アニメ「リトルウィッチアカデミア 第10話」感想と考察 このアニメの落としどころ!

アニメ「リトルウィッチアカデミア 第10話 蜂騒ぎ」の記事です!

いやぁ、青春回でした……。
当ブログでも散々いじってきたアンドリューですが、マジでイケメンで困りますね!
まんべんなくキャラが立っていて魅力的なのが本当に凄いと思います。
あらすじをどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
注文した毒蜂と間違えてスーシィの元に届いたのは“惚れ惚れ蜂”
刺されると、その後最初に見た人に惚れてしまうという。
「折角だから誰かで試してみれば」と提案するアッコの前に、一台のリムジンが停まった。
中から出てきたのはダイアナの側近(?)のハンナとバーバラ。
二人はドレスを着ていて、これからアンドリューのパーティーに行くところだという。
ハンナたちに馬鹿にされた上ダイアナも行くことを知って、アッコたちもパーティーに乗り込むことを決意する。

魔法道具屋でシンデレラセットを手に入れると、二時間限定でドレス姿になることに成功。
かぼちゃの三人乗り自転車でパーティー会場へ向かう。
パーティー会場へ入るためには招待状が必要だったが、アッコは魔法で近くにいた動物を巨大化させ、その騒動に紛れてパーティー会場へ忍び込むのだった。

パーティー会場ではアンドリューが招待客から褒めちぎられていたが、アンドリュー本人は鬱陶しそうにその場を離れた。
ダイアナと会話をするアンドリュー。二人の姿を、アッコはケーキをやけ食いしながら見ていた。
その時、アンドリューがアッコの存在に気づく。
「招待した覚えはない」と会場から出て行くように促すアンドリューだったが、スーシィが面白がって会場に放した惚れ惚れ蜂に刺されてしまう。
当然最初に目に入ったのは目の前にいたアッコで、アンドリューはアッコに強引に迫る。
蜂は会場にいる人を次々と刺していき、フランクたちがロッテに迫ったりもする。
惚れ惚れ蜂に気づいたダイアナは蜂を追い、アッコもアンドリューの壁ドンから抜け出してダイアナと蜂を追った。

途中スーシィに杖をハエ叩きに変えてもらい、蜂を探すアッコ。
しかしタイミングの良い(?)ことに、惚れ惚れ蜂に刺されたダイアナと遭遇してしまう。
百合モードのダイアナにアッコは白目を剥く。

一方アッコを探していたアンドリューは、中庭でハンブリッジ伯爵に見つかる。
魔女がパーティー会場へ紛れ込んでいることを知り、アンドリューに追い出すように告げた。
アンドリュー一人になったところで姿を現すアッコ。
「父親の言いなりなんだ」とアンドリューを煽り、さらに自分自身の夢と、夢を持つことの楽しさを語った。
アンドリューは「君は魅力的だ」と言い、それを受けて赤面するアッコ。
しかしすぐに我に帰り、「その気持ちは蜂の魔法のせいだから」と否定する。
そこに飛んできた蜂を追って、パーティー会場へ戻るアッコ。

蜂と格闘しているとハンブリッジ伯爵に見つかってしまい、退場するよう言われてしまう。
そこで会場に入ってきたのはアンドリュー。
「彼女は危険な蜂を退治しようとしている」と会場の客人たちに告げ、自身もピアノを弾いて蜂退治をパフォーマンスとして演出。
さらに暴走する蜂だったが、ハンブリッジ伯爵の顔に止まったところをアッコが仕留めたのだった。

ピアノを褒めたアッコに対し、「僕は完璧だ」と毅然とした態度で答えるアンドリュー。
その時シンデレラセットの効果が切れ、アッコは制服姿に戻ってしまう。

魔法が解け、正気に戻る客人たち。
複数の男子から迫られていたロッテも一人になってしまうが、フランクは戻ってきて改めて声をかけた。

アッコとアンドリューは、それぞれの友人から恋心を指摘される。


■構造解析
アンドリューもアッコもただのツンデレじゃないか……。青春しやがって……。
今回も面白かったですねー。アッコの表情や仕草を見てるだけでも楽しい。
そして蜂に刺されたシーンの演出がカオス。
さらに語るべきところもありました!

1.普通に魔法が使えるようになっているアッコ

何話か前に失敗しまくっていた変身魔法、普通にできるようになってましたね!
しかも小動物をあれだけ巨大化できるようになってるって、成長っぷりが凄くないですか?
スーシィ回で飲んだキノコのエキスによるものなのか、はたまた努力の賜物なのか……。
最終的にどんな魔女になるか楽しみですね!

2.アンドリューは途中で魔法が解けていた?

これは完全に妄想なんですが、アンドリューは途中で魔法が解けていた気がするんです。
蜂に刺された直後の露骨な惚れっぷりと、中庭で話している時の態度が全然違いましたよね?
もしかしたらなんですけど、惚れ惚れ蜂の効果は、本当にその人に惚れてしまったら本物の気持ちが優先されるみたいなことはないですかね?
アンドリューはポーカーフェイスですけど、最後にフランクに「彼女のことが気になっているのさ」と言われても否定しませんでしたし。
だとすれば「君は魅力的だ」発言も本心なんでしょうね……。


■まとめ
前回トンデモ予想を好き放題書きましたけど、今回の終盤の演出を見てやっとこのアニメの落としどころがわかった気がします。
ハンブリッジ伯爵がラスボスになるのは間違いないと思うんです。
ハンブリッジ伯爵主導で本格的な魔女の排斥が始まって、ルーナノヴァが本格的にピンチに陥る。
そこで、アッコたちが魔法ショーをやるんじゃないですかね。(おそらくファフニールさんが出資)
沢山の人を感動させて民意を得られれば、ハンブリッジ伯爵もギャフンと言うはず。

ウォーターボーイズやスウィングガールズのような、青春サクセスストーリーの予感がしますよね。
もしそうなったら、トリガーの全力の作画が見れるでしょう! 楽しみです!(だが妄想だ)

では、次回も笑わせてもらいましょう! サラダバ!

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー