アニメ「ACCA13区監察課 第5話」感想と考察 グロッシュラー良い奴説

アニメ「ACCA13区監察課 第5話 視線の先、重なる足跡」の記事でございます!
コミティアの荷造りで余裕がないので前置きなしであらすじいっけえええ!()


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
ロッタのストーカーたちによるアバン。相変わらずの飯テロっぷり。

マーヴへの報告に向かう途中、リーリウムの車に乗せられるジーン。
「クーデターとグロッシュラーが繋がらない」とぼやくジーンに、ジーンの監視役について語るリーリウム。
「君は慣れてしまっているんだろう」という発言から、ジーンは監視役の正体に気づく。

雪の積もるビッラ区にやってきたジーン。
ホテルに入る直前、ジーンはニーノの視線に気づく。
ニーノはそれを上の人物に知らせるが、電話の相手は「話すべきことは話していい」と言う。

ジーンはビッラ区の区長と食事を共にする。
その最中、また新たな煙草がジーンに渡される。

次の日の夜、監察課の部下との食事を終えると、山を歩くジーン。
ジーンが声をかけると、ニーノが姿を現した。
ニーノが監視をしていたことに気づいたことを告げるが、「多分お前は、俺をさらに陥れようとかそういうのとは違うと思うんだよね」と語るジーン。
対してニーノは「ジーンを監視しているのはACCAの務めじゃない、それ以上は今は言えない」と返す。

ジーンは次にロックス区へと向かった。
そこにいたのは、休暇で帰ってきていたグロッシュラー長官だった。


■構造解析
いやあ、気になるところで終わりやがりますね。
来週はグロッシュラー長官と直接対決でしょうか。
そして今回、これまでの考察を裏付けるっぽい証言が色々出てきましたね!
早速語りますよ!

1.ニーノ二重スパイ説有力

これまで「ニーノは実は二重スパイなんじゃないか」みたいなことを書いてきましたが、今回はっきりと「ジーンの監視はACCAの務めじゃない」と言いました!
ニーノが電話で話していた相手もグロッシュラー長官じゃなかったですしね。
ではニーノは一体誰の指示でジーンを監視しているのか。
これ、やっぱり王室なんじゃないですかね……。
ACCA以外の組織っぽいものってそれくらいしか出てないじゃないですか。ジーンが王族かどうかはともかく、ニーノは王室とも繋がりがあるという説を改めて推しておきます。
ただニーノはこれまでジーンを騙してきたわけですから、今回も演技だった可能性も拭えないですね……。

2.グロッシュラーやっぱ良いやつ説有力

そして最後にちょろっと出てきたグロッシュラー長官ですね。私服になるとぐっと良い人度が増す不思議。
ジーンも「クーデターとグロッシュラーが繋がらない」と言っていましたが、自分もどうも悪い人には思えません。
最近はむしろリーリウムが「グロッシュラー怪しいでー」と誘導しているようにしか見えなくなってきました。
けど下手したら、この疑いの変遷すら作者さんの思う壺なのかもしれません……。


■まとめ
来週のジーンとグロッシュラーの会話によってはぐっと話が動きそうですね。
どんな話をするかも気になりますけど、それより気になるのはジーンがマーヴ本部長に会いに行かなかったことです!
あんな美人を待ちぼうけさせるなんて! 俺が会いに行きt(ry

以上でーす( ˘ω˘)サラダバー

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

志室幸太郎

Author:志室幸太郎
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@shimuro_1129s

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー