アニメ「リトルウィッチアカデミア 第14話」感想と考察 ジャパネットクロワ

アニメ「リトルウィッチアカデミア 第14話 ニューエイジマジック」の記事ですぞ!
いやぁ、新OPEDってやっぱりテンション上がりますね。
特に新OPの方は、伏線らしきものがちらほらあって「これは!」と思っていました。
良作アニメはOPにネタバレを含んでいる法則、あると思います!

それではその点も後々触れるとして、とりあえず今回のあらすじをどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
三つ目の言の葉を蘇らせたアッコ。
アーシュラ先生は「とうとうアッコに話す時が来た」とつぶやく。

アッコたちが新学期に向けて期待を膨らませていると、アマンダが魔法祭のことを振り返る。
普段は結界によって入ることができないはずのアルクトゥルスの森。アッコはそこでシャイニィロッドを拾った。
なぜシャリオが姿を消したのか、アルクトゥルスの森とシャイニィロッドにどんな関係があるのか、アッコはシャリオに会えばわかる気がすると言う。
そんな話を、ダイアナは盗み聞きしていた。あとヤスミンカは食べてた。

アッコを呼び出したアーシュラ先生。非常に緊張している様子。
「とても大事な話があるの」と切り出すアーシュラ先生だったが、突然鳴り響いた地球儀電話によって話は中断する。

「すぐに来るように」という命令に従って新月の塔に行くと、なんとルーナノヴァで働く妖精たちが労働組合を作り、ストライキを起こしていた。
妖精たちが仕事をしなくなったことによって、学校内はめちゃくちゃに。
妖精たちは「魔導石のエネルギーをもっと使わせろ」という要求をするが、ルーナノヴァのエネルギー事情は切迫しており、そう簡単には要求を呑めない状況にあった。
そこで校長の機転により、魔導石を使った仕事をしている卒業生たちから少しずつエネルギーを分けてもらうことになるが、その回収作業をアーシュラ先生が押し付けられてしまう。

一方アッコたちは質素な食事を取っていた。アッコのスープに魔法でいたずらをしたスーシィだったが、魔法が使えなくなっていることに気づく。
新月の塔に行くと妖精たちが魔法遮断材で魔導石の周囲を覆い、魔法が使えないようにしていた。
その作業中、突風に煽られて遮断材が一枚アッコめがけて落下。
打ち切りエンドかと思いきや、突然現れた空飛ぶルンバによって遮断材が受け止められ、事なきを得た。
そして一人の女性が、これまた空飛ぶルンバにのって下りてくる。
彼女こそ、現代魔法を教える新任教師、クロワだった。
魔法が使えないのに空を飛ぶルンバを不思議に思うロッテ。
それに対してクロワは、「マジクトロニクスを駆使して作った魔導ユニットよ」と答える。お掃除機能も実演。

自室でクロワ先生を称賛するアッコ。授業ではクロワ先生が開発したタブレットを使うという。
一方で、フィネラン先生他伝統を重んじる教師は科学技術を取り込むことに反対だった。

ストライキはなおも続く。
廊下にはお風呂に入れず力尽きた生徒たちが転がり、授業はすべて魔法の暗記に充てられた。
アッコは現状を打破するため、妖精たちの説得を試みる。
だがCMが明けると、アッコは妖精たちと一緒にストライキに参加していた。
妖精たちと一緒に給料アップや魔導石の使用許可を求めるアッコだったが、現れたダイアナがそれを一喝する。
だがアッコも簡単には折れず、自分は一人広い部屋で優雅な暮らしをしていることを突いていく。
「魔法祭で少しは見直したのに間違いだった」と言うダイアナだったが、アッコはさらにその上から目線を指摘。
ダイアナは「あなたにはもっと他にやるべきことがあるはずです」と言い残して去っていった。

夜になり、アッコたち三人はランプを囲んで話し合う。
妖精が生きるためには魔導石のエネルギーが必要であり、そのほとんどを魔女が使っているのは可哀想だと言うアッコ。
「魔法学校なんだから、魔女が使うのが当たり前じゃない?」と述べるロッテに対し、アッコは「魔法を使って人を喜ばせたいけど、そのために誰かが犠牲になるのは違う」と反論する。
そんなアッコたち、妖精からスープの差し入れ。
スープを噴き出したり啜ったりする二人だったが、ロッテだけは見ていた。
妖精の形をしたなにかが消えていくところを。

翌日、労働組合との協議の場を設けた教師陣。
書記長となったアッコはそこでエネルギー使用量10%アップなど様々な要求するが、フィネラン先生に「現実的に無理です!」と却下される。
「残念だけど、エネルギーは作れるものじゃないしね」とつぶやく校長に対し、突然現れたクロワ先生は言った。「作れるとしたら?」と。
そこに現れた謎の機械。クロワ先生によるとそれはソーサリー・ソリューション・システム(以下SSS)であり、エネルギーを作ることができるという。
ここからジャパネットクロワ。SSSを全力でプレゼン。エネルギー問題を解決できるらしい。
が、ここでもフィネラン先生は伝統を守る姿勢を崩さなかった。
一方で、アッコはクロワ先生への尊敬をさらに深めていく。

その夜、火の妖精が傷つけられる事件が発生。これに妖精たちが激怒し、校内で暴れ始めてしまう。
魔法を使えるようにしなければと、新月の塔の遮断材を撤去しようとするアッコたち。
そこに一匹の妖精が現れた。
アッコは妖精の説得を試みるが、「この妖精気持ちがない。まるで機械みたい」と言う。
その時、妖精が巨大な魔物に変身し、アッコを強襲。新月の塔の頂上から突き落とされてしまう。
が、再び空飛ぶルンバに救われるアッコ。
現れたクロワ先生のスマホ魔法により、一気に事態が収束していく。
このことによって、クロワ先生は一気に人気を獲得した。

遮断材の撤去作業中、コナン君ネルソン先生は気づいた。
「妖精たちはこんなものどこで手に入れたんでしょうか」

クロワは一人「ご苦労様」と機械で作った妖精を処理していた。

ようやくルーナノヴァに戻ってきたアーシュラ先生は、アッコと歩くクロワを見て青ざめる


■構造解析
うーん、前回の記事の自分の予想とは正反対の感じでしたが、やっぱり“良い人”というわけではないようですね。
2クール目の最初ということで、これまでに登場した勢力を整理してみましょう。

1.純魔法勢力

ルーナノヴァ魔法学校にいる魔女の大半は一応ここに含まれるでしょう。
フィネラン先生のように伝統を重んじるタイプの魔女です。
科学なんかに頼ることなく、純粋に魔法を受け継ぎ、できる限り存続させることを目的としているはず。
おそらくアーシュラ先生やウッドワード先生もここで、純粋な魔法の復権を願っていると思います。
それがアルクトゥルスの言の葉と繋がっているのでしょう。

2.反魔法勢力

これはあのイケメンのパパたちのことですね。
最近はあまり出番がありませんが、しっかりOPに登場していたのでやはり二期にも出てくるのでしょう。
これまでの記事で、この反魔法勢力VS純魔法勢力がバトルのではないかみたいなことを予想しましたが、もしかしたら事態はもっと複雑になっていくのかもしれません。
第三勢力が登場したからです。

3.科学魔法勢力

クロワ先生ですね。前回の記事でクロワ先生を“純魔法勢力の急進派”と予想していたのですが、“科学魔法勢力の急進派”だったようです。
今回の一連の騒動の仕掛け人がクロワ先生で、その目的はマジクトロニクスの技術を認めさせることにあったという点は明白だと思います。
ただ、冒頭“良い人ではない”と書いてしまいましたけど、もしかしたらクロワ先生なりに真面目に魔法の未来を考えた結果なのかもしれません。
なので第三勢力とは書きましたが、純魔法勢力に加担する可能性も、反魔法勢力に加担する可能性もある感じですね。


■まとめ
新OPを見て思ったんですけど、こんなに沢山キャラがいるのにみんな魅力的ですよね。
アッコたち主要キャラはもちろんなんですけど、アマンダやコンスタンツェやヤスミンカも今後活躍してくれそうです。(特にコンスタンツェの飛空艇っぽいの超気になります)

そして以前の記事でも予想しましたが、やはりアッコ×ダイアナシャリオ×クロワと重なる感じなのかもしれませんね。
おそらくシャリオはなにかに失敗してクロワと袂を分かつことになり、アッコは同じ失敗を繰り返すのか繰り返さないのかみたいな話になっていくのではないでしょうか。
出演している声優さんのブログによると、2クール目は「胸がいっぱいになるお話ばかり」とのことです。楽しみなような不安なような……。

まぁ最後まで見ますけどね! また来週ダー!

(余談ですが、スーシィの声優さん風邪だったんでしょうか……早く良くなりますように!)

スポンサーリンク

コメント

うーんクロワ先生の現代魔法は…
取りあえずは、なんか魔導石がSSSになって、魔法をあやつるための杖がスマホやタブレットの端末になっただけだなという印象しか(笑)
クロワ先生は魔法界のためにってやってるなら…視野が狭い感じをうけるな


SSSは魔力枯渇の根本にせまるものでなく、あくまで少なくなった魔力を効率よくというエコシステムでしかない(説明上)
それにあの現代魔法みて、一般人や魔法に見切りつけて魔女社会から離脱した魔女が、学校に入学するか?といったらしないでしょうね。
あれみて魔法ってすごいなとはまず思わないでしょうからね。魔女も機械にたよらないと魔法もつかえなくなったかと

魔法否定派の回し者なんじゃないのかな

No title

コメントありがとうございます!

確かに今のところ魔法否定派側っぽい気がしますよね。
ストライキ騒動のあとに「準備完了」的なこと言ってましたし、これから起こる事態の発端になることは間違いないでしょう……。

2期のPVでアーシュラ先生がブチ切れしてた相手もクロワなんでしょうかねー。
非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー