アニメ「カオスチャイルド 第5話」感想と考察 えっ、これ異能バトルもの?

ごめんなさい、コミティア参加の関係で遅くなってしまいました!
アニメ「カオスチャイルド 第5話 妄想の住人が騒ぎ迫る」の記事です!
ACCAの記事に続き、こっちも重要な単語がドッと出てきましたね。
若干うろ覚えになりつつありますが、メモを頼りに語っていきます!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
病院を脱出した拓留たちは、久野里から妄想を現実にする能力者、ギガロマニアックスの説明を受ける。
久野里に呼び出された有村によれば、拓留は確実に能力者であるという。
拓留たちが都合よく事件現場や病院に侵入できたのも、「こうなってほしい」という妄想が実現した結果だと語る有村。
九野里は、“妄想の共通認識”が妄想を現実にすると言い、その現象のことをリアルブートと呼ぶと説明した。

来栖の見舞いにやってきた尾上は、来栖とある重要な人物に関わりがあることを知り、拓留の元へ向かう。
拓留はそれを了承し、来栖のいる青葉医院へと向かうが、その道中大量の力士シールを目撃。錯乱してしまう。
その途中、同じく力士シールに苦しむ有村に遭遇。有村は「最近急に増えたと思いません、あれ」と言う。

拓留は有村を連れ、青葉医院へと向かうが、その途中で一人の女に出会う。
その女は炎を操り、拓留たちを襲い始めた。
剣のようなもの(多分ディソード)を振り回して対抗する有村。錯乱しながらも、拓留も同じように剣のようなもので火炎弾を弾き返す。
それを見て、炎を操る女は去っていった。

青葉医院にやってきた拓留と有村は、病室に現れた来栖と会話する。
そこで拓留と有村は、病院の地下で見つけた資料にあった南沢と来栖が知り合いだったことを知る。
「幼い頃は南沢になにもしてあげられなかったが、今は違う」と、事件のことを知る決意をする来栖。
有村も、拓留たちの敵ではないと告げる。

一方で、姿を晦ました山添を探し、病院の地下へとやってきた刑事。
病院の地下で山添を発見するが、そこに山添が世話をしていたという患者の姿はなかった。


■構造解析
突然異能バトルっぽい展開になって( ゚д゚)という顔になっていましたが、これ異能バトルものなんですかね! それはそれで嬉しいんですけど!
とはいえ、ミステリー的な引っかかりももちろんありましたのでピックアップ!

1.山添視点の描写

これ拓留の時にも思ったのですが、なんかぼんやりとした特殊な描写になるところありますよね?
あれがいわゆる“能力”を発動しているところなんでしょうか。(読者さんのコメントにあった妄想トリガー?)
山添の妄想によって久野里たちが操られているようにも見えたんですよね。
また、今回の終盤で誰もいない病院の地下が描かれていましたが、拓留たちが見たのは山添の妄想だったのかなとも思いました。
これに関して気になるのが、“妄想を現実にする”という能力は、なにかに特化している必要はないということなんでしょうか。
よく異能力バトルものと言えば、“炎使い”や“水使い”みたいになにかに特化していることが多いですよね。
今回も炎使いらしき人は出てきましたけど、“妄想を現実にする”という単語を鵜呑みにするのであればなんでもできちゃいそうですよね……。

2.パイロキネシスの人

そしてあのパイロキネシスの人なんですが、髪色的に南沢さんなんですかね……。
敵っぽい登場でしたけど、だとすると彼女も保護の対象ですから、いつか助けて正気に戻ったりするんでしょうか。
彼女がラスボスってことはないと思いますけど……。


■まとめ
うーん、どうも核心にたどり着ける情報がなくてやきもきしています。
おそらくすでに登場している人物の中の誰かに、真相を知っている者がいるはずなんですよ。(ミステリー脳)
それを特定できれば色々推測はできそうなんですけど、みんなそれぞれ怪しくないようで怪しくて、しかもギガロマニアックスというとんでもない能力もあったりで、全然絞れないですね……。
というかマルチエンドらしいので、真犯人的なものが場合によって変わったりするんでしょうか……。

うーん……これはあれですね、“待て、しかして希望せよ!”
サラダバー!

アニメ「カオスチャイルド 第4話」感想と考察 結局シールの作者は誰?

はい、カオチャのターンです!
第4話「お話の裏側が妄想を始める」ですね。
前回の記事で話した力士シールの考察が大体合ってたような気もするんですが、まさかロールシャッハテストが元になっているとは思いませんでした……。力士の意味にルーツがあるわけではなかったっぽいので半分負けですね。
え、なにと戦っているのかって?

「推理小説を読むということは、読者が著者に知能戦を挑むということである」

こういう言葉があります(ないかもしれない)。

以前リトルウィッチアカデミアの記事でキャラクターの作り方について語りましたが、カオスチャイルドのキャラクターはリトルウィッチアカデミアの人間臭いキャラクターとは対照的な、ストーリー先行の推理小説タイプのキャラクターです。
つまりカオスチャイルドは、推理小説のようなものなのです。
というわけで、今回も戦いを挑んでいきたいと思います(キメ顔)。
前置きが長くなりましたがあらすじをどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
力士シールの作者と接触するため、深夜病院への侵入を試みる拓留、尾上、伊藤の三人。
しかし当然のことながら、病院の入口は閉まっていた。
引き返そうとする拓留たちだったが、尾上が鍵が開いたことに気づく。

力士シールの作者が入院しているという精神病棟へと向かう拓留たち。
地下に進んでいくと何者かの気配を感じ、尾上に促されて解剖室へと退避する。
さらに気配が近づいてきたことから、尾上の提案で遺体が安置されている冷凍室に身を隠す三人。
拓留と尾上が同じ場所に隠れ、伊藤が一人隣に。
少しすると、部屋に何者かが入ってくる気配が。そして伊藤の悲鳴。
拓留たちのいる場所の扉が開かれようとした時、尾上に声をかけられてはっとする拓留。
実際に部屋に入ってきたのは、数人の病人らしき人々と、それを引率する眼鏡の少女だった。

解剖室の隠し扉から、さらに奥へと進む拓留たち。
しかしその途中、幼い頃の記憶がフラッシュバックし、発狂する拓留。
そこに久野里が現れ、拓留を落ち着かせることに成功する。

久野里に導かれて、施設の奥の端末がある部屋を訪れる三人。
久野里が端末を操作して情報を探ると、過去にそこで「妄想の増幅による事象への影響」について研究されていたことがわかる。さらにその研究は、渋谷の地震とほぼ同時期に中止されていたことも判明する。
そして見つかったのが、11番目のロールシャッハ。それは力士シールにとても良く似ており、拓留はそれを見て苦しみ始めた。
情報によると、特殊な能力を持った者のみが11番目のロールシャッハに反応を示すという。
また、拓留と尾上が幼い頃に見ていた南沢という少女の存在と、先ほどの眼鏡の少女山添が被験者だったことも明らかになる。

そこまでの情報を得たところで警備の巡回時間となったため、九野里が山添を強引に地下から連れ出し、病院をあとにしたのだった。


■構造解析
今回ちょっとホラー回でしたね。
途中事件の被害者たちが襲ってくるようなシーンや、伊藤や尾上が血まみれになるシーンなんかがありましたが、あれは拓留の妄想だったのでしょうか……。
という独り言はさておき、今回はちょっとツッコミどころがあったのでつついてみます。

1.誰かが導いている?

これは誰もが思うことだと思うのですが、冒頭病院の鍵を誰かが開けましたよね?
何者かが拓留たちを導いているのでしょうか。
……もしかしたら、尾上が導いているのかも。
鍵の件に関しては、尾上が驚いた様子を見せていたので違うかもしれないのですが、拓留ってこれまで尾上に誘導されて事件に巻き込まれたり重要な情報を知ったりしてますよね?
怪しい。怪しいけど根拠はない……。

2.結局力士シールの作者は誰?

タイトルにも書きましたが、結局拓留たちは力士シールの作者を見つけられずに病院を出てしまいます。(途中の発狂や怒涛の情報開示なんかで当初の目的を忘れかけていたとは言えない)
作者は一体誰なのでしょう。候補は色々ありますね。

一つは、今回初登場したメガネっ娘山添、過去施設で被験者となっていた南沢、あとは伊藤が隔離部屋の鉄格子から見た目の人、乳母車を押す女性、この4人の中の誰かが力士シールの作者の可能性です。
これは単純に「結局作者は見つからなかった→実は見つかってた!」という推理小説にはありがちなやつですね。
ただ施設内にいた比較的印象の強いキャラを並べただけですけど……。

もう一つは、あの研究施設に関わった研究員が作った可能性です。
「力士シールは11番目のロールシャッハテストをモチーフに作られた」ようなので、その研究に携わっていた人、あるいは被験者となった人くらいしかその存在を知らないはずです。
被験者だった場合は上記の4人の可能性もありますが、研究者だった場合はちょっと候補は見えてこないですね……。

3.ギガロマニアックスとディソード

今回初めて(?)ギガロマニアックスという名称がはっきり出てきましたね。
ただ困ったのが、“ディソード”という単語です。あれってこれまでに説明ありましたっけ?
忘れているだけなのか、はたまた前作に登場した単語なのか……。
OPのクレジットにディソードデザインっていう役割があるのは気づいたのですが、なんか武器を具現化して戦ったりするんですかね?(某ネトゲ脳)


■まとめ
うーん、冒頭で大見栄を切っておきながら、なんてキレのない記事……。
可能性は色々考えられるんですけど、絞ることができないですね。
もう真相を特定する情報は出揃っているのでしょうか。
推理小説を読む時は、「まだだ、まだ情報が足りない」とか言いながら、結局最後まで読んで「うわあああ、そうだったのかああ」と見事に引っかかるタイプなので、すでになにかミスリードしているのかもしれませんけど\(^o^)/

大人しく来週を待つことにしてサラダバー!

アニメ「カオスチャイルド 第3話」感想と考察 なぜ“力士”シールなのか?

今回はアニメ「カオスチャイルド 第3話 彼らのお祭りのお話の言い分」の記事です!
前回あっさり退場したと思ったヒロインが普通に生きててびっくりです( ゚д゚)
発見が早かったんですかね……まぁそんなことは置いておいて。

今回、ちょっと重要なことに気づけたのではないかと思います。
それはタイトルにもある通り、なぜ“力士”シールなのかという点にあります。

まずはあらすじをどうぞ!


※以下ネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
奇跡的に一命を取り留めた来栖。
自宅に戻り、拓留と語る来栖。拓留は一度離れた家族たちとの触れ合いに涙する。

来栖がいないまま始まる文化祭。
拓留たちは新聞部の廃部を免れるため、渡部との対談イベントに参加する。
体育館で出番を待つ拓留たちだったが、渡部はなかなか現れない。
伊藤に呼びに行ってもらうと、入れ替わるように舞台の幕が上がった。
現れた渡部は明らかに様子がおかしかった。腹部が異常に肥大化している。
よろよろと舞台の中央まで歩いていくと、目から血を流し、嘔吐した。
吐き出されたのは大量の力士シールだった。

またも事件に巻き込まれた拓留。
警察と、共にやってきた久野里に事情聴取される。
途中、ニュージェネレーションの狂気がらみの事件をまとめたボードに興味を示す警察と久野里。
しばらく二人はひそひそと話していたが、その内容を尾上が聞き取っていた。

その内容は、事件の被害者は皆“特殊能力”を持っていたということだった。

来栖を事件に巻き込んだにもかかわらず、特殊能力について嬉々として語る拓留。
来栖はそんな拓留に「もう事件に首を突っ込まないで」と、涙ながらに訴えるのだった。

■構造解析
はい、今回はっきりと「特殊能力」の存在について明言されましたね。
事件の被害者はみな、特殊能力を持っていたらしいとのこと。
これでピコーンと来たわけです。

1.なぜ“力士”シールなのか

今回も印象的に(吐瀉物として)描かれていた力士シールですが、ふと思ったのです。
なぜ“力士”シールなんだろうと。メガネっ娘シールじゃダメだったんでしょうか。
で、“力士”という単語に着目してwikipediaの力士のページを見てみたらこんな記述があったのです。

力士とは四股名を持ち、神託によって神の依り代になり特別な力(神通力)を備え、神からの御利益のある特別な者である。――「力士」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2017年1月28日 (土) 20:19 URL: 力士

つまり力士シールとは、特殊能力を持った人を表すシールなのではないでしょうか?
そして本編内で、どうも被害者たちはその特殊能力を私利私欲のために使っていたような描写がありました。
おそらくそれを粛清する(?)目的で殺害されたのではないかと思いましたね。

2.力士シールの表情の違い

これは上の話に付随してなんですが、力士シールの表情の違いは「能力をどう使っているか」によるのではないでしょうか。
良い使い方をしていれば柔らかい表情、悪い使い方をしていれば険しい表情だとすれば、事件現場に残されたシールがすべて同じ表情なのも頷けます。

3.結界の謎

ただわらかないのが、“結界”という単語です。
力士シールを作った何者かは、結界が云々犠牲となりほにゃららみたいなアレがありましたよね(全力うろ覚え)。
今書きながら思いついたのは、渋谷に能力者を集めて、結界によって能力者を閉じ込めて、悪いやつを殺していくー……というのは単純過ぎですかね……。
多分この辺がカオスチャイルドの核心なんじゃないでしょうか!


■まとめ
今回は考察っぽい記事を書けた気がしますが、このアニメ多分2クールですよね?
科学ADVシリーズのことですから、ここから二転三転するんでしょうか……。

難しいのが特殊能力の存在ですよね。
科学ADVシリーズにおける特殊能力の幅がわからないので、どこまでどんなことができるのかによって話の幅も変わってくる気がします。

その辺を楽しみにしつつ、次週を待つことにします!
それではサラダバー!

アニメ「カオスチャイルド 第2話 事件が彼らを嘯く」感想と考察 衝撃のラストに( ゚д゚)

本日はカオチャ第2話の記事でございます!
早速前回の記事で疑問だった力士シールについての話が出てきましたね。
疑問に思っていたのは登場人物も同じだったようです。
早速あらすじをどうぞ!


※以下カオチャ本編と科学ADVシリーズのネタバレが含まれます、ご注意ください!


■あらすじ
事件現場に残された力士シールに違和感を覚えた拓留。
力士シールについてまとめた動画を動画投稿サイトにアップロードするが、再生数は思ったように伸びなかった。
拓留たちは新たに力士シールが大量に貼られた場所に監視カメラを仕掛け、事件現場を押さえようとする。

拓留は監視カメラの設置を新聞部の仲間に任せ、自身は有村の尾行へ向かう。
有村は刑事と密会しており、しかもその刑事は警察とは関係のない組織に属しているという。
有村は事件前後の記憶を失っており、話せることはないようだったが、拓留たちが発見した事件。通称回転DEADは自殺ではなく殺人であるという情報を得られた。
有村は被害者と協力関係にあり、刑事が有村に被害者の「能力」について尋ねようとしたところで電話が入る。
最後に刑事が有村に力士シールを見せると、有村はそれから顔を逸らし「嫌いなんですそれ」と言った。

夜。拓留は“渋谷にうず”という渋谷の事件を扱うネットラジオを聞いていた。
そこで拓留たちが投稿した力士シールに関する動画が紹介され、動画は一気に再生数を伸ばす。
これは渋谷にうずでパーソナリティーを務めるケイさんことクノサトが、力士シールに関する情報を集めるために故意に行ったことだった。

翌日、動画再生数は10万を突破し、拓留たちのネタをパクったブログで力士シールに関する詳しい情報が載ったホームページのリンクが見つかる。
「このシールの作者は結界を築くために犠牲になり、作者本人はAH東京総合病院に身を置いている」
と書かれていた。

その夜。生徒会の仲間から「拓留たちが監視カメラを仕掛けている」という報告を受けた来栖は、自ら監視カメラを回収に向かう。
そこで突然後ろから刺され、来栖は倒れた。


■構造解析
さすが科学ADVシリーズ、主要人物っぽい人があっさり死にますね(白目)。
これまで自分が触れたシリーズでは冒頭若干冗長な日常パートがあったのですが、今作はいきなりやばい事件が起きていきなり主要人物が倒れたので、正直驚いてます。
ただいくらなんでもメインヒロインっぽい子の退場が早すぎるので、なんらかの仕掛けがあるとは思うのですが……。
また項目別で解析してみます。

1.力士シールを嫌う拓留や有村

冒頭、力士シールを見た拓留が気持ち悪そうにしている描写があります。
また、刑事に力士シールを見せられた有村も「嫌い」だと言い、顔を逸らしました。
これは単純にデザインが嫌いとかではなく、力士シールは特定の人物に悪い影響を及ぼすものである気がしますね。
確かに不気味なデザインですが、気分を悪くしたり顔を逸らしたりするほどのものではないでしょう。
ではその特定の人物とは誰か。

2.被害者の「能力」というワード

中盤の有村と刑事の密会シーンで、非常に気になるワードが出ました。”能力”ですね。
回転DEADの被害者のおっさんは、なんらかの能力を持っていたようです。
これは自分のカオスシリーズの唯一の知識でもある、“ギガロマニアックス”のことを指しているのでしょうか……いやでも妄想を現実にできるようなとんでもない力をおっさんが持っているというのは、なんかアニメゲーム的に違うような気も……。
それはさておき、有村とおっさんが協力関係にあったことから、有村もなんらかの能力を持っていてもおかしくないですよね。
そして拓留も、無自覚ながらなんらかの能力を持っていてもおかしくありません。主人公ですし。
つまり力士シールは、その“能力”を持つものになんらかの影響を及ぼすものなのではないでしょうか。

3.力士シールの作者

ちょっと時系列が前後しますが、2話ではもう一つ非常に気になったワードがありました。
力士シールの作者について書かれたホームページのシーンですね。
「このシールの作者は結界を築くために犠牲になり、作者本人はAH東京総合病院に身を置いている」
この台詞、拓留はさらっと読み上げましたけど、“結界”ってなんですかね。
既存の情報を結び合わせると、
・0話の渋谷を包んだ光=結界?
・渋谷の地震=結界が生まれた影響?
・病院にいる力士シールの作者=将軍?
という断片的な妄想はできるのですが、物語の終着点のようなものはまだ見えてきませんね……。


■まとめ
前回触れるの忘れてたのでここで書かせてほしいのですが、将軍と拓留の声優が松岡君なのは、同一人物だと思っていいんでしょうか……。
ただもしそうだとするとなぜか同じ世界に二人拓留がいることになりますし……。
1/20/23:42追記:すいません、将軍は松岡君ではなく代永翼さんでした!

科学ADVシリーズですから、普通の推理小説の見方でここまでの事件を見てはいけないんでしょうけど、なんにせよ犯人?の目的がわからないんですよね。
そもそも犯人のようなものがいて、それを特定するのがこの物語の終着点かすらわからないのですが……。

結論:わからん

また来週! サラダバー!

アニメ「カオスチャイルド」考察と感想 ついていけるか不安になった話

さて、今回紹介するのはアニメ「カオスチャイルド」です!
当ブログで最初にリアルタイムのレビューをした「オカルティックナイン」と同じ科学ADVシリーズということで、非常に期待していたのですが、正直0話を見て「俺、これついていけるのかな」と不安になりました……。
これまでそれなりに色々なアニメを見てきた自分ですが、どう咀嚼したらいいかわからなかったですね。

多分0話は、前作?にあたる「カオスヘッド」のダイジェスト的なやつですよね?
カオスチャイルドに関しては前知識がほぼないのですが、カオスヘッドに関しては多少予備知識があります。
それは「ギガロマニアックス」という“妄想を現実にする力”があるということです。(うろ覚えなので間違っているかもしれない)
正直この力があればどんなストーリーもありになりそうなんですが、多分なにか制限や代償があるんでしょうね。

今作も原作がすでに完結しているのですが、ACCAと同じく初見実況的なノリで解析していきます!
すでに結末を知っている方はほくそ笑んで、初見の方は一緒に妄想しつつ見ていきましょう。


それではあらすじをどうぞ!


■あらすじ
2009年。ニュージェネレーションの狂気と呼ばれる、連続猟奇殺人事件が発生した。
事件の犯人と目される西條拓己は、渋谷で住民たちにタコ殴りにされる。
その時、車椅子に乗った“将軍”と名乗る少年に出会う。渋谷が白い光に囲まれる。

2015年。高校で新聞部に所属する宮代拓留は、最近発生している猟奇殺人事件を追っていた。
幼馴染の尾上の閃きで、その猟奇殺人事件と2009年のニュージェネレーションの狂気に共通点を見出す拓留。ニュージェネレーションの狂気事件の日付から次の事件発生を予測する。

尾上の報告を受けて、警察が駆けつけたラブホテルへと侵入する二人。
するとそこで、ベッドの上で首をねじ切られる現場を目撃してしまう。
そこには一人の少女がおり、後に同じ高校の後輩であることがわかる。

現場にいた後輩有村雛絵は、拓留に「先輩、殺されますよ」と警告する。

■構造解析
まず0話なんですが、カオスヘッドをあの30分で理解するのって多分無理ですよね。
科学ADVシリーズと言えば膨大なテキストの量も特色の一つですし、多分10%もカオスヘッドのことは理解できていないでしょう……。
それでも一応「こうなのでは?」と思うことがなくはないので、一応意見を述べてみたいと思います。

1.0話の感想と考察

0話、1話ともに感じたのは、どうも事件や登場人物の行動がゲーム的すぎるということです。
0話では全体的に支離滅裂な展開(ダイジェストだからなのでしょうけど)で、一部を除き登場人物がキャラクターというよりも吊られた人形のような印象を受けました。
特に主人公ですね。「あなたはここにいてはいけない」的なことを言われていたので、ギガロマニアックスによって生み出された妄想の世界か、あるいは他人の妄想の中にいるのではないでしょうか。

2.1話の感想と考察

1話に関してもちょっと違和感がありました。例えば事件現場にある力士シールです。
仮に殺人犯がいるのであれば、そのマーカーとしてシールを残すのはわかります。
しかし、自殺の現場にもシールが残っているのはどういうことなんでしょう。
まるで主人公より構造的な上の層にいる何者かが、「ここで事件が起きるよ、手掛かりだよ」と示しているようですよね。
今後はその辺に注意して見ていきたいなと思います。


■まとめ
タイトルにも書きましたが、今後ちゃんとストーリーを追っていけるか若干不安になりますね。
カオスヘッドを見ていないとわからないやつだと非常に困るのですが……。
とはいえまだ一話なので、来週以降に期待ですね!

それでは今日はこの辺で! サラダバー!

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー