FC2ブログ

コミティア123参加報告!大きな救いと新たなチャンス!

名称未設定 1 

はいどーもー!(流行に乗る)
暦史書管理機構の志室幸太郎です!

昨日2/11に行われましたコミティア123、無事終了しました!
今回は前回を超えることは叶わずちょっと苦い思いをしたのですが、代わりに人生最高と言っても過言ではない贈り物をいただきました……。

毎度恒例ですので、コミティア123の一日を朝から振り返ってみます。


■コミティア122参加報告
〇7:00
友人の勧めでスムーズスヌーズ機能を駆使し、7時ちょうどに布団から出る。
今回は遥々東北からやってきた友人の准尉殿(絵描きさん)が買い物ついでに店番を手伝ってくれるとのことだったので、遅れるわけにはいかなかった!
前日夕飯を食べ過ぎたために朝ご飯が食べれず、若干ふらふらしながらも移動。

〇9:30
20180211_001.jpg 
ビックサイト到着。近くで撮ると存在感が凄い……。
朝ご飯を食べながら准尉殿を待っていると、無事到着したようで合流に成功!
オンラインゲームで知り合った数年前からの友人だったので、若干感慨深い対面。
人の流れに乗って初の西ホールへ。

〇10:30
20180211_002.jpg 
無事スペースに到着し、設営を開始。
前回完売したので調子に乗って少し多めに刷ってしまったのですが、これは失敗だった……。
ただ前回の参加報告記事でもご紹介した本領はなるさんのイラストをポップにさせていただいたのですが、これはめちゃめちゃかっこ良くて大成功。
しかしこのあと事件が……。

〇10:40
ありがたいことにここ最近ははなるさんと新刊を押し付け合うのが恒例になっていて、今回もわざわざこちらのスペースまでご足労いただいてしまう……。
新刊に加えて差し入れまで持ってきていただいたのですが、それを差し出す際にはなるさんの手元が狂って落下、自分が描いたイラストのポップをなぎ倒すという珍事が発生。
まさかの大クラッシュに時間差でツボる志室でした。一生忘れない。

開場前にはこちらも前回の参加報告でご紹介した五月雨無夢君が遊びに来てくださり、差し入れを置いていってくれました!
その後もことあるごとにいじりに来てくれてありがとう!!
(ちなみに無夢君とは前日に一緒にラーメンを食べに行っていたので一日ぶりの再会)

〇11:00
そして開場、拍手が起こります。
いつもこの時間は暇なので、准尉殿が話し相手になってくれたのがありがたかった……。
しかもたまたまノートと筆記用具を持っていたので、独占スケブのようなことをしてもらう!
20180211_003.jpg 
かわいい!!

〇12:00
まだこの時間も売れ始めることはないので、准尉殿と雑談しつつ突っ立っていたのですが、一人のお客さんが自分のスペースにやってきてくださる。
そして全部一冊ずつ買っていってくれた上に、なんと差し入れまでいただいてしまい、「ああ……今日のピークはここや……」と悟ってしまう志室。

〇13:00
その後も興味を持ってくれた人がちょこちょこ足を止めてくれて、前回ほどの勢いはないもののアンを中心に手に取っていただける。(中には全部まとめ買いしてくれる方も)
やっぱり物書きさんは興味をそそられるようで、今回も参加していた別のサークルの方が買ってくださったりしました。
ただ一方で、手に取って中身を確認した上で離れていってしまう方も多く、この事態をいかにして減らすかを考える必要があるなと反省……。

〇14:00
個人的な挨拶やお買い物を済ませて戻ると、ちょうどDLsiteの方が来てくださったので、新刊を回収していただく。前回のコミティア以降すっかりさぼっていましたが、電子版の販売が始まったらまとめて告知の記事も書きますね!

そして准尉殿に店番を任せつつおにぎりを貪り食っていると、「DeNAの者なんですが」という声が聞こえて慌てて立ち上がる。
お話を聞くと、「プロジェクトアニマ」という“選ばれれば即アニメ化決定”なとんでもないプロジェクトのプロデューサーさんで、「SFを募集しているんですが、親和性がありそうだったので」とありがたいお言葉……。
力が及ぶかはわかりませんが、折角いただいたチャンスなので挑戦してみようと思います!

〇15:00
15時になり、准尉殿が一足先に撤収。(本当にありがとう!!)
一息つくとともに、内心では(やっぱり前回は超えられなかったか……)と意気消沈していました。
それでも14部と平均くらいには頒布できているのですが、やはり人間右肩上がりでいたいもの……。
できる限り立ち続けていたので足腰にも限界が訪れ、15:30に撤収しました。

しかしその撤収中、昼頃来てくれた方の差し入れの中にお手紙が入っていることに気づきます。
ホールを出て外のベンチに座って拝読させていただくと、コロンシリーズへの愛が綴られた便箋4枚にわたるお手紙だったのです……。
今回のイベントだけでなく、私情で心が荒んでいた自分を救い上げる最高の贈り物でした。
実は自分用&テスト用に作った13冊目のEVE:2108があるのですが、それに挟んで一生大切にします。


■構造解析
前回は完売できた理由を考察しましたが、今回は反省点ですね……。

1.小説という媒体の難しさ
上のレポートでも書きましたが、今回“手に取って中身を確認するも、買うまでには至らず去ってしまう人”がとても多かったです。
気になるのは、「一体なにを期待して中身を確認するのだろう」ということですね。
それを満たせていなかったがゆえの事態だと思うので、なにか対策が必要です。
単純に文章の質の問題の可能性もあるのですが、やはり挿絵なんでしょうか……。
文章はパラパラと見て確認することはできませんが、挿絵があればどういう物語なのか一目で推測できますもんね。
この点は要一考だなと思いました……。

2.立ちっぱなしは逆に良くない可能性
コミティア初参加時からの自分ルールとして、“なるべく立ってお客さんに声をかける”というものがあります。
前回までは「興味がありそうだけどこのままでは通り過ぎてしまう人」を引き留められるという手応えがあったのですが、今回は声をかけても立ち止まってくれる人があまりおらず、むしろ声をかけたことで足早に去ってしまう人もいた気がします。
それはもう人それぞれなので、今回たまたまそういう人が多かっただけかもしれませんが、「逆にプレッシャーを与えてしまっているのかもな……」と考えたりもしました。


■まとめ
反省点や悔いが多かったものの、大きな救いを得ることもできたので、今回はそのためのコミティアだったんだなと思うことにします!

20180211_005.jpg 

こちらがいただいた差し入れです! 本当にありがとうございます……!
バレンタインデーが近いためかチョコがメインだったので、例えくださった方々にその気がなかったとしても「バレンタインデーにチョコもらえた」と思い込むことにしますさせてください!!(涙目)

20180211_004.jpg 

そしてこちらが戦利品!
破竹の勢いで成人向け漫画界を駆ける本領はなる先生(ツイッター)をよろしくお願いいたします!

それでは今日はこの辺で!
待て、しかして希望せよ!

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
シェアワールド創作企画“コロンシリーズ”の情報をお伝えするブログです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー