アニメ「リトルウィッチアカデミア 第17話」感想と考察 突然のアマンダ回!

アニメ「リトルウィッチアカデミア 第17話 アマンダ・オニール・アンド・ホーリー・グレイル」の記事です!
サブタイトル長っ!

今回は突然のアマンダ回でしたね!
ぶっ飛んだ思考の持ち主同士、ぶつかることもあるけれど良いコンビな二人。
今回は絵コンテが摩砂雪さんだったこともあってか、アニメ的にもかなり見応えのある回でした!
それではあらすじどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
中庭で言の葉について調べるアッコと、つまらない学校生活の愚痴をこぼすアマンダ。
アッコは「明日学校を辞める~」というアマンダの言葉を聞き流し、言の葉への情熱を見せる。
すると、またもシャイニィロッドが輝きを放った。

すぐさまアーシュラ先生に相談に行くアッコとアマンダ。
「五つ目の言の葉は古い歴史や伝統に関係がある」と言の葉について伝えようとするアーシュラ先生だったが、フィネラン先生に呼び出されて行ってしまう。
フィネラン先生が「キャベンディッシュ家が大変な時に……」と言っていたことを気にするアッコ。
が、アマンダは突然エイプルトン校にある聖杯について語りだす。
その聖杯は“伝統”のある儀式に使われるらしく、現れたクロワの後押しもあってエイプルトンに向かうアッコたち。

エイプルトンは男子生徒ばかりで、アッコたちは目立ってしまう。
そこでアマンダは変身魔法で男装し、「見つかったらアタシが責任とって退学になる」と言う。
登校してくる生徒たちの中にアンドリューを見つけたアッコは、自身もネズミに変身する。
アッコとアマンダは聖杯を探してエイプルトンの中を歩き回るが、あまりにも広い敷地の中、手がかりなしに聖杯を探すのは無理があった。

一方、校内を歩く人相の悪い理事長兼国防大臣と、その息子らしきチャラ男。
「サッカーでも政治でも、“彼の国”を叩き潰す」と語る理事長に、息子が同意する。
そこに通りかかったアマンダ。そしてガラの悪いアマンダに突っかかるチャラ男ことルイス。
ルイスはアマンダのポケットにいたネズミ形態のアッコに憤慨、駆除すると言い出した。
そこに通りかかったアンドリュー。機転を利かせ、ルイスを追い払う。

場所を移し、アマンダが揉め事を起こしたことを責めるアッコ。
「言の葉探しができない」というアッコに対し、アマンダは「言の葉になんて興味ない。最後にひと暴れしてルーナノヴァを辞めてやるのさ」と自分勝手なことを言いだし、どこかへ行ってしまう。
アンドリューは残されたアッコにエイプルトンに来た理由を尋ねた。
アッコは言の葉とシャリオのことを語るが、アンドリューは「誰にも望まれていないのに」と一蹴する。
それでもアッコは「自分がやりたいからやる、夢を叶えるまで諦めない」と言い張り、ついでに聖杯のことを聞き出そうとするが、アンドリューの口は堅かった。

一人(一匹?)エイプルトンの中を駆け回るアッコ。
すると、謎の黒いキューブが空を飛んでいくのを発見する。
キューブを追って聖堂に入ると、そこには宝箱に入った聖杯らしきものがあった。
アッコはそれを被って、アマンダを探し始める。

一方アマンダは、ルイスのポーカーでのイカサマを暴き、自分は魔女であることを暴かれていた。
アマンダはその場で拘束され、ネズミの正体に気づいたルイスによって校内は警戒態勢に。
アッコは異変に気づき、アマンダを助けに行って捕まってしまう。
聖杯を壊そうとする横暴なルイスに、アマンダが不意打ち。
取っ組み合いになっていると、そこにアンドリューが駆けつける。
「ルイスのやり方は紳士的ではない。エイプルトンにはそれ相応のやり方があるはず」とルイスを一喝。
ルイスはその提案に乗り、騎士の像が見守る中で決闘をすることに。

そして、アマンダとルイスの決闘が始まる。
卑怯な手を使い、アマンダに不意打ちを浴びせるルイスだったが、アマンダはなんとか渡り合う。
それどころかアマンダはルイスを圧倒し、最終的には勝ちをもぎ取った。
しかしルイスはその決着を不服に思い、聖杯を壊してしまう。
その時、突如黒いキューブが現れる。
キューブが騎士の像の中に入ると、像の鎧は分解し、ルイスの体に強引に装着された。
アマンダは剣で立ち向かうが、その圧倒的な力に刃が立たない。
それでもアッコとアンドリューの援護で杖とレイラインルーターを取り戻し、アマンダは剣を魔法で変化させて騎士の像に打ち勝ったのだった。

そこに理事長参上、惨状を見て激情、しかし一同同情の空気醸し出す夕暮れAh。
アンドリューが事態を説明し、ルイスも「彼女に救われたんだ」と謝罪。
アッコたちはアンドリューにその場を任せ、去っていった。

なんだかんだで仲の良いアッコとアマンダ。

しかしこの一連の騒動の裏で糸を引いていたのも、クロワだった。


■構造解析
いやあ、アンドリューイケメンですなぁ。
最初はいけ好かないやつだと思って雑に扱ってましたが、今回の紳士っぷりを見て認識を改めました!
きっと最後までアッコの味方でいてくれるでしょう!
さて、今回引っかかったところをピックアップ!

1.“彼の国”

地味に気になったのが、理事長が言っていた“彼の国”という言葉。
これまでルーナノヴァやその周辺地域のことがメインに描かれていたので、物語もその中で納まるのかなと思っていましたが、外の世界へ広がりを見せる可能性を感じさせる言葉でしたね。
リトルウィッチアカデミアの舞台はイギリスなのではないかという説があるようですが、彼の国とは果たしてどこを指しているのでしょうか。
サッカーで争っていたようなので欧州のどこかだとは思うのですが……。(そもそもイギリスと仲の悪そうな国が多すぎる)
アッコたちは政治的な争いにも巻き込まれていくのかもしれませんね。
フィネラン先生の「キャベンディッシュ家が大変」という言葉も気になります。

2.クロワの実験

そして今回の一件も、下手したらアマンダに聖杯の話を仕込むところからクロワの仕業だったようですね。
クロワはあのキューブを操って、なにか実験をしている様子。
前回魔法と感情の関連性を調べていたりしたこともあり、最終的にアッコをコントロールしたいという気持ちが透けて見えますね。
おそらくアッコに言の葉を集めさせた上で、自分の目的に加担させたいのでしょう。
ドラ○ンボールを○空たちに集めさせておいて、「ギャルのパンティーおくれー!」とか言っちゃうウー○ンポジションですね(違う)。


■まとめ
言の葉は見つかりませんでしたが、今回は考察というよりもアニメーションメインでしたね!
アマンダvsルイスの作画はさすがのトリガーでした……。
今期も3DCGを使ったアニメが多くありますが、思いっきり歪ませての迫力ある作画は2Dならではです。

やはりこの魔法を絶やしてはいけない!
次回もリアルタイムで見て視聴率の足しになるぞ!(お金持ちになったらソフトも買う)
サラダバー!

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

志室幸太郎

Author:志室幸太郎
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@shimuro_1129s

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー