アニメ「Re:CREATORS 第7話」感想と考察 颯太が“腹をくくる”時

story_07_01.jpg 
© 2017 広江礼威/小学館・アニプレックス

アニメ「Re:CREATORS 第7話 世界の小さな終末」の記事です! 

昨日ふとレクリエイターズの記事を読み返していたのですが、とんでもなく見当外れなことを書いていて恥ずかしさに悶えましたね……颯太君ラスボス説とか……。
最近でも古い記事を読んでくれてる方いるみたいなんですけど、どう思っているんでしょう……

余談はさておき、今回は早速前回の強さランキングが入れ替わりましたね! つらい!
いやだってあんな隠し玉あるなんて聞いてませんよ……ラスボスキャラっていうことをもっと考慮すべきでした……。
ささ、まずはあらすじですね!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
河原での戦闘を続けるセレジアとアリステリア。そこにまみかが仲裁に入る。
「お互いに相容れなかったとしても、お互い触らなければいいだけ」と、戦いを止めるためなら全力を出すことを告げた。
そこにブリッツと戦いたい弥勒寺も参戦し、戦いはさらに複雑なものに。
弥勒寺はペルソナ守護霊のようなものを召喚し、ブリッツに迫る。しかし二人の間にもまみかが割って入った。
ところがギガスマキナまで登場し、さすがにブリッツやアリステリアたちも撤退する。

政府に保護される弥勒寺。
築城院の正体が判明したことから、一同の焦点は築城院の捜索に。

原作者の家を襲った築城院。自力での設定改変を試みるが、失敗。
原作者を殺害し、その場をあとにした。

松原の家に集まる颯太たち。
ブリッツの正体が判明。菊地原に原作者のことを連絡した上で、「やばいことに巻き込まれる同業者を増やしたくない」と語る松原。
原因である軍服の姫君の話になるが、颯太は事実を言い出せずにいた。
話の流れで、颯太に絵の話題を振るまりね。絵を見たいと願い出るが「見せるものではない」と断る颯太。
それに対して松原は「誰でも最初から上手いわけじゃない、腹くくるんだ」とアドバイス。
しかし颯太は、掲示板に書かれたセツナに対する誹謗中傷を思い出し、尻込みする。
そして帰る。

中乃鐘は現界しているキャラクターが日本のアニメ作品に絞られていることに触れ、「軍服の姫君を作った人の知っている範囲しか現界しない」という説を唱えた。
しかし、軍服の姫君と特徴が被ったキャラは沢山おり、発見には至らなかった。

翌日、電車内で颯太と接触するまみか。カフェで話し合うことに。
まみかは、現界したことで自分が変わってきたことを明かし、「私は間違いたくない」と純粋な思いを語る。
その上で、まみかは颯太に本当のことを聞かせてほしいと迫った。
「あなたは軍服の姫君の知っているの?」という質問に対し、颯太は正直に知っていると答えた。
颯太曰く、「アルタイルはこの世界のことを凄く憎んでいると思う」とのこと。

一方で、中乃鐘も軍服の姫君を発見。颯太抜きで対策会議が始まる。
中乃鐘が動画サイトを紹介。そこには、軍服の姫君アルタイルのイラストがあった。

ついに一同は、軍服の姫君の正体に辿り着く。


■構造解析
「お互いに相容れなかったとしても、お互い触らなければいいだけ」
まみかのこの発言、深いですね。
人間は一人では生きていけない生き物ですが、「この人は合わない」という人はどうしてもいるものです。そういう時はお互い距離を取るのが一番ですよね。
中には「君が間違ってる! 考えを変えるべきだ!」なんてことをわざわざ言ってくる人もいますが、こういう人がいるから戦争なんてものが起こってしまうのでしょう……。(実際間違っていることもあるので一概には言えないんですけどね)
さて、今回気になったのはこちら!

1.キャラの強さランキング改

まず改めなければいけないのが、弥勒寺のランキングですね!
木刀を持ったヤンキーだと思っていたら、なんとペル○ナ使い!
ブリッツと同等かそれ以上の力を持っていると考えて良いでしょう。
それと、見た目はヤンキーですが普通に良い人っぽいですよね。鹿屋君と意気投合してましたし。
現在の勢力をまとめると、

・反軍服の姫君派
セレジア、メテオラ、弥勒寺、鹿屋

・軍服の姫君派
アルタイル、アリステリア、ブリッツ

・中立派
まみか、築城院

こんな感じですかね。
まみかは颯太との接触もあってなんだかんだ反軍服の姫君派になりそうですが、一番の問題はやはり築城院でしょうか。
下手したらアルタイルすら出し抜きそうな雰囲気あるんですよね……。
アルタイルと同じくらい、築城院の目的が気になるところです。

2.颯太のトラウマ

そして颯太君が絵を描けない理由、わかってきましたね。
未だにセツナと颯太君の関係性ははっきりしませんが、きっと間近でセツナの創作が批判されるところを見ていたのでしょう。
自分も物書きの端くれなので気持ちはわかります。そりゃ自分の創作を人に見せるのも怖くなりますよ。
しかもそれだけではありません。
きっと颯太君は、セツナが自殺したことも知っているわけですよね。
そんなもんトラウマにもなりますって……。
ですが、やっぱりこのアニメのカタルシスは颯太君が“腹をくくる”ところにあるはず。
颯太君は腹をくくることができるのか、腹をくくった結果どうなるのか……楽しみです。


■まとめ
今頃気づいたんですが、公式のSTORYのところに#22まであるよって書いてありました!
まだ3分の1だったんですねー。今はスケジュールや予算の関係で1クールのアニメがほとんどなんですが、これはまだまだ予想を上回る展開に期待できそうです。

そして最近出番の少ない軍服の姫君ですが、正体がバレた以上、次回からは話に絡んできそうですね。
アルタイル含め、この(脚本の人がハゲそうなレベルで)特濃なキャラクターたちをどうまとめ上げるのか!
今後の展開に期待しつつサラダバー!

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

志室幸太郎

Author:志室幸太郎
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@shimuro_1129s

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー