「辛い記憶を消す技術」あなたには消したい記憶がありますか?

本日紹介するのは「辛い記憶を消す技術」のニュースです。

情報通信研究機構(NICT)が、辛い記憶を無意識に消去できる技術を開発したと発表しました。
報酬系を利用しながら脳活動をコントロールする訓練をすることで、不快な記憶をポジティブなイメージに置き換えるというもの。
心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療に繋がる可能性があるとして、今後さらに研究が進められていくようです。

これに関して、ツイッターでちょっとしたアンケートをしてみました。
ご協力してくださった方、ありがとうございます!
15.jpg 
このように、忘れたい記憶がある人はかなり多いようですね。
しかし、本当に忘れてしまっていいのでしょうか?
思うことがあったので、ちょっとした短編小説を交えて解析してみましょう。

■短編「エイサちゃんとニクト博士」
 交通事故で両親を失ったエイサは、保護施設のベッドで一人震えていた。
 事故から数週間が経っても、前の座席で血を流して動かなくなった両親の姿が頭から離れなかった。
 様々な心理的ケアを試みるものの、どれも効果は薄く、エイサの心は疲弊していった。
 そんなある日のことだった。

「こんにちは、エイサちゃん」

 でっぷりと太ったマスコットキャラクターのような精神科医が、一人の男を連れて部屋に入ってきた。
 男はパーティーグッズとしてお馴染みの鼻眼鏡をしていた。

「ハーイ」

 鼻眼鏡の男が元気にそう言って手を挙げる。エイサは困惑した。

「え、えっとね……。この人は人間の記憶について研究している、ニクト博士」
「ハーイ」
「あ、すいませんちょっと説明するので……」
「アッハイ」
「ふっ……」

 事故後、エイサが笑ったのはそれが初めてのことだった。
 担当していた精神科医が驚いた様子を見せる。

「おー、いいですねー。やっぱり女の子は笑顔が素敵。飴ちゃんをあげよう」

 ニクトはエイサに飴玉を渡し、ピエロのような大仰な動きでお辞儀をした。

「先生、あとはこのスーパー天才博士ニクトにお任せを」
「あ、はあ……。エイサちゃん、怪しい人じゃないからね。一応ちゃんとした研究機関に所属してる人だから、心配いらないからね」

 そう言い残して、精神科医は心配そうにニクトとエイサをチラ見しながら部屋を出ていった。

「ハーイ、エイサちゃん」
「は、はーい……」
「うーん、もっと大きな声で!」
「は、はー! い……」
「グッド! 飴ちゃんをあげよう」

 まだ最初にもらった飴を舐め始めてもいないのに、エイサの手に二つ目の飴が置かれた。
 エイサはしばらくその飴を見つめて、つぶやく。

「……これで私の報酬系をコントロールするの?」
「Oh……君も天才だったか」

 ニクトは鼻眼鏡を外す。予想に反した端正な顔立ちに、エイサは一瞬見惚れてしまった。

「人は面白いものを見て笑う時、不安に思っていることを忘れている。だから君が笑う度に報酬を与えて、忘れることが良いことだと関連づける治療をするつもりだった。でも君には効果がないかもしれないね」

 そう言って、ニクトは困ったように笑った。

「はい」

 エイサはもらった飴の一つをニクトに差し出す。
 ニクトは「ありがとう」と礼を言って、遠慮なく飴を口に放り込んだ。エイサも同じようにした。

「座ってもいい?」
「うん」

 ニクトはベッドに腰かけ、腕を組んで唸り始めた。

「困ったなぁ、どうしようかなぁ」
「ふふ……ありがとう。でもいいの」

 それを聞いて、ニクトははっとした。

「そうか。君は忘れたくなくて苦しんでいるんだね」

 エイサは飴を口の中で転がしながら頷く。

「思い出すと辛いから、忘れたいの。だけど忘れたら、パパとママのことまで忘れちゃいそう。……パパとママのこと、忘れたくない」
「なるほどだね。それなら君の心を鍛える方向でいこう」
「心を鍛える?」
「辛い思い出を抱えきれない人は、忘れた方がいいこともある。だけど、辛い思い出を抱えていけるように心を強くすることもできる。それは君の将来にとても役立つだろう。大変だけど、君は耐えられるかな?」

 エイサは飴をかみ砕き、力強く頷いた。

「偉いね。飴ちゃんをあげよう」

 ニクトは舐めていた飴を口から取り出し、満面の笑みで差し出した。

「それはいらないです」

■まとめ
確かにPTSDのように、その辛い記憶によって日常生活に支障が出る場合は記憶を消去すべきなのかもしれません。
しかしもしもその辛い記憶を背負っていける覚悟があるのであれば、忘れない方が良いと自分は思います。
というのも、辛い記憶は人間にとって、ひいては生物にとって必要なものです。

幼い頃階段を駆け下りようとして転げ落ちた記憶がある人は、階段を慎重に下ります。
車を運転して事故を起こしてしまった人は、慎重に車を運転しようと思います。
夜道で暴漢に襲われた人は、決して夜道を一人で歩くようなことはしないでしょう。
辛い記憶は、生きていく上で危険回避のために必要な情報です。

もし辛い記憶を忘れれば、一時的には楽になるかもしれませんが、再度同じ辛い目に合う可能性も高まってしまうのではないでしょうか。

自分にも忘れたい黒歴史がそれはもう沢山ありますが、今後同じようなことを繰り返さないためにも背負っていきたいと思います墓まで( ˘ω˘)

それでは今日はこの辺で! サラダバッ!

ウェアラブルPCとVR技術

さて、本日紹介する作品は「ウェアラブルPCとVR技術」です。
え、「そんなの物語じゃないじゃん」ですって?
当ブログを今後も利用していただけるのであれば、その観念は捨てていただくべきでしょう。
なぜなら自分のモットーは「この世にこじつけられない物語はない」だからです。
なんてことないニュースも、強引にストーリーとして解析させていただきます。

0006曲線 
ちなみに盛り上がり曲線はこうなっています。
なにやら終盤で不穏な動きを見せていますね。

※以下ネタバレが含まれます(?)、ご注意ください。


■おおまかなあらすじ
VR技術が進化! 家庭でもバーチャルな体験ができるようになったぞ!


しかしこれケーブルが邪魔だなぁ、ワイヤレスならもっとバーチャル空間を自由に移動できるのに。


さらに言うならパソコンとかゲーム機自体も持ち運べたらなぁ。外もバーチャル空間にできるのに。


背負っちゃえばよくね?

という発想から生まれたのが、先日MSIコンピュータージャパン株式会社から発売されたバックパックPC「VR one」なのです。
まだ法人のみの販売らしいですが、SF映画に出てくるバックパックのようなごついデザイン。
約3.6kgと、ランニングや山登りにも持っていける軽量設計。
それに加え、想定価格30万前後と大変お買い得。
これはもう一般販売が待ち遠しいですね!

ところがどっこい、このあらすじには大きな矛盾が含まれているのです。

■構造解析
まず、VR技術とはどういうものか説明しなければいけません。
グーグル先生に質問してまず表示されるのが、

「コンピュータの作り出す仮想の空間を現実であるかのように知覚させる技術」

という記述です。
これでピーンと来たあなたはやり手ですね。

VRとはあくまで、「仮想の空間を現実のように見せる」技術なのです。
もしもその仮想の空間を、ケーブルから解き放つことによって限りなく広げられるようになった場合。
当然ですが、現実の空間はずっと平面なわけではありませんから、それに合わせたマップを作る必要があります。

そうなってしまったら、もはやそれはVR(仮想現実)ではなく、AR(拡張現実)の範疇なのです!

VRの良さはあくまでも、狭い部屋にいながらにして色々な場所を歩き回れるところにあると思うんです。
もしもそのバーチャル空間を広げ、自分の足で歩いていきたいなら、開発すべきはバックパックPCではなく高性能ARグラスだったのでは……?
「単純にケーブルが邪魔だったんだよ!」なら、無線接続の技術を向上させればいいだけで、PCを背負う必要は全くないですよね。

■まとめ
いやー、今回は不本意にも、物語の構造上の欠陥を見つける結果となってしまいました。
とはいえこのバックパックPCも、昔の持ち運び電話のように、今後の技術発展の起点となっていくかもしれません。
ただその場合も、自分には是非開発してほしい技術があるのですが、それはまた次回紹介させていただきます。

「てめー見当違いなこと言ってんじゃねえよ!」等の罵倒、「このニュース解析して!」等のリクエストお待ちしてます! サラダバー!

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
あの名作からなんてことないニュースまで、ストーリー性のあるものを構造解析していきます。
創作ライフのお役に立てれば幸いです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー