暦史書管理機構コミティア123参加情報!新刊とお得情報をご紹介

名称未設定 1 

大変お久しぶりです! 暦史書管理機構の志室幸太郎です!

あけましておめでとうございます!!(2月)

なんと前回の記事はコミティア122の参加報告という…。まぁコロンシリーズのブログとしてはある意味正しい形なのかもしれませんが…。

というわけで、ようやく無事新刊が出来上がりましたので、イベントの告知をしたいと思います!

「コロンシリーズってなんぞや?」という方のため、いつものコピペどうぞ!

■コロンシリーズとは?
クトゥルフ神話やSCPのようなシェアワールドに近いもので、「同じ世界の出来事や人物を記録するという体で創作をする」という企画です。
コロンシリーズは作品内に「歴史の真実を記した書籍群」として登場しており、そのコロンシリーズを記す“コロニスト”と呼ばれる人たちによって構成される組織が“暦史書管理機構”なのです。
小説やイラスト、音楽等などを自由に創作していきます!
興味のある方はツイッターでもメールでも、このブログのコメントでも構いませんのでお気軽にご連絡ください!

それではコミティア123の情報です!


■コミティア123の新刊
・Vanishment:1989 - 泡沫の異端争議典 -/500円
名称未設定 1 

“人の死を感知できる能力”を持つ大学生、烏山ヒサタカは、自身の能力について思い悩んでいた。
そんな時、“物質を消し去ることができる能力”を持つ後輩、折紙カナエと出会う。
烏山は折紙に連れられ、歴史の真実を記録してきたという秘密組織“暦史書管理機構”に接触することに。
世間を賑わせる「ムジナの仮面事件」と呼ばれる猟奇殺人事件に異能力者が関与していると見て、暦史書管理機構は犯人を追っており、烏山はその捜査に適任だった。
本来存在すべきではないものによって歴史が誤った方向に歪むことを避けるべく、二人は捜査を始めるが――。
後にバブルと呼ばれることになる狂気の時代の、隠された記録。

※本作品は性表現やグロテスクな表現が含まれます。ご注意ください。

異世界からやってきたアイテムや魔物に暦史書管理機構が対処する“異端争議典シリーズ”の新作です!
かなり過激な表現やコロンシリーズマニアにしかわからない情報があったりしますが、わからないところは深く考えず、ミステリー小説として楽しんでいただければ幸いです。
最後まで読んだら、少し深読みしてみてください。本編では語られなかった物語が自然と浮かんでくるかもしれません…。


■コミティア123参加情報
comitia123.jpg 
(タップして拡大できます)

日程:2018年2月11日(日)11:00~16:00
場所:有明・東京ビッグサイト西1・3・4ホール
配置:と53b

今回は西ホールなんですね!
ちょっと行きづらかったりするのかもしれませんが、よろしければ会いに来てくれると嬉しいです…!
自分も迷わないように頑張ります()


■まとめ
今回は新刊に加え、コロンシリーズ入門編「COLON:SERIES - アンネ・ラインハルトの記録 -/500円」と、現代を舞台にコロンシリーズのメインキャラが集合した「COLON:SERIES - シグレの異端争議典 -/1,000円」を頒布予定です!
前者は「アンネ・ラインハルトの記録以外の既刊」を持ってきていただければ無料で差し上げます!

このあとしばらく新刊の予定はないのですが、コロンシリーズのPV制作という大仕事が待っていますので、今年も頑張っていきます…!
この場を借りてですが、PV制作のお手伝いしてくれる方、是非ご連絡ください!!
具体的には絵が描ける人、歌が歌える人、動画編集ができる人を募集しています!
純粋にコロンシリーズに参加してみたいという人も歓迎ですので、繰り返しになりますがお気軽にご相談ください!

それでは今日はこの辺で、サラダバー!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

検索フォーム

プロフィール

暦史書管理機構

Author:暦史書管理機構
シェアワールド創作企画“コロンシリーズ”の情報をお伝えするブログです。

シェアワールド企画“コロンシリーズ”を運営しています。
コロンシリーズ:ホームページ
ツイッター:@colonseries

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

リンク

プライバシーポリシー