものを元に戻したりと、現代の科学では再現不可能な凄い力のはずなんです。
それなのに、どうもリトルウィッチアカデミアの世界では魔法の評価が低すぎますよね?
ここになにか物語を生む鍵が隠されている気がするのですが、「偉大な魔法の力をまた世に知らしめてやるぜフハハハ」的な悪い魔女が出てくるくらいの安易なことしか今のところ思いつけませんでした\(^o^)/


■まとめ
今回も面白かった! 正直理屈はいらない!
でもここそういうブログなんで!!
サラダバー!!!

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー