暦史書管理機構コミティア119参加報告!

2月12日に開催されました、コミティア119に暦史書管理機構も参加してきました!
参加の感想と、今後の傾向と対策なんかを記事にしてみたいと思います!

それでは始まり始まり!



2月12日:コミティア119当日


■7:00

前日から弟の部屋に泊めてもらっていたのだが、雨戸の閉め方がわからずブルブル震えながら起床。
「8時の時点で起きてなかったら鬼のようにリプして」とツイートしてしまったので、それを回避するためにとりあえず起きた旨をツイートする。
そして朝食を食べ、前日からプレイしていたゲーム「人喰いの大鷲トリコ」の詰まっていた部分を弟に解説してもらいながらやるという余裕を見せる。
時間になったので駅へ向かい、ビッグサイトへ。

■10:00

20170212_100244_HDR.jpg 

やってきたぜ東京ビッグサイト。
下見としてコミティア118に参加していたこともあり、乗り換えをミスることなく無事到着。
ビッグサイトに近づけば近づくほど同業者らしき方が増えていき、漫画「げんしけん」にもそういう描写あったなぁとちょっと感動する。
そして会場内へ。
結構早めに来たと思ったら、すでに会場はサークル参加の人たちでいっぱいだった。
ブースを見つけてお隣さんに挨拶をすると、自分も慌てて設営を開始する。

20170212_102707_HDR.jpg 

設営はぶっつけ本番だったので、なにか不足がないか不安だったのだが、なんとか形になる。黒い。

■11:00

20170212_103922_HDR.jpg 

そして開場。アナウンスと共に会場内に拍手が起こる。(これもげんしけんでしか見たことなかったので感動した。あっちはコミケだけど)

開場して間もなくは見に来てくれる人はほぼいなかった。
なぜなら開場前から行列を作っている人は、大体が壁サークル(プロの方)の本目当てだからである。
しばらくは右前にある壁サークルに凄まじい勢いで行列ができるのを見つつ、ツイッターをチェックすることしかしていなかった。

そしてしばらくして、コロンシリーズに参加してくれているコロニストさんたちがやってきてくれる。
最初に来てくれたコロニストさんはなんと三種全部買ってくれた。イケメン。
「会場回ってきますよー」と去っていったコロニストさんだったが、その後も二人の知り合いが訪ねてきてくれた。
ブラックサンダーの差し入れにブラックサンダーを返すコントや、サプライズに腰を抜かしたりしつつも、エネルギーを貰って元気百倍だった。

その後、ようやくゆっくり会場を見回ってくれるお客さんが現れてきた。
自分は約2割の確率で噛みながらも、「良かったらご覧くださいー」と声をかける。
少しすると、“声をかけるべき人”がなんとなくわかってくる。
注目すべきは歩行速度視線で、ゆっくりとブースを見ながら歩いている人は、声をかけることで本を手に取ってみてくれる可能性がある。
それ以外ははなから興味がないので、あまり声をかけても意味がないようだ。

そしてお昼頃、面識のない人が本を手に取り、「一部ください」と言ってくれた。
心の中では渾身のガッツポーズを決めていた。
なんとなくだが、“コロンシリーズを知らない人に一冊でも売る”というのが一つの目標になっていたので、喜びはひとしおだった。
その後、単純に人が増えてきたからなのか、かなりの方が暦史書管理機構のブースで立ち止まってくれた。
立ち止まってくれなくとも、そのあまりの黒さにぎょっとするのか、チラチラと見ていってくれる人も多かった。

本を買ってくれる人もじわじわ出てきた。
最終的に、
・紹介用冊子:12冊
・或る令嬢たちの記録:3冊
・EVE初回版:1冊
が売れ、持っていった本の1/3が売れた計算になる。
あまり売れなかったように思う人もいるかもしれないが、個人的には結構満足な結果だった。
なぜなら、正直「或る令嬢たちの記録」と「EVE」はすでにコロンシリーズを知っている人向けな本なので、知らない人が買ってくれるわけがないのである。(それでもEVEや或る令嬢たちの記録を手に取ってくれた人もいた)

ちなみに男女比は9:1で男性が多く、個人的な勘ではあるが、そのほとんどが創作をしている人に思えた。
印象的だったのが、一人「なろうで活動してるんですよね、どこかで読んだことあったなぁと思って」と言ってくれた人がいたことだ。
これまでの活動が少しずつ効果を出してくれているようで、これも嬉しかった。
閉会間近には隣のブースの方が「隣でずっと気になってて」と言って紹介用冊子を買ってくれたりと、本当に嬉しいことずくめな一日だった。
名刺もそこそこ配れたので、コロンシリーズに興味を持ってくれた人が増えてくれれば幸いである。

■16:00

20170212_161217_HDR.jpg 
そして閉会の時間になり、撤収
会場を去る時に流れていたJourneyのOpen Armsも感動的だった。

次回は五月とのことなので若干厳しいかもしれないが、今年中にもう一回は参加しようと心に決めたのだった。



と、こんな感じでした!
イベント初参加で結構緊張していたのですが、本当に色々な人がいてとても楽しかったです。(メガネっ娘もいっぱいでした!!!)

長くなってしまったので一旦レポートはここで終わりますが、なんと!
今回「COLONISTS:2017 - 或る令嬢たちの記録 -」に参加してくれたコロニストさんたちのご厚意で、ネット販売をすることが可能になりました!

次の記事で販売ページを告知させていただきます!

スポンサーリンク

コメント

No title

お疲れさまでした。思っていた楽しかったです。次の機会をとても楽しみにしています。

No title

コメントありがとう!
次は良かったら売り子お願いねw
非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー