アニメ「リトルウィッチアカデミア 第6話」感想と考察 落ちこぼれにはぐっとくる

アニメ「リトルウィッチアカデミア 第6話 ポラリスの泉」の記事です!
歳を取ったからなのか、今回不覚にも泣きそうになってしまいました……。
制作者さんの言う通り、万人に受け入れられるアニメになっているなと思います。
まずはあらすじをどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
他の生徒が難なく変身魔法を習得していく中、一人上手くできないアッコ。
今日中にマスターしろと自主特訓を命じられるが、その日は著名人であるハンブリッジ伯爵を招いてのパーティーがあるのだった。

パーティーにやってきた伯爵と、その息子アンドリューは、どこか退屈そうに魔法学校のもてなしを受けていた。
伯爵は退屈そうなアンドリューを見て、校長に学園内を案内させるように願い出る。
アンドリューとその友人の案内役として、ダイアナが抜擢された。

ダイアナがアンドリューたちを引き連れて学園内を案内していると、アンドリューはうさ耳姿のアッコを見つける。
アッコは変身魔法の特訓が上手くいかなかったため、“ポラリスの泉”という素養のある魔女に魔力を授ける泉を探していたのだった。
アンドリューがアッコに接触。挨拶を交わす。
アッコはアンドリューも魔法が好きなものだと思い込むが、アンドリューは「魔法に興味はない、いずれは消えていくもの」と言い捨てる。
それに対してアッコは「消えさせない、魔法は素晴らしいものだ」と反論した。
「どう役に立つのか」とさらに返すアンドリューに、アッコは変身魔法を使ってみせる。
しかしまたも魔法は失敗し、アンドリューに動物の耳と尻尾が生えてしまった。

事態を解決するためにもポラリスの泉に行くしかないと、アンドリューと共に北校舎へやってきたアッコ。
そこにはラテン語の注意書きがされており、「危険な生物がいるから開けてはいけない」という文章を読み取るアンドリューだったが、アッコはタックルで扉をぶち破ったのだった。
案の定、熊のような生物アルカスに襲われる二人だったが、協力して逃げていく。
しかし最終的に追い詰められ、高所から落下したところを助けたのは、アーシュラ先生だった。

アーシュラ先生の助けでポラリスの泉を見つけたアッコだったが、ポラリスの泉が見せたのは学生時代のシャイニィシャリオの姿だった。
シャリオは自身で失敗し、努力し、魔法を身につけていった。
その姿を見たアッコは、自分も努力して魔法を身につけなければいけないことに改めて気づかされる。

アーシュラ先生は「もっと成長したらこの場所に来なさい」と、シャイニィロッドをアッコに手渡すのだった。


■構造解析
憧れている人にも自分と同じように未熟な頃があったというのは、励みにもなりますし、同時に自分の努力次第だということを思い知らされて辛くもありますよね。
自分もまだまだ未熟者ですが、未来は自分の努力にかかっているなぁと思ってほろりと来てしまいました(加齢)。
同監督の参加した天元突破グレンラガンは漢の義務教育ですが、今作も子供から大人まで、年齢を問わずためになるアニメになりそうな気がします。

と、感傷的な話は置いておいて気になった点を!

1.やはり魔法は時代遅れ?

前回のファフニールさんに引き続き、今回登場した伯爵やハンサムも「魔法は時代遅れ」だと言っていました。
これは逆に、ルーナノヴァ魔法学校の外の世界がどうなっているか気になってきますね。
もしかしたら超未来で、ルーナノヴァ魔法学校のある近辺以外の場所は魔法すら凌駕する超科学シティなのかもしれません……!(?)
でないとここまで魔法がコケにされるの納得いかないですよね。だって魔法凄いもん。

2.吊り橋効果、あると思います

今回アッコの相手役として出てきたアンドリュー君、また出てきますよね(確信)。
しかもおそらくルーナノヴァ魔法学校のピンチを救ってくれる感じの出方ですよこれは(断言)。
ただアンドリュー君の出現は賛否両論ありそうですねー。
女の子ばっかりの癒しアニメにイケメンが入ってきたわけですから、自分も正直ちょっともやっとしましたイケメンは爆発しろ。


■まとめ
今回はシャイニィシャリオの回想がピークでしたね……早くシャイニィシャリオ出てきて(出てるだろうけど)。
アーシュラ先生も眼鏡で素敵だけど、トリガーやガイナックスのアニメは目が、眼がいいんですよ!
シャリオの眼のデザインもとっても好きなので、早くばかすか活躍してほしい限りです。

それではウィンガーディアムレビオサー!

コメント

魔法を使った後に阿修羅先生の髪の色が赤から青に戻る描写がありましたね。やっぱり先生には何かあるかもしれませんね。
あと記事のカテゴリを「アニメ」と一括りにするのではなく、作品ごとに括ったら以前の考察を簡単に見直せるなーと思いました。あくまでも一意見として。

No title

なぜ隠しているんでしょうね……。

カテゴリの件は思ってたんですけど、それやると無尽蔵にカテゴリが増えてしまう気がしていたんですが、旬が過ぎたアニメは「2017年冬アニメ」とかにまとめればいいことに気づいたのでやります!
非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー